2014年1月12日日曜日

アルコン追放の最新情報

2014年1月12日付

アルコン追放の最新情報

Sunday, January 12, 2014
Fall of the Archons Update

http://2012portal.blogspot.jp/2014/01/fall-of-archons-update.html

光の勢力により、舞台裏で徹底した秘密管理のもと、ある重大な作戦が実行に移されました。本作戦が完了するまで、重要な内部情報を明かすことは、一切禁じられております。そのため、おなじみの福島詐欺とディナールにからんだRV(通貨の評価替え)詐欺以外は、「何事も」起こっていないように見えるのです。

本作戦について私が言えるのは、次のことだけです。この作戦が、残りのすべてのアルコンを、地球惑星から追放することに関わっていること。そしてまた、そもそも数百万年も前に、闇が銀河中に広まった、真の原因を取り除くことに関わっていること。

物質的プレーンでは、現在のアルコンの指導者は、ローマからそう遠くない、小さな田舎町で今は暮らしています。彼は1995年に、ベローナに近い、地下深くにある軍事基地のポータルから、地球に侵入しました。アセンションと惑星解放 ―当時は機運が完全に熟していました― を阻止するためです。そして1996年における、コンゴのアルコン侵略を企てました。当然ながら、彼はイタリアの黒い貴族に属していません。けれども、彼はそのような連中とは、とても強く結びついており、イエズス会のネットワークとも、下記の三つを中継ぎとして繋がっていました。

http://www.orderofmalta.int/around-the-world/10689/holy-see/?lang=en

http://orderofmalta-malta.org.mt/wp/wordpress/home/

http://www.smomembassytoslovenia.org/contactus.html

彼の今の役割は、地球惑星を隔離された状態のままにし、「何かが起こることを阻止する」ことです。


主要アルコンである黒い貴族の家系のうち、依然として注意が必要なのは、ファルネーゼ家、オルシーニ家、Aldobrandini(アルドブランディーニ?)家、キージ家です。

ファルネーゼ家はカバールの主立った策士で、ボルハ家の助けを少し借りて、イエズス会を創始しました。1540年のことです。その直後、ローマに近いカプラローラに、最初のペンタゴン式宮殿を建設しました。



内部には「地図の部屋」があり、16世紀、17世紀の世界の運命を描いていました。






16世紀の地図に、南極大陸があることは興味をひかれるところです。正式には1770年に「発見された」のですから。その頃、ファルネーゼ家は次のことを決断していました。イエズス会士アダム・ワイスハウプト(ヴァイスハウプト)を使い、イルミナティを創設し、ロスチャイルド家に権力を与え、ファルネーゼ家の権力の座をワシントンDC.に移すことです。彼らはそこに、2番目のペンタゴンを建てました。ラリー・ファルネーゼ上院議員が、その家系から出ていることも面白いところです。

http://www.senatorfarnese.com/

オルシーニ家は、レプタリアン種族と非常に強い繋がりがあり、物質的アルコンと非物質的アルコンの、主なつなぎ役となっています。レプタリアン種族とローマカトリック教会との間の条約を作ったのは、この連中です。ずっと昔、彼らの主要ポータルは、ピティリアーノの地下トンネルにありました。そのトンネルシステムは、オルヴィエートまでずっと続き、オルヴィエートの地下室にヴァチカンのゴールドを貯蔵していました。オルシーニ家は、2010年5月の光の勢力の大作戦で、大きく力を失いました。ミッション・ブルー・シールドと名付けられた作戦です。

アルドブランディーニ家には、数百万年前にソースから分離する経験を選択した、もともとのグループのメンバーがいます。彼らの所有物には、秘密の書があり、アトランティスの存在について、そしてアトランティスのミステリースクールの儀式が断片的に書かれてあります。この家系は、女神のエネルギーの重要性に気づいています。この家系については、ある事実があり、イベント後に公にされます。多くの人を驚かせることでしょう。

キージ家はイエズス会のための銀行家で、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行を支配しています。私が一ヶ月前に述べたように、東方連合は、金融に関する連中の陰謀を食い止めました。ここに、その結果が掲載されています。

http://goldenageofgaia.com/2013/12/the-worlds-oldest-bank-is-on-the-brink-of-collapse/

こうした家系はすべて急速に力を失いつつあり、カバールも何世紀にもわたる背後からの支えを失いつつあります。それに加え、カバールは今これを恐れています。

http://etheric.com/g2-cloud-likely-contain-star-increased-chance-core-explosion/

これが理由で、カバール組織の中にいる多くの人が、現在の文明の終わりに備えたり、シェルターを建たりしているのです。ギャラクティックセンターの活動(特に3月から5月のタイムフレームで)に関する、ハイレベルの情報はすべて、今のところ機密扱いです。

東方連合は大きな進展を遂げようとしているところです。特に中国では、カバールの手下共を権力の座から降ろし、制度を改革しています。

http://www.nation.com.pk/international/11-Jan-2014/over-182-000-corrupt-officials-punished-in-china

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/china/10561434/China-abolishes-its-labour-camps-and-releases-prisoners.html

http://thebricspost.com/china-announces-new-private-banks/#.UtMCEvuNvGc

光の勢力の、ある作戦は、一週間かそこらで完了します。そして物事は前に進み始め、さらなる情報といい知らせをすぐにお伝えできるでしょう。

非物質的プレーンでは、アルコンらとその手先共、彼らのテクノロジーの排除が続きます。良き進展が見られる地域の一つでは、エーテルの超低周波音のテクノロジーが除去されました。これは、人間の振動周波数を上げないようにする技術です。

先月には、3分の2以上のテクノロジーが排除されました。エーテルのスカラー装置は、測定可能な物理的超低周波音を発生させます。自然の中で、周囲の音を2通りの単位(ヘルツとデシベル)で測定すると、100ヘルツまでの超低周波音が、他の周波数の音より強いことがわかります。最大で35デシベル、数値が高くなっています。超音波でも、10キロヘルツと15キロヘルツで奇妙なピークが生じています。頭脳の活動をスキャンする、エーテルの超音波ネットワークと一致しているのです。




エーテルの、超低周波(infrasound)と超音波(ultrasound)は、平均的人間が、聞こえないぎりぎりのところにセットされています。人々が不思議に思ったり、何か奇妙なことが起こっていると感じさせないためです。人の聴力を示すグラフが、上の二つのグラフととても似通っていることがわかるでしょう。



なかには、このような超低周波音が聞こえる人や、超音波音さえ聞こえる人がおり、多くの研究者がTaos hum(訳注:ニューメキシコ州タオスのハム音という意味。ここでのハム音が注目を浴びた)と呼んでいます。このハム音は専門機器で録音されており、このような音です。

https://jumbo.iskon.hr/dl/c2dbd730-5a9e-400d-8734-ef0de30abd08

このようなテクノロジーや構造物を除去するには、光の勢力の多大なハードワークが必要です。アルコンらはこの25,000年もの間、非物質的な、支配のネットワークを改良してきたのですから。このすべてを解体するには、25,000年より、はるかに少ない時間で済むでしょう。しかし、何かしらの目に見えるブレイクスルーがないまま、1、2ヶ月が過ぎたからといって、気落ちしないでください。結果が出るのはもうすぐです。それまでは、とても内容の濃い、この記事を読むといいでしょう。

http://www.ascensionhelp.com/blog/2013/11/21/tell-the-lords-of-karma-that-you-are-sovereign-no-longer-a-lightworker-part-2/


転載元
Now Creation
http://nowcreation.jimdo.com/2014/01/14/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E8%BF%BD%E6%94%BE%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP