2012年12月26日水曜日

コンタクトの日についてのレポート

2012年12月26日

コンタクトの日についてのレポート

Day of the Contact Report

http://2012portal.blogspot.jp/2012/12/day-of-contact-report-activation-of.html


12月21日のポータル活性化は部分的な成功を収めました。

エジプトにいた私達の核となるグループは、カバールからの全ての物理的、非物理的な妨害の中でも特に光を定着させることに素晴らしい成功を収めました。活性化の最中、アメリカ合衆国のイルミナティ・フリーメーソングループがクフ王の大ピラミッド内部に閉じこもり、ポータルが開かれるのを防ぐためにまるで狂ったかのように次から次へと儀式を執り行っていました。言うまでもなく、カバールは本当のオカルトを知りません。彼らは誤ったピラミッドを選んでいましたことからも、それは明白です。私達は本当の偉大なピラミッドとされる、カフラー王のピラミッドの内部で活性化に取り組みました。カフラー王のピラミッドは愛のスターゲートであり、惑星全体のエネルギーグリッドの本当の主要地点なのです。そこにはカフラー王のピラミッドからスフィンクスへと直接繋がっているアトランティス文明の地下の道があります:



もう誰にも私達を止めることはできませんでした。一か月にも及んだ私やグループ内の鍵となるメンバーへのエネルギー攻撃の数々も、ギザの近くの2か所で発生したカバールによる偽旗作戦も通じませんでした。偽旗の一つはテロリストによる爆発事件と、もう一つはナイフを持った男による犯行で、ギザ高原に忍び込むために仕組まれました。ムスリム同胞団のエージェントやスパイ全員が瞑想をしようとするグループを止めろという政府からの指示を受けていたわけではなかったようです。私達は闇に面する全てのポータルを開きました。大いなる真実の光の勝利でした。私達は50-60人の善良なグループのみでカフラー王のピラミッド内部であらゆる活性化をその日のうちに行いました。私達の冒険は「ダヴィンチ・コード」を越えるほどのものでした。いつか偉大な小説となることでしょう、それはフィクションではありませんが。残念ながら、多くのライトウォーリアーを危険にさらすことを避けるためにも詳細はお伝えすることができません。彼らは白い貴族やレジスタンスに所属している者もいれば、ピラミッドの神秘を何世代にも渡り守り続けているガーディアンズに所属している者もいました。彼らの援助がなければ私達の成功はなかったでしょう。そして、私達はもういつでも物理的に安全であると言えるでしょう。

こちらはスフィンクスでの活性化中に現れたオーブの写真です:



サッカラにある、地下ネットワークに繋がるアトランティス文明のトンネルの入口の写真です。ギザまで続いています:







惑星上では、私達と共に瞑想に参加いただいた人が多くいましたので、お礼を申し上げます。しかしながら、クリティカルマスには届きませんでした。

このポータルの活性化によって、以下のことが惑星規模で達成されました:

1. 全てのネガティブな未来のタイムラインが完全に跡形もなく消去されました。カバールによる地球破壊計画の可能性を完全にゼロにすることを実現しました。第三次世界大戦はもう起こりません。新世界秩序も、人口削減も、FEMAキャンプ収容も起こることはないでしょう。

2. カバールが大規模な人数の人類の生命に対して生物兵器の使用によって脅威を及ぼそうとすることについては、ポジティブな勢力によって制限がかけられました。

3. ブラックボックスにウイルスが入れられました:エーテル界のアルコンのスパイネットワークからカバールの物理的メインフレームコンピューターへの接続エラーという結果をもたらすでしょう。それによってマトリックスの裂け目をつくりだします。

4. 3人の主要物理アルコンが排除されました。

5. 宇宙の平和、愛、そして「永遠の今」のエネルギーがポータルから放たれ、多くの人々のハートに届いています。ようやくブラックホールの出口から出始めて、イベント地平線の真実の光のスパークを見ています。このイベント地平線の内側境界こそが、アセンションプロセスの本当の始まりとなります。12月21日あたりのライトワーカー達による多くのまやかしの思想や予想は崩れ去りましたので、私はやっと人類への本当のアセンション計画について明かす認可を プレアデス人から受けました。

ポータルの活性化によって達成できなかったこともあります:

エーテル界のアルコンネットワークはポータルの開放の後でも無傷で生き残りました。惑星の光の勢力にとっては最大の問題です。一般の人々の間での更なる気づきが必要となりましたので、後程エーテル界のアルコングリッドについての記事を投稿します。具体的にアルコングリッドのどの部分が残っているかの詳細を書きますので、私達の意識によってそれらの消滅を手助けできます。この部分で大きな進展がない限り、イベントを起すことはできないでしょう。現時点では、イベントを唯一妨害していることと言えるでしょう。下にあるものは上にあるものの如く、上にあるものは下にあるものの如しです:エーテル界で起こることは物理界で具現化するように、私達が物理的に惑星の変化を望むならば、まずは非物質界の状況を変えなければなりません。

そして、私達はきっとやり遂げるでしょう。光の勝利は間近です!

翻訳:NOGI

2012年12月9日日曜日

コンタクトの日 12-21-2012

2012年12月9日

コンタクトの日 12-21-2012

DAY OF THE CONTACT 12-21-2012
http://2012portal.blogspot.jp/2012/12/make-thisviral-day-of-contact-12-21.html


今こそアクションの時です!今こそ私達の世界の運命をこの手に取り戻す時です!大なり小なりグループで集まってください。個人でもカップルでも、冬至のちょうどその時に集まってください。マヤの5,125年のサイクルの終わり、12月21日です。その日、銀河のセントラルサンから光のエネルギーのフラッシュが地球に届き、長きにわたる変化をもたらすでしょう。皆が集まって地球外の私達の兄弟姉妹たちに、闇の勢力からの地球解放のプロセスの支援への介入を呼び掛けましょう。そして歴史上初めて、私達の地球自由市民権を取り戻す、このチャンスをつかみましょう。



私達のその日の努力は計画の実現への引き金となり、結果をもたらすことでしょう。私達のこの日の活性化は、光の勝利宣言となるでしょう。拡散してください!全世界へ共有しましょう!あなたのウェブサイトやブログに投稿してください。あなたが代替えメディアに紹介できたら是非してください。フェイスブックグループで地元のグループで参加していただいても構いません。また、この計画には主要となるフェイスブックグループが一つ必要となります。動画を作ってyoutubeに投稿いただくのも良いでしょう。

この活性化へのクリティカルマスとして、全世界で118,000人に集中していただくことが望ましい結果を得るために必要となります。人間の集中力スキルは完璧ではないことも踏まえても、144,000人がクリティカルマスとして必要となります。

こちらを読むことと、実際に参加することは全く違うことです。 場所によっては早朝となる時間ですが、可能な限り多くの人に参加していただきたいです。

この活性化は、冬至/夏至の瞬間の時刻である、2012年12月21日午前11時11分(GMT)に行います。各地域のタイムゾーンは以下です:

1:11 am HAST (Hawaii)
2:11 am AKST (Alaska)
3:11 am PST (Los Angeles)
4:11 am MST (Denver)
5:11 am CST (Houston)
6:11 am EST (New York)
9:11 am BRST (Rio de Janeiro)
11:11 am GMT (London)
12:11 pm CET (Paris)
1:11 pm SAST (South Africa)
1:11 pm EET (Bulgaria)
1:11 pm EET (Cairo)
3:11 pm MSK (Moscow)
4:41 pm IST (India)
7:11 pm CST (Beijing)
8:11 pm JST (Tokyo)
10:11 pm EDT (Sydney)
あなたの地域が上記以外であれば、以下で確認いただけます:

http://www.timeanddate.com/time/map/

もしくは以下の地図でご確認ください:



瞑想手順:

1. 呼吸に集中し、心と体を数分間リラックスしてください。エジプトのギザ台地にいる主要活性化グループや世界各地の数多くのグループと繋がり、行動を同じくする一なるものになります。

2. 地球の周りには文字通り空を覆いつくすほどの善良なET文明のシップがいます。カバールに見つからないようにクロークしているため、肉眼では確認はできません。あなたの真上にいるシップの中にいる存在とエネルギー的に繋がってください。お好きなやり方で構いません。

3. 輝く白い光の柱が船から降りてきて、あなたの体を通って地球の中心まで届きます。そして、船の降下を呼びかけます。あなたの真上まで来て、どの方法でもいいので直接のコンタクトをしてください。人類の解放を支援してくれるように呼び掛けてください。ディスクロージャーとファーストコンタクトへの、無条件の決意をしてコミュニケーションをとってください。私達144,000人が行えば、素晴らしいことが起こります!

4. 強力なエネルギー反応を感じるかもしれません。しかし、物理的なコンタクトがあるかもしれないということもご留意ください。シップからの存在とも、しばらくの間ワンネスのままでいてください。

更に上級レベルでのシップとのコンタクトをお望みであれば、スティーブン・グレア博士の開発したCE-5プロトコルを使用できます。説明をうけるには、まず以下からCE-5に入会してください:

www.etletstalk.org

免責事項:

a) この活性化の日(12/21)は恐らくイベントが起こる日ではないでしょう。

b) 活性化の日(12月21日)は公式のファーストコンタクトや大量着陸が起きる日ではありません。

c) 活性化の日(12月21日)はネガティブな事件(ポーラーシフト、地球の大災害、2つの太陽、カバールによる偽旗など)が起こる日ではありません。

12月21日までの完成の期間についての追加情報:

サイクルの終わりの9日前である12月12日には、別のポータルが開きます。12:12:12のポータルは地球上の私達全ての人生の統合と完成への最後のポータルであり、私達の12月21日の主な活性化のために必要となる最後の準備です。その日には、大事な光の勢力の勝利があるでしょう。現時点では、その勝利の詳細については機密となっております。12月12日は、12月21日への準備のために集団瞑想に参加するにはうってつけの日となるでしょう。

12月12日には、小惑星トータティス(4179Toutatis)が地球のすぐ近くを通ります。その軌道は統合のエネルギーの引き金となります。そしてそれは破滅的な事象を引き起こすものではありません:

http://www.thetruthbehindthescenes.org/2012/12/09/big-asteroid-4179-toutatis-flyby-on-december-12-2012/

12月17日と12月21日の間は最後の完成の期間です。以下のグラフからお分かりいただけるように、12月17日はタイムウェーブの最後のピークとなる日です。



毎年12月18日には銀河のセントラルサンと私達の物理太陽が繋がります。この結合によって、毎年セントラルサンからの強力なエネルギーフラッシュが発生し、通常は数日に渡って残ります。今年は12月21日へのプレリュードとなることでしょう。

興味深いことに、CERNでは 12月17日から21日までの時間枠は粒子実験予定で集中的に埋められています。

http://beforeitsnews.com/2012/2012/12/cern-lhc-largest-ever-experiment-coincides-with-mayan-end-date-2440756.html

これは12月21日のポータルの開放を防ごうとするカバールの最後の悪あがきです。言うまでもありませんが、その試みは成功しないでしょう。それどころか、ポータルの開放をさらに手助けする結果となるでしょう!

12月21日のホロスコープを見ていただければ、神の指(ヨッド)が土星さそり座9度、金星いて座7度、冥王星やぎ座9度から、金星ふたご座9度を指しているのがお分かりいただけます。このヨッドが意味するのは、金星とアンタレスの結合に対する木星とアルデバランの結合です。アンタレスとアルデバラン間の軸は、銀河の光のネットワーク内のフィラメントであり、銀河戦争の終焉と二元性の終焉とこの銀河の光の最終的な勝利を表しています。金星と木星の結合は、12月21日の私たちの惑星への非常に良い兆候です。

コンタクトの日についてのアップデートはこちらです:

http://2012portal.blogspot.com/

翻訳:NOGI

2012年12月6日木曜日

オメガ・グリッド

2012年12月6日

オメガ・グリッド

The Omega Grid

http://2012portal.blogspot.com/2012/12/theomega-grid-tacticalreadiness-of.html


11月22日の第11番ゲートの開放から、光の勢力が惑星の地表でイベントの引き金を引くための戦術的準備は整いました。

これを達成できた最初の重要な要素は、地表の善良なグループの中で鍵となる人々の臨界数が、イベントが起こる際にレジスタンスの地表の作戦に協力してくれるとの一般的意思表示があったという点です。つまりは、惑星地球のポジティブなトップ集団との間で十分なコンセンサスが取れたということです。低位のポジティブ集団間での不調和がイベントを遅れさせることはもはや無いでしょう。

レジスタンスはロスチャイルドが運営する銀行のコンピュータシステムに、あるソフトウェアをインストールし、幾度かの稼働テストを行った結果、ボタン一つで現行の銀行システムがクラッシュして、「リセット」を引き起こすことができることを証明しました。今年初めのレジスタンスによる大規模な作戦によって、山下ゴールド、ナチスゴールド、フィリピンの地下銀行家のゴールド、チューリッヒ空港の下にあるゴールド、中央銀行の大半のゴールド、ロスチャイルド家の別荘に隠してあったゴールドなどの、物質的なゴールドの大半はカバールの手の内から奪取され、今はレジスタンスの地下基地にあってイベント後の人類への返還を待っています。その時には、このゴールドは新たな金融システムの礎となるでしょう。

物質的なゴールドが無くなったので、カバールは金メッキしたタングステンの延べ棒を製造して、それらを中央銀行に送り、あたかもまだ支配力をもっているように見せかけることしかできなくなりました。カバールの銀行システムは、中央銀行が運営する奴隷労働システムがまだ維持されていると一般大衆が信じているだけの思考形態に過ぎないということです。

イベントを妨げている唯一の要素は、オメガ・グリッドです。

オメガ・グリッドはイタリアの黒い貴族の中の、肉体を持ったアルコンの小集団です。彼らは(ピーター・ハンス・コルベンバッハなどの)イエズス会の傀儡を通じて生化学兵器を使用することができます。このイエズス会の傀儡は、化学兵器の中でも最も危険な生物化学兵器の使用権限を持つ世界中のネガティブミリタリー内にいる人物たちを操っています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Chemical_weapon

現在、彼らはシリアで化学兵器の使用を盾に、光の勢力の進捗を妨げています。シリア北部にある化学兵器の量は数百トンに及び、数億人を殺害することができます。銀河連合が直接介入を行ったとしても、死傷者は多数に及ぶでしょう。シリア北部は、ハラフ新石器時代文化の女神意識を上昇させることができる重要なエネルギーヴォルテックスの地域です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Halaf_culture

過去5500年に渡り、カバールはこのヴォルテックスの支配を手放しませんでした。理由は、ここが惑星上で最重要の女神ヴォルテックスだからです。

他にもカバールが支配力を強く保っているのが、イスラエルのヴォルテックスです。こちらにはアトランティスへの光の重要コードが埋め込まれています。この地域はアトランティス沈没後最初に植民地化された場所で、ナトゥーフ文化の故郷です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Natufian_culture

複数の未確認情報によりますと、物質界のトップアルコンであるパラヴィッチーニ家は、「ブラックボックス」と呼ばれる特殊なテクノロジーを用いて事態を制御していると言われています。

ブラックボックスはその名の通り、黒い色の小さな箱です。実際には、アルコンのエーテル層のスパイ網で集めた情報を物質的なコンピューターデータに変換する次元間チェンバーです。集積したデータはブラックボックスに取り付けられたハードディスク内に保存され、さらに大型のメインフレームコンピューターに接続してデータ解析や評価のために使用されます。

アルコンのエーテル層スパイネットワークは、エーテル界での光の上昇を即座に感知することができる、エーテルの電磁的定常波発生器です。銀河連合の直接物理的介入などの一定基準以上の光の上昇があると、ブラックボックスからトップの物質界のアルコンへ警報が送信され、直後に生化学兵器の引き金が引かれます。

ブラックボックスはこれまで長期間にわたり運用され、第二次世界大戦中には、邪悪なイエズス会による強制収容所の五芒星配置でのホロコーストに対して銀河連合の介入を効果的に防止しました。銀河連合がそこで介入をしたとすると、その報復としてカバールはネガティブなET種族を呼び出し、人類は惑星地表から完全に絶滅させられていたことでしょう。それら全てのネガティブなET種族は既に排除されているか、光側についたため、心配は無用です。

同様の技術は大戦後にも用いられ、カバールの帝王マインドプログラミング活動を銀河連合は防ぐことができませんでした。

オメガ・グリッドの非物質的部分として、エーテル的スパイネットワークを操るアルコンがいます。惑星地球の隔離を維持しているのはこのアルコンです。地球外生命体が存在しないことを流布させているのも、隔離地球の外へ出るのが不可能と宣伝しているのもこのアルコンです。地表の人々が他の星に当たるする方法を発見できていないのも、このアルコンが原因です。多くの人々の幸せな生活への道を断ち、窮地に追い詰めている犯人も、このアルコンです。



非物質的テクノロジーを使って、「何も変わることは無い」という幻想を維持しています。愛、特に男女間の愛に対して非常に暴力的です。というのも、その愛は隔離を効果的に崩壊させるエネルギーを生み出すからです。愛を通して女神のヴォルテックスは創造され、マトリックスにおけるアルコンのプログラミングに亀裂を入れることができます。

オメガ・グリッドは12月21日のポータルの開放を阻止しようとしています。そのため、非物質的技術や非物質的レプティリアンを動員して鍵となるライト・ウォーリアーたちに攻撃を加え始めてきました。攻撃は11月25日に始まり、現在も進行中です。12月21日がイベントの引き金を引く日になることを恐れ、それを阻止するために化学兵器で脅してきています。

オメガ・グリッドが処理されれば、イベントが起こるでしょう。それがいつになるかは、私には分かりません。今後の状況は報告するようにします。

それはともかく、時間波形グラフは12月が非常に面白い時期になるであろうことを示しています。



翻訳:NOGI
翻訳監修:Terry

転載元
https://note.mu/nogi1111/n/ndb38b5fa57c9
【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP