2015年10月30日金曜日

ヨーロッパのための瞑想レポート/インタビューのお知らせ

2015年10月30日

ヨーロッパのための瞑想レポート/インタビューのお知らせ
Meditation for Europe Report and Two Cobra Interviews

ヨーロッパのための瞑想は、部分的に成功しました。大勢の人々が参加しましたが、クリティカル・マスには程遠かったのです。

ロシアのシリア介入が、難民の波がシリアに戻るきっかけとなったことは本当です。私たちが瞑想した数時間後に、イランの通信社が伝えていた通りです。

一方、ライトワーカーと光の戦士たちは、難民問題の重大さをまったく十分認識していません。戦争から大量の人々が逃れているという、大きな本物の人道危機が起こっています。それとは別に、カバールはキリスト教徒とイスラム教徒間の宗教的憎悪に火をつけ、ヨーロッパを揺るがして第三次世界大戦にもっていこうとしています。この2つのことが混ざって全体の状況になっています。難民のおよそ3/4の人たちは、戦争の脅威から逃れてきており、私たちの愛と支援を受けるべき人たちです。けれども、ヨーロッパへの移民のおよそ4%はイスラム国の傭兵だと推定されます。さらに移民の20%はヨーロッパに入るために大金を与えられたものと思われます。経済移民の振りをしながら、実際は傭兵をバックアップしています。彼らのなかには、中東の軍事キャンプで訓練とマインドプログラムを受けた者たちがいます。兵站支援をしたのはCIAです。この作戦全体にかかった費用、数十億ドルは、ロスチャイルドとサウジが出しました。この移民セグメントは、偽造の、あるいは盗んだパスポートを簡単に手にいれ、ヨーロッパに潜入しました。

http://www.express.co.uk/news/world/604394/Alarm-Syria-sells-10000-passports-few-questions-asked

トップにいるヨーロッパの政治家のほとんどが、この侵入計画のことを知っており、快く、あるいは嫌々ながら支援しています。カバールの命令ですから。カバールのアジェンダは、2020年までにヨーロッパを部分的にイスラム国のカリフェイトに併合することで、彼らは本気で計画しています。

(訳注:カリフェイトはカリフの府、カリフの統治領。カリフはモハメッドの後継者を意味する称号)。

http://www.express.co.uk/news/uk/597254/ISIS-Map-Europe-Terror-Organisation-Andrew-Hosken-Caliphate-Abu-Musab-al-Zarqawi

カバールは、ヨーロッパの後で米国に対しても同じプロセスを取る計画でいます。先週、アルプス山脈の小さな国、スロベニアは、毎日1万人の難民を受け入れていました。もしこれを米国に置き換えたなら――メキシコとの国境を越えて、カリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサスにある数カ所の入り口地点を通り――毎日200万人相当の移民がなだれ込むことになります。

ロシアが介入したおかげで、ヨーロッパと米国に対するカバールの計画は成功しないでしょう。それでもまだ、世界中のライトワーカーと光の戦士が、マス・メディテーションでヨーロッパの平和を支えることがとても大事です。この度の地政学的状況は、第二次世界大戦終結以来、もっとも重大な局面を迎えています。私は、より多くの人々が、いざという時に光の勢力をサポートしてくれるよう、お願いしたいと思います。また、この瞑想を毎日行うよう内側から促されているように感じる人は、そうするのが良いと思います。私たちの瞑想とは別に、地表で緊急に必要とされているものは、光の勢力のスピリチュアルな介入です。それは、ストレンジレット爆弾の脅威が操作できるレベルにまで軽減すれば、起こります。

Youtube版はこちら。



10月のロブ・ポッターのコブラインタビューがスクリプトと共にアップされています。こちらのページを下にスクロールすれば読めます。

http://thepromiserevealed.com/2015-oct-27-q-a-with-cobra/

Youtube版もあります。


0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP