2017年6月13日火曜日

真空準安定イベント

キメラ・グループの掃討は続いています。光の勢力は「いくつかの作戦」を完遂しており、いまはヤルダバオートという生命体の頭部を消滅させる作業に集中しています。
地表近くには、プラズマ異常が付着したヴォルテクスがあります。ヤルダバオートの頭部はその中にあります。以下にリンクした2月の近況報告にも説明されているように、頭の外縁部分は地球中心から地球の直径1.5倍の高さまで及んでいます。
主流科学の世界では、すでにその外縁部分を数年も前に「発見」しました。
その外縁部分を形成しているのは、人工的に作られたラジオ低周波であることを、いまや NASA は公然と認めています。それがベールの一番外側にあるバリアを効果的に作っています。
上の記事の中に、「潜水艦通信に使われるVLF(超長波)送信機」という表現があります。それを「HAARPや類似プログラムに使われる ELF(極低周波)送信機」に置き換えてみて下さい。そうすれば、このベールの一番外周にあるバリアがどのように作られたのか、明確に理解できるようになるでしょう。
ヤルダバオートの異常プラズマ・フィラメント(糸)もトップレット爆弾も、ブラックストーンというトップクォークとトップの反クォークによる凝縮物と連結しています。ブラックストーンはトップクォークとトップの反クォークの強い相互作用から作り出された巨大なハドロンです。何百万年も前に、キメラ・グループが巨大な粒子加速器(ダイソン・リング)でそれを作り出しました。その粒子加速器は、ブラックストーンの創造に必要な、絶対温度2兆度以上の超高温状態を作り出すことが出来るのです。
七百万年もの間、このブラックストーンはリゲル星系のある惑星にずっと置かれてきました。その間、その惑星は宇宙に存在する異常プラズマの中心になっていました。それが1996年に、牡牛座の分子雲にあるプラズマ・フィラメントを通って、リゲルから地球に持ってこられました。
それがいまロングアイランドの RHIC 粒子加速器の近くにあるキメラの地下施設に設置されています。
ブラックストーンは異常プラズマと相互作用を起こすことで、直径約1000マイルの巨大なネガティブ・プラズマ・ヴォルテクスを作り出しています。その中心はロングアイランドにあります。
このヴォルテクスは、地表に残った初期異常の浄化が行われる主戦場になります。カバールの最高幹部たちや、キメラ・グループのメンバーの多くは、このヴォルテクスの異常を利用して、光側に対抗するための盾にしています。アメリカの東海岸にカバールが最も密集しているのはそのためです。
このヴォルテクスの中で、チンターマニストーンをフラワー・オブ・ライフ状に設置することで、シリウスのエネルギーを誘導するグリッドとして機能します。それがこの異常の転換を加速させることになるでしょう。もちろん、そのヴォルテクスを紫の炎で埋め尽くすのも役に立っています。
面白いように、ロングアイランドから程遠くない海底に、プレアデス人によって建造されたアトランティス時代の海底ピラミッドがあります。
これらのピラミッドは、ロングアイランドのプラズマ・ヴォルテクスの悪影響を打ち消す拠点としてポジティブに機能しています。
光の勢力はいま、ブラックストーンの機能停止や、残りのトップレット爆弾の除去に直接取りかかっています。作業は予定通りに行われています。
ブラックストーンの除去で、いまの準安定状態を形成している宇宙の均衡状態はひっくり返されるでしょう。その後、偽りの真空状態は二度と現れません。
私達が今体験しているこの偽りの真空状態は、宇宙の中におけるある種の準安定領域です。この準安定領域の中で、ソースと初期異常の間で起きた相互作用がエントロピーの法則を促し、命の存在に否定的に働く状況を作り出しています。それが地球の隔離状況や悪が存在する理由にもなっています。
ブラックストーンが除去されると、真空準安定イベントが起きます。このイベントで、核生成前線のバブルを突破し、ベールの境界を横切って、地表に向かうことが出来るようになります。これこそがイベントの瞬間です。イベントとは、ベールの中で真の量子真空状況が作り出される瞬間のことです。それは、悪の存在をもたらした初期異常部分の除去をも意味します。カバールの存在も、人々の苦しみの裏にある潜在的な勢力も消えてなくなります。
なお、地球外生命に関するソフト開示が行われる中で、プリズンブレイク作戦は着実に続けられています。
民間による宇宙プログラム構想も、いよいよ人類をベールの向こう側に送り出そうとしています。
Victory of the Light!
今回は「真空」という見慣れない言葉が使われています。また、真の真空状況と偽りの真空状況という表現も出て来ます。それを踏まえて個人的に解釈してみました。一般に「真空」というと、空気の殆ど存在しない空間のことですが、これはいうまでもなく三次元での話です。ところが、プラズマの存在を前提とした四次元、五次元の世界だと、「真空」は特定のプラズマが存在しない表現かもしれませんね。つまり、本来あるべきタキオンというポジティブなプラズマがベールによって遮られているいまは「偽りのプラズマ真空」状態で、逆に、異常プラズマが完全になくなるイベント後の世界が「真の真空」という意味かも知れませんね。なお、これはあくまでも「真空」と聞いて、頭の中が「???」状態になった方のために与える一つの解釈にすぎないので、あしからず。あえて分かろうとせず、スルーした方が楽かも知れませんね(^^)。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

特別夏至瞑想

PFC はライトワーカーの結束を求めて、6月21日の夏至に特別な集団瞑想を全世界に呼びかけました。
特別瞑想の日時: 6月21日(水) 13時24分 (日本時間)
平日の昼間なので、社会人など時間の取れない方も多いかと思いますが、久しぶりの世界共通瞑想で忘れかけていた気持ちを思い起こしてみてはいかがでしょうか。
フェイスブックからの参加表明はこちらです。
また、今回も世界共通のシンクロ瞑想を行います。PFCはサーバの大幅強化をしたようなので、今回は順調に稼働してくれることを期待したいです。当日までに、日本語のガイド音声も追加される予定です。
瞑想手順:
1. リラックスした状態になってください。
2. この瞑想を通じて、世界中に愛と光を広めたいというあなたの意図を表明して下さい。
ライトワーカーは誰もが、差別や苦しみを無くし、戦争を終結させ、豊かさや平和に満たされる素晴らしい世界を、すべての人々にもたらしたいと考えています。そのライトワーカー全員の気持ちを一つに集結させたいというあなたの思いを、この瞑想に込めて下さい。
3. 銀河のセントラル・サンから、白く輝く光の柱が太陽系内に遍く光の存在たちを通り抜けながら、あなたの体に射し込み、そのまま地球の中心まで届くのをイメージして下さい。
4. 今度は地球の中心から、もう一本の白く輝く光があなたの体を通り、空に向かい、太陽系や銀河に遍くすべての光の存在に届くのをイメージして下さい。
今、あなたは二本の光の柱の中にいます。光が上下同時に流れています。この二本の光の柱を数分間そのまま維持して下さい。
5. この二本の光から虹の渦が生まれ、地球全体に広がり、さらに太陽系全体までに広がっていくのをイメージして下さい。虹の渦が、地球の支配システムを消滅させ、地上のすべての存在に幸せ、豊かさ、意識の覚醒をもたらすのをイメージしましょう。
6. すべての暴力が取り除かれ、地球も、そこにいる人々やすべての存在も癒やされるのをイメージしてください。
北朝鮮、ベネズエラ、シリア、コンゴ、ウクライナなど、いまも紛争が続く地域の人々が武器を手放し、皆が兄弟であることに気付き、平和を取り戻すのをイメージして下さい。
7. 秘密宇宙プログラム、宇宙人の存在、隠蔽された高度な最先端技術、地球の権力構造や金融システムに対する支配や操作など、隠された真実がすべて公開された瞬間をイメージして下さい。それをすべて知らされた上で、人々が自由意志で賢明な判断を下し、平和な世界を取り戻す時代をイメージしましょう。
8. そして間もなくやってくる新しい黄金時代の中で、人々が本来携わっていた英知や能力を開花させ、新しい宇宙社会へと発展していく様子を思い浮かべて下さい。ほかの星々にいる私達の兄弟姉妹とも、自由に交流できる時代をイメージしましょう。
9. 地球のグリッド活動に携わっている人たちも、瞑想の中でセント・ジャーメインの紫の炎や、AN転換の白い炎を地球に導く人たちも、美しい地球を取り戻せるように、互いに手を取り合って地球を癒やしていくのをイメージしましょう。
平和と解放はすぐそこまで来ています!
訳注: 自然で分かりやすい日本語表現になるように、原文の意図を保ちながら、一部の文章を再構成させ、表現を変えました。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

2017年6月11日日曜日

コズミック・ディスクロージャー: ボイド・ブッシュマン~死に際の証言

シーズン 7 エピソード 21
David Wilcock: さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』へようこそ。司会のデービッド・ウィルコックです。インサイダーのインサイダー、コーリー・グッドをお迎えしてお送り致します。今回の放送では、今は亡きロッキード・マーチンのインサイダー、他ならぬボイド・ブッシュマンの貴重な映像をお見せします。
コーリー、番組へようこそ。
Corey Goode: どうも。
David: では、早速いきましょう。実のところ、これはボイド・ブッシュマンへの独占取材映像ではなく、インターネットで一般公開されたインタビュー映像です。その重要性と、この番組との関連性を考慮すると、それでも取り上げる価値があると思います。見てみましょうか。
ボイドとの面談
Boyd Bushman: 私の名はボイド・ブッシュマンだ。ロッキード・マーチンの上級科学者だ。私は27の特許権を持っている。
約13年前、私は偶然ある人に出会った。彼はエドワード・テラー博士の下で仕事をしていた。
テラー博士といえば、あのオッペンハイマーの右腕だった人である。
オッペンハイマーがエリア51から締め出された後も、彼は引き続きそこに留まっていくつかのプログラムを統括していた。
私が月に2、3度連絡しているあの人は今、そのプログラムのトップだ。彼らはできる限り最新の情報を私に伝え続けてくれている。一応、私は最高機密取り扱い許可を持っている。
しかし、私自身や私の賢明な仲間たちのためを考えて、私はあえてその最高機密取り扱い許可を行使しなかった。なぜなら、合理的に考えて、エリア51の闇深くに隠されている大量の情報は公にして、一般公開されるべきだと思うからだ。
すべては13年前に始まった。
私は科学者なので、理論なんて信じない。「データこそ大事だ。理論なんて当てにならん」と私はいつも言っている。もし、物理的なテストによって証明されなければ、どんな情報だろうと、受け入れたりはしない。
従って、ここに示されたデータはすべて彼らから、私を通して、あなたたちに直接に渡されたものだ。
David: 彼が言っているのはこういうことです。テラーはあるインサイダー集団と一緒に働いていて、彼らは今、真実を開示しようとしているそうです。このように、極秘プログラムの中で働いている人達が情報を公開したいと思うのは、普通にあることなのですか?
Corey : ええ、普通にあることです。しかも、彼らを監視している者はそれを知っています。彼らの個人プロファイルは作成済みだし、いつも監視の目を向けられています。ボディ・ランゲージや、様々な細かい表情も監視されています。監視者はいつでも介入できるように見張っているのです。
そのため、彼らは職場で話したりはしません。大抵は日曜の野外パーティーでじっくり座って、そういう会話をします。
でも大半の人は結局見つかってしまいます。職場の外での会話がバレないケースは、むしろ珍しいのです。
David: 「最高機密取り扱い許可を持っているが、行使しないことを決めた」と彼は言っていますが、どういう意味ですか?
Corey : もし最高機密取り扱い許可を行使した上で職務に携わるのなら、アクセス権限を得るための協定に署名しなければなりません。その時点で、そこに書かれたあらゆる条文に同意することになり、法的な束縛を受けてしまいます。
つまり、彼はそのアクセス権限を使わずに、自分の年金に法的な懲罰が及ばないように、ある種のミニゲームをしながら、なんとか上手くやろうとしているのです。
David: きっとあなたも覚えていると思いますが、このインタビューが公開されたとき、主流メディアすらも山火事のように炎上しましたね。彼について沢山の記事が書かれました。
それを見て思いました。これはペテンではなく、画策された計画の一部ではないかと。あなたはどう思いますか?
Corey : その可能性は十分ありますね。さっき言ったように、セキュリティー関係者の中で共感してくれる人を味方にして、こっちがしゃべっても目をつぶってもらえるようにうまくやれる人達なら、捕まる心配はありません。
David: なるほど。
Corey : そうでなきゃ、何も出来ませんから。
David: 彼の発言の続きはこの後もご覧頂きますが、彼の言葉や彼について書かれた記事が一般公開されました。その事実はどんな狙いを持っているのですか?
彼の発言は信憑性を持っているように思います。ロッキードで働いていると言ってるし、ETだと主張する写真を見せてくれているし。
これで彼の映像や証言が世界中に公開されましたが、それは結局どんな展開につなげようしているのでしょうか。
Corey : そうですね、地球同盟もこの影の政府やらも、映画やマンガなどやこういった死に際の発言を通じて、人類の意識に何かを植え付けようとしてきました。
つまり、彼らは距離を置きながら、関与を否定しつつ、私たちの潜在意識に少しずつ情報の断片を送り込んでいるのです。
David: ロッキードで働いていて、27の特許を持っていると言っていますが。
Corey : その真偽を確認するのは簡単にできるはずです。
David: 私もそう思います。
Corey : 但し、それが例の 5700件の極秘特許でなければの話ですが。
David: 私がこれを取り上げた理由はまさにそれです。もしこれらの特許が極秘技術であるため検証不能なら、せめてそれが国家安全保障によって抑制された特許であることを確認することは可能ですか?
それとも、ロッキードはいろいろとやっているから、機密扱いから外れた特許で追跡可能なものも沢山あるのでしょうか。
Corey : ええ。彼らの特許でも機密扱いされていないものが多数あります。しかし、最も慎重な扱いを要するものになると、やはりいまも極秘扱いにされた5700件の中に括られていると思います。
David: ということは、もしその真偽を確認しようとすれば、全27の特許でなくても、いくつか見つかる可能性はあるのですね。もちろん、追跡可能なものに限定されますが。
Corey : そうですね。
David: ウィリアム・トムキンズもそうでしたが、多くのインサイダーは上司に問い詰めても、「落ち着け。お前の研究成果はあと10年もすれば公表されるよ」となだめられます。
でも、10年経ったところで、何も起きませんでした。
やはりそういう影響で、こうして医者から余命数週間を宣告された彼が名乗り上げたのでしょうか。
Corey : ええ、それはよくあることです。私のいたプログラムでも、10年と告げられたけど、10年経ってそのままという人がたくさんいます。
David: 本当ですか。
Corey : 多くの人は良心を持っていて、その情報が一般公開される時期を知りたがっています。もちろん、世間に認めてもらいたいし、自分の努力の成果を知って欲しいのです。
David: それはそうですね。
Corey : でも彼らはこう言われました。「いつかあなたは英雄になるよ。10年後、誰もがあなたの功績を認めるようになるよ」って。こうして待ち続けているうちに、幻滅して同盟に寝返っていく人がたくさん現れたのです。
David: これだけ監視されていると、同盟はどうやってバレずにその地位にいる人達に接触したのでしょうか。
Corey : 様々な集団がありますが、それらの保安機構の中にも好意を示してくれる人がいます。ある種の転覆を仕掛けようとするものなら、まず保安部門か警察部門に潜入することから始めるのが常套手段です。
David: では、保安要員と自称する人間と口頭で会話することから始めるのですか?
Corey : ええ、口頭限定ですね。直接の会話でなくては。
David: 手紙を送ったりすることは可能ですか?最近聞いた話では、アメリカの郵便局は手紙の中身こそは読みませんが、すべての郵便をスキャンして送り先を記録しているようです。
Corey : 手紙はダメですね。手書きはお薦めできません。ほら・・・
David: そうなの?
Corey : ええ。情報を伝言ゲームのように伝えるのは信頼性に欠けます。それが様々な人に知れ渡り、情報を微妙にいじられてしまう可能性があります。手書きの記録が残るのも望ましくないです。
David: そういえば、ボイド・ブッシュマンに対する検証を収録前に話しましたが、最近暴露された Valut 7 から出た情報もあるようですね。
Vault 7 はメディアの間で騒がれてはすぐ静まったため、よく知らない方がいるかもしれません。彼らのために、Vault 7 の話と、それと開示の関連について話して頂けませんか。
Corey : ええ、Vault 7 はウィキリークスが行った CIA関連のデータダンプでした。
David: 確か、この Vault 7 で 8700 件もの文書が入っていますよね?
Corey : ええ、膨大なデータダンプです。
David: 私が一番驚いたのは、その中にある秘密の99%はまだ公開されていないとウィキリークスが明言したということです。ドラッジ・レポートはこれを第2のスノーデンと呼んでいます。
CIAの極秘文書にある情報を公表した目的は何ですか?
Corey : 彼らはこの Vault 7 のデータダンプで多くの名前を公表しました。その中に、CIAに追跡された民間人が多く含まれています。
David: つまり、ボイド・ブッシュマンもこの Vault 7 の漏洩情報の中にいる一人?
Corey : その通り。
David: 彼はずっと監視されてきたのですね。
Corey : CIAの監視下に置かれた民間人のリストがその中にありました。
David: もしNSAがその名の通り、国家安全保障局であるのなら、これは NSA の役割ですよね。なぜ CIA は独自の権限で同じことをする必要があるのでしょうか。殆どの人はこれに納得しないでしょう。
Corey : データに関していえば、多くの機関は完全につながっていません。必ずしも同じ情報の山から情報をもらっていないのです。
彼らはそれぞれの情報の山を持っています。それも有り余った情報です。彼らはその情報の山を完全に共有していません。情報を共有するときはある種の委員会を介して行います。
David: Vault 7 から分かった事実が一つあります。この最高レベルのリークによると、CIAの中では、同じ同僚と3年以上一緒に働くことは許されないというルールがあるらしいです。同じチームに所属する人達が各自の派閥を作るのを恐れているためです。
Corey : 馴れ合いを防ぐためですね。
David: 同盟ができたため、その同盟の人数が増えるのを止めたかったからでしょうか。
Corey : そうやって結託され、裏切られることを防ごうとしているのです。
David: なるほどね。では、ボイド・ブッシュマンのインタビューの続きが気になるので、見てみましょう。このロッキード・マーチンのインサイダーは死に際にどんな告白をしてくれるのか。
宇宙人は実在する
Boyd Bushman: これらの飛行体を操縦しているのは誰かと、私は聞いたさ。「彼らは身長135cmから150cmぐらいだ」と彼は答えた。
彼らの中に約230才のが一人か二人いた。テラーが私たちの施設を立ち上げた時、合計で最低でも18人は施設で働いていた。
彼らの目や鼻は我々と違うが、手足の指は5本あるし、目も二つだ。
不思議なのは彼らの会話方法だ。彼が言うには、「ボイド、こんな感じだよ。頭の中で突然質問が湧いてくる。その一人と一緒に部屋に入ったとたん、自分の声でその湧いた質問に答えている自分に気付くんだよ。彼らはテレパシーであなた自身の声を操って会話できるのだ。」
「そうかい」と私は返すしかなかった。
いま見せたのは、正面から見た彼らの写真だが、後ろからはこんな感じだ。
背骨が三本もあるんだよ。実際は軟骨だけど、それにも関わらず、私たちの人体構造よりもずっと効率的だ。
彼らの肋骨の数が多いかと思うとそうでもなく、三本しかない。これも宇宙人の裏側だ。
こちらは斜めから撮った写真だ。
宇宙人の話になったので、私は彼に説明を促した。彼は「あのね、宇宙人と言ったって、二種類あるんだ」と言った。どうやら、彼らは宇宙人を二種類に分けたようだ。大牧場を持っているとしよう。そのうちの一種類はあんたの牛の世話をする世話係だ。
もう一種類はあんたの牛を盗む牛泥棒だ。
実際、この二種類は違う行動をしている。世話係のタイプはずっと友好的で、我々とはいい関係を持っている。
こちらの写真は別の角度から撮ったものだ。
足をよく見てくれ。つま先は5本だが、カエルのようにつながっていて、それでいてそれぞれ形が違うのだ。
これは彼らの故郷の惑星だ。彼らはそれを Quintumnia. と呼んでいる。
手もよく見てくれ。宇宙人の手だ。
人間の指よりもだいぶ長くて、三割ほど長い。まあ、まとめるとこんな感じだな。
David: この抜粋一つだけで、いろいろと面白い話ができそうですね。
彼は18という気になる数字に言及したが、彼の記事を書いている人達でさえ気にしていないでしょう。
でも、彼の言っている「最低18」という言葉の意味は人数ではなく、種類のような気がします。
それでもあなたの知っている宇宙人の種類と比べるとかなり小さい数字です。セキュリティ的に区分化されているから、ロッキード社のエンジニアとして伝えられる数字はこんなものでしょうか。
Corey : ええ。エンジニアとしての仕事が終わりを迎えた頃なら、おそらくその18種類の大半を把握できたでしょう。
それぞれがリバース・エンジニアリングで取り組んでいる技術、研究している技術によって、通常は3~8種類の宇宙人について知らされます。
もちろん、「知る必要」以上のことを知らされることはありません。
David: そのうちの誰かが私たちの番組を見ているかも知れませんね。その人が思った以上の種族数がいることを、教えてあげたらどうですか?その3~8グループのETといえば、大体どんなグループになりそうですか?
Corey : 決まっていません。レプティリアンについて知っている人もいれば、知らない人もいます。
David: そうですか。
Corey : 面白いですよ。EBENタイプの宇宙人グループについて知らされた人もいます。
David: それはどういうタイプですか?
Corey : グレイと関連付けた人もいますが、彼らの見た目はとても肉付きがいいです。二足歩行で肉付きのいい存在です。彼らは眼球にレンズを入れることで黒く見せているのです。
ほかに、ノルディックのグループもあります。
David: ですね。
Corey : 以上はよく知られているグループです。ほかにはトールホワイトもいます。殆どの人はこれらを知っています。レプティリアンとなると、知らない人もいます。
David: ところで、このボイド・ブッシュマンの写真は議論の的になりそうです。というのも、彼が手にしているこのET画像は、ウォルマートで売ってあるオモチャの写真ではないかと、ノーベル賞でも取ったかのようにインターネットで騒ぎ出すガキが現れかねません。
Corey : ああ。
David: 2008年に売られていたこのオモチャは、彼が手にしているこの写真とそっくりですよ。
インターネットでは、彼はオモチャを写真に撮ったにすぎないといって、正体を暴こうと躍起になっている疑い深い人達がたくさんいますよ。
Corey : この種類の宇宙人が万が一暴露された場合に備えて、先手を打ってこのオモチャを数量限定で売り出した可能性はあります。
プライベートであなたに言ったと思いますが、私はこの種類の宇宙人を見ました。それも生身のままで。
David: はい。
Corey : 彼らは「オレンジ」と呼ばれました。生きている時の肌色は人参の色よりやや暗く、ちょっと茶色っぽい感じです。それで「オレンジ」と呼ばれました。
彼らはとても善良な存在でした。鳥が死んでいる光景を見たりすると、彼らの目はだいぶ凹んでいくのです。
David: ほほう。
Corey : 通常生きている時、彼らの目は頭から突き出ています。目の上下にはシワシワの部分がありますが、目の中のエネルギーはとても心地良い感じです。
David: へえー。
Corey : 彼らの目はかなり自由な表現力を持っています。目が頭から僅かに突き出た状態で、シワは下に潜ったり、周りから押し出されたり、自由自在に動き回れます。
David: つまり、生きている時のオレンジは、この乾ききった死体とはかなり違う見た目になると言うことですか?
Corey : そう。彼らは私たちを助けようとして訪れました。いわば、世話係の一派です。
David: 彼もそう言っていました。
Corey : 言ってましたね。彼らは監視者みたいなもので、人類自身と惑星の管理を助けてくれようとしています。
David: よく知らない人は彼らのようなETを見ると、人間を誘拐して拷問して探針やインプラントを入れたりするグレイだというでしょう。でもあなたは違うと言いましたね。彼らの指摘に対してなんと言えばいいでしょうか。
Corey : 見た目だけなら、グレイに近い宇宙人は何種類もありますよ。
David: そうですね。
Corey : 混同はよく起きます。このグレイによく似て、同じような身体構造をもつレプティリアン種族すらあるのですよ。
これらの存在とコンタクトした人たちを、軍はもう一度誘拐して更生施設に入れて情報を聞き出しますが、彼らはあまりにも様々なテレビ番組でグレイの外見を何度も見てきたため、見た目の同じ宇宙人を全て一括りにして、コンタクトしたのはグレイだと軍に話すことになるのです。
David: 比較的に低レベルの機密許可でも、なおトップシークレットに属するものがあります。そういうレベルの人たちもノルディックを知っていると言いましたね。地球内部に住んでいるノルディックについては以前聞きました。
低レベルの人員に対するノルディック関連の開示は、一般的にどのような説明になっていますか?どこから来たとか、何をしているとか。
Corey : ノルディックといっても、内部地球から来たものだけではありません。
David: そうでしょうね。
Corey : 他の星からやってきて、千年以上もレプティリアンと戦っていて、ほかの存在や文明とも小競り合いしたものもいます。
銀河間戦争とまではいかないが、歴史上、人類が存在する以前に、銀河戦争はたびたび繰り返されてきました。
David: ロッキード・マーチンで表面組織やらについて研究している物質科学者がいますよね。今の説明だと、ノルディックについて彼はどんな説明を受けたのでしょうか。彼はどの程度のことを知っていますか?
Corey : 彼がどの程度知る必要があるかによります。取り組んでいる研究はどんな技術でも基本は同じです。対象のETが彼らの惑星でどのようなアプローチで技術を開発したのか、そういった情報を得るために対象のETとやり取りしたり、仲良くなったりする必要があります。
複数のプログラムに従事していて、複数のETを知る必要がある場合を除けば、仕事上で必要最小限の情報しか教えてもらえないのです。
David: 骨は軟骨で構成されていて、肋骨が三本のみで、背中の構造が変わっていると彼は言及しましたが、私達の骨格と違って、軟骨中心で出来た骨格を持つETもいるのですか。
Corey : 軟骨っぽい骨格をもつのもいますね。でもそれは少数派です。私達の鼻の中にも軟骨があるように、それぞれが特徴として持っているだけにすぎません。
David: なるほど。
Corey : 手足の指にある水かきのように、彼らが今の進化状態に達する前に持っていた体の一部が、様々な突起物として残っている場合もあります。
David: さらに、彼はテレパシーについて変なことを言っていますね。ETたちと一緒に部屋に入った途端、テレパシー交信だけでなく、自分の声が自分に話しかけるように聞こえるって。
これをどう思いますか?
Corey : 実際はそんな感じになりますよ。そのため、自分の脳裏にアイデアや考えが浮かび上がったとき、それはどこから来たものだろうかと勘ぐりたくなります。だって、発信源は自分ではないかもしれないでしょ?
でも確かに私が体験した通信はそんな感じです。自分の内側で独り言が交わされたように、自分の声が聞こえる感じです。彼らが交信してきたときに聞こえる声と同じです。
相手次第では、画像イメージ、匂い、味を受け取る場合もあります。
David: このETたちの故郷の惑星を彼は Quintumnia と呼んでいます。あなたはオレンジと呼ばれたこのET達との会話で、惑星の名前まで出てくるほど、親密なやり取りになったことはありますか?そこがちょっと気になるところです。
Corey : あります。彼らは惑星の名前を教えてくれますよ。もちろん、彼らの呼び方で。英語に訳された呼び方ではありません。この名前も彼ら自身の命名である可能性は非常に高いです。はじめて聞いた惑星の名前です。
David: 彼がブリーフィングで聞かされたこととして、少なくとも18種類のグループがあって、それがさらに大きく二つに分類されているそうです。一つは世話係で、もう一つは牛泥棒で、実際に牛を盗みかねないやつです。
Corey : そのようですね。
David: あなたの言っていた銀河の奴隷貿易に、気持ち悪いくらい似ていますね。この映像を見たときはどう感じましたか?
Corey : 確かによく似ていますね。彼がそのブリーフィングを受けていた時代では、まだ私達の秘密宇宙プログラム開発が遅れていて、自分たちの領域をソーラー・ウォーデンで監視できるまでになっていなかったので、おそらくそういうこと(牛泥棒)が大規模で行われていたと思います。
あいつらはいつでも入って来ては人間をすくい集めて、すばやく太陽系を飛び出していくことが出来ました。監視している地球外存在がいても、その一部始終が余りにも素早く行われたため、反応すらできなかったのです。
David: アメリカの防衛組織がこの状況に気付き、それを止める技術的な手段を手に入れるまで、どのくらい掛かりましたか?
Corey : 諜報機関の共同体が発足したときから、すでに気付いていたと思います。
David: では、それを止める能力を手に入れたのはいつでしたか?
Corey : それをいつでも止められるような十分な戦力がお目見えしたのは、おそらく1980年代前半だったと思います。
David: さて、ボイド・ブッシュマンの次の映像です。すごい情報はまだまだ続きますよ。
エリア51
Boyd Bushman: 私は振り回されるのは嫌だし、当たり前のことだけど、ロシアや中国の後塵を拝するのだけはいやだね。でもな、エリア51では、ロシアや中国と協力して UFO を作ろうとしていたのだから、やっかいだよ。
UFO のリバース・エンジニアリングを試みるために、39名もの米国市民が命を失ったのだ。
最近に聞いた話では、一年半前にたった一回のテストで実に19もの命が失われた。彼らは様々な飛行機をそのUFOに近づけようとしたけど、UFOは自己防衛して、結果的に仲間が19人も死んだのだ。
David: ソ連や中国がアメリカとエリア51で共同開発しているなんて、ボイド・ブッシュマンのような冷戦時代の人間が知ってどんな気持ちでしょうか。
Corey : いわゆる冷戦を戦っていた人達は、反ソ連的な考え方を強く洗脳されていました。たとえソ連との核攻撃合戦になっても、彼らはアメリカを守るために、必要な技術開発に駆り立てられたのです。
David: 1980年代の中国はいまほどの脅威になっていなかったはずだけど、なぜ中国もエリア51に招かれたのでしょうか。そこで何が起きていたのですか?
Corey : 私達の秘密宇宙プログラムはある段階まで開発が進むと、技術的に発展したほかの国から隠し通せなくなりました。彼らは私達のことに目を光らせていたのです。
そのため、グローバル・ギャラクティック国家連合が出来ました。それだけでなく、彼らの間にある種の技術共有協定が調印されたのです。時期はよく覚えていませんが、おそらく1990年代だと思います。
この様々なグループ間で技術情報の共有が確実に続けられるように、科学者の交換が行われました。それぞれの持っている技術が、全員に共有されることを保証するためです。
David: でも世界の覇権を競って、ロシアとの核開発競争も同時に進められていることは明かですよね。そんな中で、エリア51でも協力関係を円滑に保とうとは、何をしようとしているのでしょうか。そんな棲み分けが出来るのが不思議です。
Corey : 確かに冷戦の絶頂期だったが、すでに冷戦は終息に向かっていた時期でもあり、ロシアとの基地内の協力関係が冷戦と併存した時期はそれほど長くありませんでした。私達が中国、ロシア、インドなどと合意を調印し始めたのは、殆ど冷戦後でした。
インドやその他の国からも科学者がやってきて、技術を共有して緊密な連携が行われました。というのは、彼らの開発がかなり先まで進んでいたことに、我々も気付いたからです。
この様々な国家間の協定こそが、この秘密情報を共有しながら管理する方法になっているのです。
David: 彼はUFOの開発中に39人が命を落としたと言いました。さらに、滞空しているUFOに従来機で接近しようとして、UFOの自己防衛によって19人が命を落としたとも言いました。
一つずつ見ていきましょうか。最初の39人ですが、既知の事実を考えると、この人数は極めて少ないように思いますが。
Corey : 彼は詳細をあまり言わずに、はしょったかも知れません。これらのプログラムで働いているロッキードの従業員で、彼の知っている人間の数かもしれませんね。
David: なるほど。UFOのリバース・エンジニアリングに関わっていて、命を失った人数は当然39人よりも遥かに多いはずでしょ?
Corey : 当然です。そもそもリバース・エンジニアリングを手がける前に、UFOの回収だけでも多くの命が失われました。
David: そうなんですか!
Corey : ええ。リバース・エンジニアリングだけでなく、回収時でも多くの命が失われました。同じくUFOの開発に取り組んだドイツの秘密宇宙プログラムでも、その過程で多くのドイツ人が命を落としたし、その技術を生み出すためにも多くの科学者が亡くなりました。言うまでもなく、彼らの奴隷労働の強制で犠牲になった人たちも多数います。
David: では、ボイド・ブッシュマンのインタビュー映像の最後の部分を見てみましょう。彼はロズウェルに似た興味深い事件について語ってくれます。
ニューメキシコ上空の戦闘
Boyd Bushman: その人はどうやら医者だった。とても感じのいい人だった。彼としばらく会話をした。話題が変わって、彼は次のように切り出した。「あのね、私の体験を是非聞いて!」
「いいよ」と私は言った。
「1947年のことだった。私はアメリカ海軍のテストパイロットを治療していた。」と彼はこんな話を聞かせてくれた。
『そのパイロットの話によると、彼らのレーダー班がニューメキシコ上空でレーダーに映った輝点を見つけて、彼に確認しに行くように頼んだのだ。
パイロットはそれに応じて、あの頃に最速を誇る飛行機に乗り込んだ。まだプロペラ機の時代だった。武器なども完全装備だった。
パイロットが現地に向かって対象物を見つけた。彼はすぐに交信を返してきた。
「まず、教えて欲しいんだけど、他に飛んでいる飛行機はないか?そいつと俺以外で、他に飛んでいる民間機とかはないか?」
「おまえとあいつだけだよ」と彼らは返した。
「分かった。次に確認したいのは、あいつを撃ち落とす権限を与えてくれないか?」と彼は聞いた。
「なんでそいつを撃ち落とす権限がほしいんだ?」と彼らは聞き返した。
「俺はアメリカが作れる最速の飛行機を飛ばしているんよ。でもあいつに引き離されているんだ。あいつは仲間なら、俺から逃げたりしないだろ?きっと敵だよ。だから、撃ち落とす権限をくれ。」
司令官は「分かった」といって権限を与えた。
彼は引きつけて対象を撃ち落とした。対象機が墜落した。
彼は墜落地点の上空を通ってみた。そこはフェンスに囲われた場所の中で、その側に道が走っていた。彼は高度を下げて飛行機を着陸させた。苦労したが、どうにかやり遂げた。そして、彼はフェンスを切って中に入った。
墜落機の扉の一つが開いた。乗員の一人が出て来て、あたりを歩いていた。彼は乗り物の方が気になったので、そいつに構わなかった。
近づいてみると、奇妙なことに、機体は150cmの高さしかなく、彼がかがめて覗き込もうとすると、なんと乗り物の壁を見通すことが出来たのだ。それだけでなく、中に入ってみると、床はふわふわだったのだ。
中に乗組員は3人いたが、全員死んでいた。間違いなく死んでいた。彼に殺されたのだ。また、軍がやってくることを彼は知っていた。長い間、あいつらに我慢してきたのだ。
それで彼は捜索してから、有刺鉄条網を抜けて自分の飛行機に戻って飛び立った。』
その後、エリア51の窓口にその話を伝えると、彼らは「それは紛れもない事実だ。でも私達には何も話せない。あなたなら話してもいいよ」と言った。
David: さて、この話を聞くと、このET達にも弱点があるらしいですね。必ずしもロサンゼルスの戦いみたいに、軍がいくら砲撃してもシールドに守られて無傷でいられる訳ではないってことを。
撃ち落とせるものもあるようですが、本当ですか?
Corey : ええ、本当です。UFOの飛行には様々な段階があります。具体的にどの段階かは分かりませんが、段階によっては破壊的な高エネルギー兵器にやられやすいのです。ロズウェルのUFOを墜落させたのがレーダーだと言われていますが、そうかもしれません。
つまり、高エネルギー兵器で撃ち落とせる UFO も数多くあります。通常の動力兵器によって撃ち落とされる場合はまれです。
彼はミサイルを使ったかどうか分かりませんが、それでも高温の鉛弾頭で撃墜したみたいですね。
David: みたいですね。
Corey : これは極めてまれなケースです。なぜ回避行動も取れないくらいの射程まで接近を許したのか、それも疑問です。
David: 飛行機の中に入った時に、壁が透明になって、周りを見通せるようになったと彼は言いました。そういう乗り物では、これが普通のことなのですか?
Corey : ええ、そうですよ。ごく普通のことです。窓がなく、内側から周りがすべて見通せます。パネルは全く存在せず、まるで空き地を見渡す感じです。
David: このような話が、食堂の噂話みたいにそこらへん中に広まっているようですが、これも普通なのですか?
Corey : バーで飲んでいて、ある程度お酒が入ると、たがが外れてしゃべってしまいますね。大抵お酒が絡んでいる時です。
David: ハハハ、なるほど。さて、今回の放送も時間が来たようです。ボイド・ブッシュマンのことはメディアで広く知られていますが、今回はちょっと変わった角度から彼のユニークな証言をみて参りました。これもどうやら、私達に真実をもたらすための、進行中のディスクロージャーの一部みたいですね。
デービッド・ウィルコックでした。コーリー・グッドとともにお送りしました。ご視聴ありがとうございました。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

2017年6月9日金曜日

個人用チンターマニストーンの無料配布について

コブラの「チンターマニ・グリッド」記事の追加内容にあるように、自力で買えないライトワーカーやライトウォーリアのために、無料の個人用チンターマニストーンが一回分用意されています。送料の実費を負担して頂くだけで、その個人用チンターマニストーンを無料で受け取ることが出来ます。アジアまたはオーストラリア在住の希望者は以下に述べた手順で anthem.chang@gmail.com までご連絡下さい。
なお、今回は台湾のある女性ライトワーカーのご厚意により、アジアやオーストラリア限定の配送分には送料も負担して頂くため、送料の実費も不要になっています。
注意: これらの無料のチンターマニストーンは個人が身につけるために配布されるものです。受け取っても決して埋めないで下さい。
応募条件
次の条件に該当する方は、無料配布のチンターマニストーンを受け取る候補者になります。
1. 自費で購入できないことが大前提になります。
2. 1の条件を満たしたうえで、イベントや惑星解放にかける自分の信念と献身ぶりを真摯に自己評価して下さい。
3. 毎日や毎週のアセンション瞑想への参加、地元のイベント・サポート・グループでの活動、イベントや開示の情報普及に関わる組織活動などがその評価対象になります。
応募方法
上記の条件を満たした方は次の手順で応募して下さい。
1. まず、簡単な申し込みメールを anthem.chang@gmail.com まで送って下さい。
2. メールは日本語でも大丈夫です。ほかに、英語や中国語でも受け付けます。
3. 申し込みメールへの返信として、アンケート(日本語あり)のメールが届きます。
4. 6月25日までにアンケートに回答して返信して下さい。
5. すべてのアンケート回答は7月2日までに検討され、配布対象者が決定されます。
6. 配布対象者への当選通知メールは 7月3日に送信されます。チンターマニストーンの送付はその後に行われます。
応募者はやや長めのアンケートに答えて頂く必要があります。回答も日本語でOKです。
また、自分でなくても、知り合いのライトワーカーで、チンターマニストーンを欲しがるけど自力では買えない方がいれば、教えてあげて下さい。
よろしくお願い致します。

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

2017年6月7日水曜日

2017年5月のPFCコブラ・インタビュー

2017年6月6日
八月の皆既日食について
Lynn - コブラ、PFCへようこそ。これは2017年5月29日に行われたインタビューです。最初の質問は、来たる8月の日食についてです。今回の日食はアメリカ国内で観測できます。この日食の重要性について教えて下さい。
COBRA - 皆さんもご存じのように、今回の皆既日食の主な舞台はアメリカの大陸部です。それがこの地域にとって非常に重要なエネルギー・マーカーになります。この日食は、アメリカ市民の中の覚醒した人達にとって、惑星の解放計画に歩調を合わせるために、重要な決定を下す機会になります。
Lynn - その日に特別な瞑想を計画する予定ですか?
COBRA - その質問に答えるのは最善とは思えません。
Lynn - では、後で知らせてくれるのですね?
COBRA - しかるべき時に瞑想を呼びかけるのが最善だと判断したら、お知らせしますよ。
Lynn - 紀元 436年に重要な女神のポータルが閉じられたのは本当ですか?
COBRA - 重要な女神のポータルが閉じられたのは紀元 325 年と 395 年でした。
Lynn - 閉じられたのは二つの違うポータルでしたか?
COBRA - ポータルは沢山ありましたし、アルコンの妨害も沢山ありました。その時、惑星上の女神の存在を完全に封じ込める試みが行われました。要するに、アルコンによる大規模な侵略が特に4世紀や5世紀に起きたのです。
Lynn - 今回の日食は、これらの女神のポータルを再度開く機会になりますか?
COBRA - ある程度そう言えます。
Lynn - アメリカ上空に現れるこの日食は、ディープステートの影の政府を暴露するための絶好の機会を与えてくれるのでしょうか。
COBRA - ええ。
Lynn - 太陽の影が西から東へとアメリカの心臓部を横切ることで、闇が消え去り、光が戻り、アメリカ市民を啓蒙する機会を与えてくれるのでしょうか。
COBRA - いま言ったように、この地域を含めて、すべての地域でポジティブな決定を下すのに、絶好の機会になります。
Aaron - コブラ、こんにちは。リーンのインタビューの相棒で、アーロンです。今回は質問のうちの半分を担当します。最初の質問です。5月17日にミシガン州で起きたクリス・コーネルの死は、この日食時に出現したブラックホールと関連したイルミナティの儀式の一部によるものだと言っている人がいます。クリスは「ブラックホール・サン」という歌まで作っていたのです。イルミナティは日食を何らかの方法で悪用しようとしているのでしょうか。
COBRA - 彼らはそのつもりです。
Aaron - この2017年8月21日の皆既日食で光を定着させるために、何をするのがベストですか?
COBRA - さっき言ったように、もっとも重要なのは、 ポジティブな選択になるように決定を下すことです。次に重要なのは、他のグループとの調和を保ちながら、決定を下すことです。グループを一つにまとめることはかなり重要になります。
ズビグネフ・ブレジンスキーの死
Lynn - ズビグネフ・ブレジンスキーは物質界でのキメラの一人ですか?
COBRA - 違います。
Lynn - 彼は闇側の人間ですか?
COBRA - ええ、もちろん。
Lynn - 彼の肉体が死んだとなった今、彼はどうなっていますか?
COBRA - 彼はすでにセントラル・サンで分解されたので、もう何も起きません。彼はもはや存在していません。その生命体はこの次元や宇宙にはもう存在していないのです。
スターゲート、ポータル、ヴォルテクス
Aaron - スターゲートは私達を高次元のアセンション・タイムラインに連れてってくれるけど、ポータルは私達を同じタイムラインに留めながら空間を移動させてくれるといわれています。この説明は正しいですか?
COBRA - 完全に正しいとは言えません。
Aaron - ヴォルテクスはどのようにポータルと相互作用を起こしますか?
COBRA - ヴォルテクスはトーラス状の構造で、出入り口を作り出します。それらの出入り口を活性化すると、ポータルになる可能性があります。
Aaron - 地球のヴォルテクスはスターゲートとはどのような相互作用を起こしますか?
COBRA - スターゲートは様々な星系を超空間経由で繋ぐワームホールです。スターゲートからこの惑星の地表に届くのは、そのエネルギーの一片だけにすぎません。
Lynn - 太陽はポータルですか?
COBRA - ええ。
Lynn - 過去に、特にエーテル界では、ドラゴンがポータルやスターゲートを守ったと言われています。でも、闇の勢力は彼らの任務遂行を抑制しました。これについてもう少し話が聞けませんか?
COBRA - 確かにそれらのポータルの後見人としての職務を巡って、善良なドラゴンとカバールの間で対立が生じて戦闘が起きました。これはすでに幾千年も続いてきたことで、いまも続いています。
Lynn - 光の勢力による2017年2月のエーテル界解放で、いまのコンゴ・ポータルを守っているのはこれらのエーテル界のドラゴンたちですか?悪しき生命体は完全に締め出されたのでしょうか?
COBRA - そのヴォルテクスは解放されました。大成功でした。従って、そこでは善良な存在が多数現れて、情勢はゆっくりながら転換されていっています。
Aaron - まだ闇に支配されているそれ以外のスターゲートはありますか。
COBRA - スターゲートではありませんが、地上ではまだ支配されているヴォルテクスはいくつかあります。
Aaron - 支配されている数は多いほうですか?それとも少ないほう?
COBRA - 今はパーセンテージについては言えませんが、まだ多くは支配されているだけと言っておきましょう。
Aaron - ウクライナのキエフには、スターゲートがありますか?
COBRA - そこにはスターゲートはありませんが、ポータルはあります。
Aaron - いまのウクライナや第二次世界大戦で起きているすべての戦争はそれが原因ですか?
COBRA - そうではありません。いまはすでに掃討されていますが、そこの地下にはレプティリアン関連の場所がいくつかあって、極めて悪いエネルギーが定着していました。この悪いエネルギーに関してはまだ完全に浄化されていません。レプティリアンの地下基地は掃討されましたが、そこに付着した悪いプラズマはまだ残っています。
Lynn - 私達の体内にはスターゲートがありますか?
COBRA - 私達の体内のどの細胞にも、特にDNAの中には、ポータルになる超小型スターゲートがあります。私達のDNAはトーラス構造のバブルで、高次元へのポータルでもあります。
Lynn - そのポータルにアクセスできますか?
COBRA - ええ、できますよ。
Lynn - それを可能にするためのアドバイスは頂けますか?
COBRA - 説明は長くなるのでこのインタビューの中では無理です。私のカンファレンスではそれについて説明しています。アセンション・プロセスへの準備の一環としていくつかの技法を説明しています。
Lynn - ブログに書くのにも長すぎるのですか?
COBRA - 物理的にいてもらう必要があります。文章だけでは十分に伝えられないものです。
ドウム(斗母元君)について
Aaron - ドウム(斗母元君)についての追加情報はありますか?
COBRA - いまはありません。追加情報があるときはブログでお知らせします。
Aaron - 彼女は今も地表で人類に直接的な影響を与えているのですか?
COBRA - ええ、もちろんです。前もそう言いました。
Aaron - 私達が知りたいのは、それがどのように行われているのか、ということです。
COBRA - 彼女は意識の中で瞑想を通じて、地表で受け取る準備の出来ている者に向けて女神のエネルギーを送っています。
Aaron - 彼女の存在を私達の人生の中でどうやって呼び出しますか?日常生活に限らず、私達を自分の魂の任務にかき立てるには、彼女はどんなことを助けてくれますか?
COBRA - 彼女は私達の心の問題を解消するために来ているわけではありません。いまの地表には、女神の存在はとても強く望まれています。彼女は私達をその実現に近づけるためにやってきているのです。
女神の洞窟内のエネルギー
Lynn - イベント後、女神の洞窟の中にある女性エネルギーはどのように解放されるのでしょうか。
COBRA - そのエネルギーを守っているガーディアンがなんとかしてくれます。儀式というより、ある種のエネルギーワークをそれらの洞窟の中で行い、そのエネルギーを定着させるでしょう。いまは地下に潜んでいるガーディアン達が現れて、洞窟内のエネルギーに公然と働きかけるでしょう。
Lynn - これは惑星にどのような影響を与えますか?
COBRA - 惑星に多くのポジティブなエネルギーをもたらすでしょう。惑星のエネルギーはとてもとても大きく和らげられ、バランスを取り戻します。
Lynn - イベントの前にこのエネルギーが解放されることはありますか?
COBRA - ありません。というのは、そのために必要な特殊なエネルギー条件がそろっていないからです。それは圧縮突破の一部です。
女神とのコンタクト
Lynn - 様々な魂の任務のために、たとえばアフロディーテやアテナのような女神を呼び出すことは出来ますか?
COBRA - ええ、もちろんできます。
Lynn - 女神を私達の人生に直接関わらせる方法はどのように見つけますか?
COBRA - 様々な本がありますし、あなた自身の内なる導きや、それを見つけ出すための自己流の方法があります。インターネットにも多くの情報があります。私の過去ブログにもリンクされましたし、それから始めるといいでしょう。
UFOの目撃
Aaron - The Express や CBSのニュースで、過去16年間に比べて、UFOの目撃報告が三倍以上に膨れ上がっているとジョン・オースティンが報告しています。彼らはそれを UFO sightings desk reference とう本の中に掲載しています。アメリカ中から 121,000 件以上の、様々な形状のUFO目撃が報告されています。なぜ、このような目撃が起きているのですか?なぜそれがトップレット爆弾の起爆につながらないのですか?
COBRA - 目撃の多くは本物のUFOではありません。目撃件数が増えたというより、目撃を報告する人が増えたといったほうが正しいでしょう。いまは携帯電話ですぐ写真が撮れますし。それだけのことです。トップレット爆弾を触発させずに行われたコンタクトが一定数起きています。光の勢力は起爆させずに、踏み込める限界を正確に知っています。
識別力を鍛えるには
Lynn - ライトワーカーが識別力を鍛えるのに、お薦めの記事や、ためになるものはありませんか?
COBRA - 忘れている方が多いのですが、とても簡単なコツがあります。皆さん自身のハイヤーセルフとつながることです。真の識別力は、知的レベルでは獲得できません。魂のレベルだけで生じます。従って、魂との繋がりが十分であれば、真の識別力の成長が始まるでしょう。
電子式兵器
Aaron - 電子式兵器の現状はどうなっていますか?
COBRA - 状況はある程度改善されています。それらの兵器を使っている悪い派閥に対して、光の勢力はかなり厳しい行動や厳重な警告を与えたためです。状況が解消されているわけではありませんが、改善されています。
Aaron - カバールがそれらの兵器を二度と使用できないように、光の勢力は何かの足がかりを掴んでいますか?
COBRA - いま答えたばかりでは?
Aaron - カバールがこれらの電子式兵器を起動させないように、私達の自由意志を行使する上で、地上の人達に出来ることは何ですか?
COBRA - それに関する情報を広めるのはとてもお薦めです。最近、それに関係したリンクをいくつか投稿しました。この現実に多くの人を目覚めさせることができれば、その目覚めが状況の解消を早めるでしょう。
レジスタンス・ムーブメントについて
Lynn - レジスタンス・ムーブメントの人達は地下に住んでいて、彼らの主な地球外本部は冥王星以遠の惑星Xにあると言いましたが、地下基地と惑星Xにある本部の行き来はスターゲートを使っているのですか?
COBRA - 使われているのはテレポーテーション・チェンバーで、移動にかかる時間は大体10秒から最大でも20秒までです。
Lynn - 彼らは最近、南極でカバールのメンバーを片付けているのですか?
COBRA - 一部のメンバーはそれに取りかかっていますが、推測されているほど多くの人数ではありません。
Lynn - 彼らはエーテル界やアストラル界やプラズマ界でも作戦を展開することはできますか?それとも人類のように物質界限定ですか?
COBRA - レジスタンス・ムーブメントはそれらの高次元でもある程度のことはできます。それに取り組んでいる特殊部隊があります。
Lynn - 現段階で、惑星上における彼らの主な関心事は何ですか?
COBRA - 惑星上にある主力部隊はいま、地表の人間が自己破滅しないように、惑星の移行が無事済むように導いています。数ヶ月前に、私達は世界戦争になる寸前でしたが、それは食い止められました。
Lynn - 私達の瞑想は、彼らの惑星解放作戦をどのように強化していますか?
COBRA - 彼らに必要なのは、地表での瞑想による強いネットワークです。それが地表のライト・グリッドを劇的に強化し、大きな助けになります。彼らは地下に住んでいて地上には住んでいないため、これは彼らに出来ることではありません。地上の人々に適合する心理構造を持つのは地上に住んでいる人間だけです。地上のライトワーカーは地上の人間に似た心理構造を持っているため、それに共鳴するエネルギーフィールドで地上の人々をより効果的に転換できるのです。単純な話、地上の人々を心理的にかつエネルギー的に転換するには、レジスタンス・ムーブメントは余りにも違いすぎるからです。
Lynn - 私達の瞑想の規模や参加人数について情報をあなたに与えたのはレジスタンス・ムーブメントですか?
COBRA - ええ、そうです。
Lynn - 地上の人間がテレパシーで彼らと交信することは可能ですか?
COBRA - 可能です。いくつかの実例はありますが、そのテレパシー通信を受け取れるほどの十分な覚醒に達した人間が地上には非常に少ないため、ごくまれなことです。
Lynn - いま私達が直面しているいくつかの状況を彼らに伝えることで、どうにかなりますか?
COBRA - ええ。地上の人達の反応を彼らが理解するのは、時には大変なことです。単純に心理面では我々とかなり違いがあるからです。そのため、テレパシーまたはブログでの記事にもっと詳細に説明して彼らに伝えればいいでしょう。
ナノマシン
Aaron - 空気、水、ウィルス、さらに食品までを経由して、人工知能(AI)を内包している悪しきナノマシンが私達の体内に入ってきます。それが私達の体、健康や精神機能に対する影響を打ち消すには、どうすればいいですか?
COBRA - その主張には同意できないので、その質問には答えられません。数十年前にナノマシンはかなりありましたが、現時点の地球ではそれほど大きな心配は必要ありません。
Aaron - 同じ質問者からです。テレビまたは冷蔵庫から出てくるプラズマは、マトリクスの支配システムの一部ですか?
COBRA - これも心配するほどの大したことではありません。私達が今心配しなければいけない問題には入っていません。
Aaron - さらに続きがあります。それを前提に、ネガティブなプラズマ攻撃から自分を守るにはどうすればいいですか?
COBRA - テレビを見過ぎないことです。いずれにしても、それはいいことです。
Aaron - 私達の自由意志による宣言で、ナノマシンやAI、さらにプラズマによる妨害を封じ込める方法はありますか?
COBRA - いまその質問を答えたばかりです。大した問題ではありません。
Aaron - まだまだあります。ナノマシンを封じ込めるためのポジティブな増強または技術はありますか?
COBRA - そういう技術は過去にすでに使われていて、それによって問題は解消されました。
Aaron - イベント後に期待できるポジティブな技術は何がありますか?
COBRA - 基本的にすべて期待できます。肉体の治療、意識の拡張、無尽蔵なクリーンエネルギーなどの技術があります。イベントの後、比較的に早い時期に利用できるようになるでしょう。
ヤルダバオートの状況
Lynn - ヤルダバオートの触手の消滅について、あなたに提出したリンクについて、何かコメントを頂けますか?
COBRA - 質問はもっと具体的にして頂かないと。
Lynn - それは正確な情報を表していますか?
COBRA – こうしておきましょう。これはレジスタンス・ムーブメントからの情報ではないので、私には確認出来ません。
Lynn - 分かりました。いま何の話をしていたのか、視聴者の皆さんに理解して頂くために、ヤルダバオートの解消状況についての更新が載っている以下のリンクを載せます。ところで、ヤルダバオートの解消状況について、新しい情報を教えて頂けませんか?
https://www.disclosurenews.it/en/yaldabaoth-tentacles-removal/
COBRA - 作戦は非常に微妙な局面を迎えているため、今は無理です。今日のブログにも書いたように、6月中旬に新しい情報を出す予定です。
Aaron - 人間の中で起きた主な紛争の根源はどうも政治や宗教のようです。人類の進化にとって最大の敵や障害は教義であり、特に宗教や政治の教義であると言っていいですか?
COBRA - いいえ、そうは思いません。一番の障害は、キメラ・グループと彼らの持っている技術です。それが取り除かれれば、私達はいまにもファースト・コンタクトを手に入れることが出来ます。そうなれば一夜にしてそれらの教義は全て消え去るでしょう。
Lynn - この表現はあなたから見て正しいですか?「時間旅行は、空間の分岐を相殺しながら空間内で移動することである」。
COBRA - これは時空連続体の関係に対する解釈の一つです。4次元の時空連続体に対する解釈の一つです。空間と時間は陰と陽のように、お互いの鏡写しであり、いずれもソースと初期異常の間で行われた相互作用の産物です。
Aaron - これに賛同して頂けるかどうかわかりませんが、とにかくこれは質問内容です。「死は存在せず、私達は実質的にお互いの人生を体験している。死は人間が作り出した概念であり、もともと存在しない。私達は皆、あなた、自分、誰かのいわゆる人生という過程を体験するだろう。私達はみな同じ人生の過程の一部であり、死という体験によって隔てられているだけだ」。この言葉について何かコメントして頂けませんか?
COBRA - 死は事実であり、多くの人はそれを体験したと思います。死とは、別の次元への移行であり、私は現実にあるものだと思います。
倫理観
Lynn - 倫理観に基づいて物事を正しいか間違っているかで判断するより、倫理観は思いやりに基づく考え方で、その事実でもあるといっていいですか?
COBRA - 倫理観ね。私も今の説明と同じ考えです。真の倫理観は、魂の内なる声を反映したものであり、それが物事を正しいか間違っているかを判断しています。外の誰かに教えてもらったものではありません。それは、誰かに危害を与えたくない、いいことをしたいというあなた自身の内なる声です。
エネルギー兵器による攻撃
Aaron - 物議を醸したエネルギー兵器による攻撃について、新しい情報はありませんか?トップレット爆弾の除去と非活性化についての新しい情報も是非。
COBRA - 指向性エネルギー兵器に関しては前にすでに回答しました。トップレット爆弾の除去に関する情報も、同様に6月中旬以降になります。いまはとても影響を受けやすい作戦が進行中なので、話せません。
イベント関連
Lynn - 台湾のカンファレンスで、再評価される通貨は期待ほどの高い値にならないだろうとあなたは言いました。また、全員の共通した思いや強い気持ちにより、人々に放出されるお金は最終的に実現されるだろうとも言いました。通貨の再評価への取り組みはすでに10年以上も続けられていて、その努力は最終実現を迎えるまでは続けられると言いました。これは視聴者の間でも人気のテーマです。それについて何か加えることはありますか?
COBRA - 付け加えておきたいことがあります。金融リセットについての解釈は様々ありますが、事実に基づいていないものが一部にあります。それはある特定の通貨の再評価に関するものではありません。すべての通貨の再評価というものでもありません。それは惑星上の金融制度全体の完全な再構築であり、再評価はその小さな一部にすぎず、最重要な部分ではありません。「手っ取り早くお金持ちになれる企画」みたいなものではありません。どちらかというと、世界の金融制度を修復するためです。これは世界の金融制度の波動周波数を引き上げる変革です。こうして世界の金融制度を盤石にすることで、人類がより高次元の意識へ移行することが可能になります。(説明ありがとうございます。よく理解できました。)
Aaron - イベントでは、太陽から発せられた特別な光によって地球や人類が満たされます。その光と愛のエネルギーの中で人々は落ち着かせられます。それは地球で未だかつて見たことの無いエネルギーです。銀行システムは止まり、口座や通貨がリセットされ、逮捕が行われます。イベントについて、今日の視聴者に対して何か新しい情報はありませんか。
COBRA - とてもいい説明です。その通りだと思います。それだけで十分です。皆さんがそんなイメージを持っていてくれれば、移行はもっと楽になるでしょう。
Lynn - コブラ(COBRA)は COmpress BReAkthrough (圧縮突破)を意味します。地表はサンドウィッチの中にあるように、強く増していく光による圧力を感じつつ、変わるべき全てのものを表面化させます。と同時に、それは地下からやってくる光の勢力と宇宙からやってくる光の勢力が合流する地点でもあります。あなたは COBRA というコードネームを選ぶに当たって、他の理由はありますか。
COBRA - ありません。いま話した理由で完璧です。
Lynn - これは悪しき爬虫類(レプティリアン)を表したものだと主張する人がいますが、彼らになんと答えますか?
COBRA - そのような印象を引き起こされた人達には、なぜそれを悪い方へととらえるのか、自分自身に問いかけて頂きたいです。彼ら自身の中の何かを映し出しているのかもしれませんね。私はすでにその意味を明確に説明したので、これ以上言うことはありません。
Aaron - 一部の自称教祖はイベントがすでに起きていると主張しています。そのうちにやってくるイベントはドラマチックな瞬間で、誰もがそれが起きていることを知っているとあなたは言っているので、彼らの主張は間違っていると私は思います。そういう人達にはなんと言えばいいのですか?
COBRA - イベントがすでに起きていると主張している人達には何も言うことはありません。でもそれ以外の人たちには知って頂きたいことがあります。イベントが今起きているかどうかを確認するには、自分の周りを見ればよいと思います。いつも通りの毎日なら、イベントはまだ起きていないということです。
魂と肉体について
Lynn - ある人間の肉体から、別の肉体へ魂を転送する技術というのはありますか?
COBRA - あります。
Aaron - 人間が魂を持たずに肉体として生きることは出来ますか?
COBRA - 出来ません。不可能です。
Aaron - ということは、(魂のない)彼らが考えたり、話したり、歩いたりすることも出来ないのですね?
COBRA - 魂は肉体の中に宿っています。魂がなければ、ただのロボットです。生き物ではなくなります。
Aaron - 人類の6%はサイコパスと言われています。魂を持たぬ、共感などの基本的な感情を全く持たない人間のことです。彼らは苦しむ人間からエネルギーを吸い取っています。これについてはどう思いますか?
COBRA - 彼らが魂を持っていないのではありません。彼らは魂と意識レベルで、繋がりが切れただけです。彼らの魂は存在していますが、脳の中の共感を動かす部分とは意識レベルでつながっていないのです。
アルコンについて
Lynn - アルコンは魂を持っていますか?
COBRA - ええ、アルコンも魂を持っています。
Aaron - アルコンは地球の食物連鎖の頂点に立っていて、人間の感情を摂取していると言われていますが、これは正しい認識ですか?
COBRA - 彼らは食物連鎖の頂点に近い位置にあります。頂点にあるのはキメラグループです。
Aaron - アルコンとは誰のことで、人類社会や人間の意識に対する彼らの役割や、彼らがもたらした影響についてもう一度教えて頂けませんか?
COBRA - 彼らはアンドロメダ銀河のある領域からやってきた魂の集団の一部です。人間の生まれ変わりのプロセスを司っているのはまさに彼らです。彼らはカルマの神などと呼ばれています。人類の霊性を抑圧してきたのも彼らです。いわゆる宗教教義という一神教を作り出したのも彼らです。
Aaron - ということは、彼らは相当の悪人ですね?
COBRA - ええ。
キメラ・グループについて
Lynn - 今度はキメラと、惑星上の彼らの役割について説明して頂けませんか?
COBRA - これはアンドロメダ銀河からやってきたもう一つの魂の集団です。彼らは技術寄りで、彼らの目的は地球の隔離状態を維持して、人類を隔離して奴隷化することです。彼らはそういうことをやっているのです。
Aaron - ドラコは排泄物を汗として皮膚から排出しているから、強い尿臭を放っていると言われています。また、彼らの血液は腐食性でヤケドになるので用心しなければなりません。彼らの生命維持に必要な器官の殆どは脇の下や股間に位置しているとも言われています。これらの主張は正しいですか?
COBRA - 一部は合っていますが、一部は違います。彼らの生理機能は惑星上の特定の動物の生理機能とよく似ています。それほど大きな違いはありません。
Lynn - 太陽と空は液晶のマトリクスですか?
COBRA - 違います。それはワンネスの反射であり、疑似的な水晶グリッドといっていいでしょう。
Aaron - ロブ・ポッターとの最新インタービューで、何年か前に地下基地を失ったネガティブ・ミリタリーについてあなたは言及しました。Tolec も何年か前に、アンドロメダ人とプロキオンなどの5次元存在が協力して地下基地に残っていたレプティリアンの除去に懸命に動いていたと言っていました。もしこれが何年も前に起きたことなら、地球上の権力者を支配して我々に邪悪な行為を続けているのは誰なのか、説明して頂けますか?
COBRA - 何年か前にレプティリアンはまだ取り除かれていません。少し前まで、まだ少数が残っています。いままで、いまも悪しき行動を起こしてきたのはカバールです。
訳注 : 質問はピンボケな感じですが、それに対するコブラの回答もあやふやになります。解釈のしようがないので、原文通りに訳しました。
Lynn - 以前のインタビューで、北朝鮮はイエズス会や西側に支配されたカバールの特定派閥による実験室だとあなたは言いました。彼らの真の狙いは何で、何を果たそうとしているのか教えてください。
COBRA - 北朝鮮を支配しているのはイエズス会ですが、その背後にいるのはアルコンです。アルコンは巨大な強制収容所となる国家を作ろうとしています。それが成功したら、それを世界中に広げていこうとしているのです。けれども、彼らのこの計画が実現することは決して許されないでしょう。
Aaron - 西側にある現行の通貨制度といえば、FRB(連邦準備銀行)、IMF(国際通貨基金)、世界銀行と SWIFT (国際銀行間金融通信協会)があります。一方の東側には、PBOC(中国人民銀行)、AIIB(アジアインフラ投資銀行)、BRICS と CIPS (クロスボーダー人民元決済システム=人民元版SWIFT)があります。破綻する西側の不換紙幣制度の支配から逃れるために、東側は彼ら自身の通貨制度を作りました。でも私の理解では、西側のオイルドル制度はいまだに非常に強力で、東側の通貨制度にとっては手強い競争相手になっています。あなたから見て、アメリカや世界にとって、この二つの現行通貨制度の現状と、今後の展開がどうなっていくのか、教えて下さい。
COBRA - 単純に言えば、東側の新しい代替制度がどんどん強くなっています。西側の古いオイルドル制度はどんどん弱くなっていて、いつかは同等になり、そして東側が優勢に回るでしょう。これは時間のかかるプロセスですが、イベント前後では大幅に加速されるでしょう。その後、東側の新しい制度が金融リセットの屋台骨になります。
Aaron - それは惑星にとってよいことですね。
COBRA - ええ、当然です。
Lynn - ペドフィリア(小児性愛)のネットワークはカバールのアキレス腱で、彼らの破滅を招くことになるのでしょうか?
COBRA - 彼らの破滅の原因の一つになります。彼らがなしたことのすべては、彼らの破滅を招くことになるでしょう。彼らはあまりにも多くの分野で羽目を外しました。これはその一つにすぎません。
Aaron - 私もロブ・ポッター同様、ウランティア・ブックを広範囲に研究しました。その中で、神を七層の存在として、そのうちの一つは楽園創造者の神の子だと呼ばれています。それぞれの銀河には創造者としての神の子が割り当てられています。宇宙にある無数の銀河には、それぞれの創造者としての神の子はミカエルという共通の名を持っています。私達の天の川の銀河のミカエルはイエス・キリストです。これはあなたがレジスタンス・ムーブメントのリーダーと言っているマイケルですか?
訳注 : 英語ではどちらも Michael で、マイケルと呼びます。日本だけ天使として呼ぶときはヘブライ語読みのミカエルで、現代人に当てはまる場合は英語読みになります。
COBRA - 違います。それは絶対違います。
Lynn - 核兵器やEMP兵器が銀河連合の支配下にあり、私達がその危害を被ることは決してないと信じていいですか?
COBRA - すでに多くの人が経験したように、銀河連合勢がそれらの兵器を完全に支配しているわけではありません。EMP兵器の大半は支配されていますが、指向性エネルギー兵器はその限りではありません。状況はよくなっていますが、完全に解消されているわけではありません。
アメリカの政治について
Aaron - 主流メディアは相変わらずロシアとトランプ政権の結託について偽の筋書きを放送し続けていますが、ロシアが正義の味方で、アメリカの内政にはちょっかいを出していないと、安心していいですか?
COBRA - ロシアはアメリカの内政にちょっかいを出していません。ロシアの干渉に関する偽情報を作り出したのは米国内のディープステートである証拠は沢山あります。もちろんこれはディープステートが自体の存在を隠し、アメリカの情勢を操作するためです。
Lynn - もし民主党と共和党の二大政党が実は同じ害鳥の両翼だとしたら、共和党に対する民主党のリベラル狂信派の度重なる攻撃やら、ロシアの干渉やら、そういったガラクタ情報はどうやら私達をかかりっきりにして、馬鹿げた話に付き合わせることで、本当に重要なことを見落とさせるために丹念に仕組まれた工作のように思います。これについてはどう思いますか?
COBRA - 実のところ、カバールの最高指導部は左翼と右翼陣営の間で二極化を仕掛けることで、左派と右派の対立をできる限り作り出そうとしています。この人々を二分する彼らの作戦はかなり成功しています。実際昨年の大統領選以来、米国内では非常に強い二極化が起きており、カバールだけはその恩恵を受けているのです。左派が悪いとか、右派が良いとか、あるいはその逆とか、どちらでもありません。なるべく多くの分裂が起きるように、両派ともカバールの最高指導部によって操作されているだけです。
Aaron - 空中のケムトレイル、遺伝子組み換えや食品中の毒素、海洋での廃棄物、地下水の汚染、それと忘れてはいけないのがワクチンで、絶えず私達に押しつけられたこの化学攻撃に関して何か進展はありましたか?
COBRA - この分野では、いまはまさに戦いが行われている最中です。というのも、数年ほど前までに存在していなかった高い意識が生まれて来ているのです。そのお陰で、光の勢力はこの状況をある程度改善することができました。でなければ、状況は悪化していたでしょう。
Lynn - 2015年の国連予測では、2060年までに世界の人口は100億になります。彼らのアジェンダ21や2030年計画や優生学プログラムについてコメントして頂けませんか。また、将来の世界人口についてもお願いします。
訳注 : 原文の質問内容が「世界人口が2015年までに百億」と明らかにおかしいので、正確な情報に置き換えました。
COBRA - 世界の人口はゆっくり増えていくでしょう。過去も失敗しているように、彼らの人口縮小計画は成功しないでしょう。但し、イベントの後は新しい均衡状態になるので人口がこれ以上増えることはありません。
Aaron - 最近のレポートによると、イスラム教徒は移住した先の国に問題なく同化できているそうです。さらに、イスラムの過激思想やISISの影響を受けやすいのは、あまり教育を受けていない若いイスラム教徒で、移住問題の根源でもあると指摘されています。これについては何かコメントを頂けませんか?
COBRA - この状況全体を操って作り出したのもまたカバールです。テロリストと呼べるのは一定の割合いて、彼らは避難民に紛れて特にヨーロッパを不安定な状態に陥れようとしています。これはイエズス会の大規模計画の一部です。
Aaron - 彼らはこの問題の拡散に何かの成果を出しているのでしょうか?
COBRA - 水面下ではいくつのことが起きていますが、私がそれを公表する権限を持っていません。ただ、問題は抑えられたとだけ言っておきましょう。
Lynn - 若者問題といえば、どうも民主党は若い人達や情報に疎い人達、さらに音楽や娯楽産業の人達に迎合しているようです。政治に無関心で、主流メディアから流れてくる情報は何でも信じてしまう若者が多いようです。一方では、ある程度の経験を積んでいて真実を見極める素養のある人達は民主党のプロパガンダに騙されにくいようです。これについてもコメントをお願い致します。
COBRA - もう一度言いますが、この左翼と右翼の二極化は人為的に作り出されたものです。どちらかがよい、どちらかが悪いということではありません。どちらも世論を二極化しようとするカバールの手の中で転がされているだけです。
Aaron - 最近、デービッドウィルコックが遙か昔の地球内部や月内部に住んでいた巨人族について語っていました。これらの存在の身長は21mから30mもあるそうです。全く初めて聞いた話でした。これは事実ですか?
COBRA - 過去に巨人族が地球に住んでいたことは確認出来ますが、身長までは確認出来ません。
Lynn - 財布も腕時計も携帯電話も奪われていなかったのに、セス・リッチ(訳注:民主党全国委員会の若い従業員)が昨年殺害された事件はしくじった強盗事件だと、ワシントンDCの警察に片付けられています。ウィキリークスに民主党の電子メールを漏らしたのはセスだという主張があります。民主党が電子メールの漏洩事件をロシアのせいにしたのも、気がつけば徹底調査の試みがいつも妨害されたのも、それで頷けます。もし真実が公開されたら、民主党のロシア責任説を完全に覆すきっかけになると思いますか?
COBRA - 繰り返しますが、この裏側にはもっと大きな狙いがあります。つまり、ディープステートはディープステートであり続けたいという目的です。彼らは晒されるのがいやなのです。
Aaron - ドナルド・トランプが選ばれた以降、新しいタイプの愛国主義が現れたようです。この90日間、アメリカが正しい道に戻されたという意味では大きな進展があったように思います。この2ヶ月間、トランプは泥沼に陥れられ、ディープステートに犠牲を強いられたようにも思えます。アメリカや世界が明るい未来に進み続けているととらえて安心していいのでしょうか。
COBRA - 明るい進展は続くでしょうが、それはトランプによってもたらされるものでもなければ、地上の政治的な陰謀によるものでもありません。人々が現実に気付き、個人としても集団としても行動を取り始め、世界全体の意識の転換が起きることで、はじめて明るい進展がやってきます。
Aaron - 次の質問です。南シナ海での島の領有権に関する中国との紛争に対して、ドゥテルテ大統領がアメリカになびかないことを決めましたが、おかしくないですか?彼はむしろ最大の敵である中国やロシアと友達になりました。そして、彼がロシアでプーチンに訪問していたとき、イスラム国はミンダナオ島を占拠しました。ドゥテルテ大統領は戒厳令を布告しました。筋書きに従わないことで、アメリカはISILの代理軍隊でフィリピンを罰しているように見えます。これについてもコメントを頂けますか?
COBRA - フィリピンの大統領は事実を知っていて、それに基づいてつく側を決めて、行動で表しているのです。
Lynn - イランがグローバル・テロリズムに資金提供して助長しているとトランプ大統領が公然と吹聴していますが、事実はその真逆です。何故彼はこんなことをしているのでしょうか?
COBRA - 彼はイエズス会の道具で、アメリカとイランの溝を深めるための従来計画に従っているだけにすぎません。トランプとサウジアラビアの取引の裏側にも同じことがいえます。
Aaron - アメリカはいつもベネズエラを侵略して政権交代を起こそうと望んでいるはずですが、何がアメリカを止めているのですか?
COBRA - 南中米には非常に善良な集団がそれを防いでいるとだけ言っておきましょう。
Lynn - マンチェスターの爆弾事件は明かな偽旗による襲撃で、極めて重要な英国選挙の17日前に起きたのもとても気になります。それについては何かコメントを頂けますか?
COBRA - これはイギリスの警備を厳重にするために仕掛けられたものです。ここで言えるのはこれだけです。
ロスチャイルド家について
Aaron - 先週、すべてのNATO加盟国が国家予算の三割にあたる額をNATOに供与するような協定に調印するように、ロスチャイルド家は強制しようとしました。これについては何か付け加えて頂けますか?
COBRA - それは彼らの幻想にすぎません。そんなことは決して起きないでしょう。彼らはお金に困っているのです。資金が底をつき始めているため、彼らは世界中を駆け回って物乞いしているのです。
Lynn - ロスチャイルドは Cestui Que Vie 基金の完全な所有権を主張しました。カカシの出生証明書とも呼ばれるものです。でもそれは阻止されました。何かコメントは?
COBRA - 彼らは欲しいものなら何でも好きなだけ所有権を主張すればいいと思います。でも彼らがこれらの世界中の財宝の持ち主になることはないでしょう。彼らはイエズス会やバチカンのための世話人にすぎませんでした。また、惑星の金融制度に対するロスチャイルドの隠れた影響力を削ぐため、手はいくつか打たれました。最近その効果は出ているようです。
Aaron - 先週、トランプ大統領はサウジアラビアを訪れて兵器売買の調印をしました。アメリカはすでに数ヶ月間も破産状態になっているため、現金を切実に必要としています。サウジアラビアはOPECを通じてアメリカに対して、ドルの換金による石油価格の操作を脅してきました。でもお金を支払っても兵器が届くことはないと言われています。何かコメントはないですか?
COBRA - 実のところ、オイルドルを維持するために、このような取引は数十年間も繰り返し行われてきました。よくある話です。
Lynn - 先週、トランプ大統領はローマ法王も訪問しました。密室の会議で、ロスチャイルドは貴族ではなく、強い影響力も主権もないという事実をトランプは告げられました。法王はトランプに資産を与えるとロスチャイルドは約束していたのです。この会議について、何か付け加えることはありませんか?
COBRA - ロスチャイルドが真の貴族階級ではないことはもはや常識です。彼らはそれを証明できません。実のところ、彼らは18世紀の商人階級に属する商人家の出身です。彼らが隠そうとした劣等感の一つでもあります。これはロスチャイルドの力を削ぐために行われた心理作戦の一部です。
Aaron - ロスチャイルドは SWIFT や CIPS のような銀行送金システムの故障を起こそうとしました。このシステムからお金を盗み出すため、彼らは必死です。私達はゴール前の直線区間に入っていると言われていますが、これについてコメントをお願いします。
COBRA - イベントの直前なら、私達はゴール前の直線区間に望むことになるでしょう。でもいまはまだその時期ではありません。
Lynn - NATO はアメリカ派のナチスとともに総力戦を押し進め続けています。彼らは30兆ドルの資金を持っていて、ノルウェーではかなりの軍勢もあります。何かコメントはないですか?
COBRA - その発言には賛同できませんね。
Aaron - 聖杯の修復はその他のあらゆる協定よりも優先されるべきです。さすれば偽の支配者はいなくなります。紀元300年以降にでっち上げられた書類も無効になり、最後に封印されます。すべての人間は君主になります。彼らはソースの声に導かれました。人々は奴隷から解放され、人類の基金に対する盗みもこれで終わりです。聖杯の修復に関して、何か情報を添えて頂けませんか?
COBRA - これも進行中のプロセスで、イベントの瞬間に完結するでしょう。地上に霊的奴隷化をもたらしたのは古いシステムですが、そのエネルギー背景を解消している善良で強力なオカルト勢力があります。
Lynn - 2017年5月16日(火)に、地球が黄道面と同じ角度にあるチューブを通過するように、あるポータルが意図的に開かれたそうです。地球は通過する直前に止められました。それが今週までに均衡状態に保たれています。奇妙なエネルギーを感じ取れる人もいます。これが実際に起きたのでしょうか?
訳注 : 原文は elliptical plane =楕円面になっていますが、それだと意味不明なので、ecliptic plane (黄道面)の間違いかと思います。
COBRA - これは起きていないことだけは絶対に断言できます。
Lynn - 脱出の試みはもう一回あって、でもそれも失敗するだろうと予言されていて、それ以降の脱出戦略はもはや存在しないと言われています。これは確認できますか?
COBRA - いいえ、できません。
Aaron - 均衡状態と言えば、熱気球で上昇する実験に関するユーチューブの動画があります。2012年10月14日に行われたレッドブル層雲ミッションです。彼は3時間をかけて39キロ上空まで上昇しました。彼が離陸したのはニューメキシコ州のロズウェルでしたが、気球から飛び出して着陸したのもロズウェルでした。地球の自転により、着陸地点はカリフォルニアの海岸になるはずだと予想されました。そんなことはあり得るのですか?それとも、平らな地球についてのでっち上げですか?
COBRA - あの飛行軌道なら完璧です。何も間違っていません。彼は着陸すべき場所に着陸していましたよ。
Aaron - つまり、平らな地球論や地球自転との関連についてはデタラメなのですか?
COBRA - 平らな地球論はライトワーカーやライトウォーリアを混乱させ、分裂させるために CIA が作り出した馬鹿げた話です。実際にそれを否定する強力な証拠が沢山あります。あまりにも明白すぎて、これ以上話すのは止しましょう。
Lynn - 地球を支配するマトリクスへの開始アクセスはスイスにある3つの異なる湖にあり、スイスは中立宣言をすることでそれを守っているという人がいます。この話の信憑性はありますか?ロングアイランドとは関係ありますか?スイスに合わせる瞑想のエネルギーも必要なのですか?
COBRA - それは事実ではありません。スイスには、善良なテンプル騎士団がとても強い存在感を示しています。本当はあそこで非常に素晴らしいことが起きていますよ。
Lynn - 私達の掌紋はそれぞれ違います。手足の模様で、どこの星からやってきた種族かを関連付けることができますか?特定の星からやってきた種族であることが分かるような模様はありますか?
COBRA - あるとは言えませんが、特定の星系からやってきた個人で、その星系に関連する個人的な模様を皮膚に示す場合はあります。
ライトワーカー内部の闘争について
Lynn - いけないと分かっていながら、多くのライトワーカーは内部闘争や不和を起こすように仕掛けられています。周りの圧力を感じることがあります。この状況の激化を防ぐために、何か出来ることはありますか?
COBRA - それは基本的に選択と決定の問題です。これらはすべて企てられたことをまず理解した上で、挑発に乗らないように決定を下す必要があります。やるべきことはそれだけです。後はあなた次第です。自分への挑発に乗るかどうか、選ぶのはあなたです。それぞれの状況に対応して下さい。
マイトレーヤについて
Lynn - マイトレーヤ(弥勒)というアセンデッドマスターについて何か知っていますか?
COBRA - マイトレーヤはキリストと言われている人物と同じです。彼はシリウス星系からやってきたアセンデッドマスターで、人類に無条件の愛情という意識をもたらそうとしています。
Lynn - 高次元への移行に協力してくれるためにも来ているのですか?
COBRA - ある意味ではそう言えます。
イルミナティとエジプト信仰
Aaron - いよいよ締めくくりの質問になります。イルミナティと、イシス信仰、オシリス信仰やホルス信仰の間には何か関連がありますか?
COBRA - イルミナティにもミステリースクールがあって、古い秘密の断片を持っていましたが、彼らはそれを変な歪み方で解釈しています。本人の限られた理解の中でイシスやオシリスやホルスを信仰している者も確かにいます。それが彼らにとって光とつながる唯一のものであり、彼らを光側に転換するための光の勢力の努力を助けてもいるのです。
Lynn - 今日は沢山の分野で質問にお答え頂き、どうもありがとうございました。本当に感謝します。
Aaron - 本当に素晴らしい回答をいくつも頂いてありがとうございました。
COBRA - ありがとうございました。
Lynn - 光の勝利をあなたに!
COBRA - 皆さんにも光の勝利を!解放がもうすぐやってくることを願っています。
Lynn - 終わる前に何か言いたいことはありますか?
COBRA - 数分前に言いましたが、挑発に乗らないように、助け合って、支え合って、光のお手本になるように自分の決定を下して頂きたいです。これは非常に重要なことです。
Lynn - 素晴らしいですね。そうしましょう。ありがとうございました。
COBRA - ありがとうございました。Victory of the Light!

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

2017年6月2日金曜日

チンターマニ・グリッド・ガイドライン

世界中でチンターマニストーンを埋めたい方のために、いくつかの助言やガイドラインを書きました。
コブラの推奨によると、適切な活性化を作り出すために必要な大きさは石一つの場合は、最低でも2~3グラムで、3グラム以上が望ましいです。2g以下の小さい石を同じ穴に一緒に埋めることも可能ですが、その場合は合計で最低でも4g以上で、合計5gが望ましいです。
一つの地点に埋めるグラム数が多ければ多いほど、活性化の効果が強くなります。
チンターマニストーンを別種類のいかなる石や物質とも一緒に埋めてはいけないとコブラは求めています。エネルギーのパターンが違うので干渉するためだそうです。
できることなら、タキオン化された石を使って頂きたいです。より強い活性化をもたらすからです。
自分の個人用のチンターマニストーンを持つことをお薦めします。イベント発生で銀河のウェーブがやってくるとき、このチンターマニストーンがそのウェーブのエネルギーをあなたのエネルギー・フィールドに定着させるための重要な道具になるからです。また、このチンターマニストーンはあなたの魂の旅から、あなたを守ってくれるのに役立つでしょう。
埋める場所に関して言えば、一番重要なのは、石が安全で同じ場所に留まることです。植木鉢の中の土ではなく、直接地面の土壌に埋め込むことで、その共鳴効果を上げることが出来ます。水の中でも強い効果をもたらしますが、水が流れる場所に置く場合は石が流されないように気をつけて下さい。
また、単独で最低3g以上の石をなるべく海岸から離れた遠い沖の海中に石を投げ込むように、光の勢力から要請されています。
土の中に埋める場合は深ければ深いほどよいです。理想は30cm以上の深さですが、深く掘れない公共の場所の場合は、石がその場に留まるように最善を尽くせば良いでしょう。
石を埋める場所ですが、もっとも重要なのは、自分自身の導きに従うことです。どこに埋めてもいいです。いま私たちはクリティカル・マスに到達するために世界中でなるべく多くの石を埋めるように努めています。だから、光を必要とする場所、強いエネルギーを感じる場所、地質的にまたは環境的に何かを具現化したい場所など、どこでも自由に埋めて下さい。
私たちは埋められた石について知りうる限りの情報をデータベースにとっています。石を埋めたら、untwine1@yandex.com までお知らせ頂ければ幸いです。
どこに埋めるべきか、私が助言できる場合もありますが、私が個人的に全員に指導できないし、そうすべきでないこともわかって下さい。従って、私の知っている限り、特に重要な場所やまだ埋めたことのない場所についてのみ、返事することになるでしょう。もし私の返事をもらえていない場合、自分の導きや、ソースとの繋がりに従って行動して頂きたいです。
活性化への寄与度に関して言えば、埋めた石が無事であれば、どんなことをしても大丈夫です。石の純度や本質が保たれている限り、活性化は起きます。光の勢力は起きていることを全て監視しており、活性化や定着をやってくれます。
もちろん、もし導かれたと感じたのなら、瞑想を加えるのもいいでしょう。たとえば、セントラル・サンから送られてくる輝く光の柱が埋めた場所を通って地球の中心まで届き、さらに空に戻っていくのをイメージしてみるとか。女神ヴォルテクスの技法を使うのもいいでしょう。
紫の炎も、AN転換の白い炎も、導かれたと感じたものは何でもかまいません。
活性化の及ぶ範囲ですが、埋めた石の1グラムあたりに直径5kmのヴォルテクスが生成され、ベールの上まで届くでしょう。
幾何学模様による埋設ですが、まず知って頂きたいのは、単独の石一つだけでも活性化が行われることです。
その活性化の効果は、7つの石を「シード・オブ・ライフ」のパターンで埋めることで強化できます。これは六角形の形とその中心点を加えたパターンで、石と石の間隔は最大で7kmを保って下さい。この模様は宇宙で最も普遍的なパターンとは言わないまでも、それが安定で有用な形状であることに変わりはないでしょう。これはベクトル平衡、フラワー・オブ・ライフ、大半の水晶の分子構造、プラトンの立体やメタトロン・キューブなどの基本でもあります。
訳注: この説明によると、このパターンによる強化効果を得るためには、石の間隔は7km以内が望ましいと言うことです。但し、続く説明にもありますが、これはあくまでもシード・オブ・ライフの話で、この外側に展開されるフラワー・オブ・ライフになると、当然距離が10km以上に広がります。
数日前に、イギリスのエイヴバリーあたりで、チンターマニストーンによるシード・オブ・ライフが埋設された直後の24時間以内に、次のミステリー・サークルがその近くに現れました。
このシード・オブ・ライフの周りに12個の石を埋めることで、フラワー・オブ・ライフの形を作り出すことが出来ます。
これを広げていくと、連続したフラワー・オブ・ライフを作り出すことが出来ます。
但し、もう一度言いますが、たった一つの石だけでも活性化を作り出せます。導かれたと感じた時だけ、自分に出来ることをやりましょう。
この監獄地球にとらわれたすべての生き物は安らぎを大いに必要としています。そのため、もしあなたに協力できることがあれば、なんでもいいので、チンターマニストーンでなくてもいいから、ためらわずにやってください。この二年間、このプロジェクトに協力してくれた皆さんに感謝します。最終突破までこの勢いを是非続けて行きましょう。
Victory of the Light

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

2017年5月30日火曜日

チンターマニ・グリッド

2017年5月29日
前回のチンターマニ報告以来、地表のチンターマニ・グリッドは大幅に強化されました。
南極では、二つの石が戦略的な重要地点にそれぞれ設置されました。
いま、世界中の海底や洞窟に、多くの石が次々と埋められています。
ロング・アイランドなど、地球上でもっとも重要なヴォルテクス地点がある地域で、献身的なチームがチンターマニストーンをフラワー・オブ・ライフ状に埋設してくれています。
ロングアイランドのフラワー・オブ・ライフ設置マップ:
成都のフラワー・オブ・ライフ設置マップ:
ほかの地域にもチンターマニストーンがたくさん埋められていますが、特に東アジアは多いです。
2017年始めに、フラワー・オブ・ライフ状に配置された最初のチンターマニ・グリッドが完成されました。それ以来、東アジアではクラウドシップの目撃体験が劇的に増えました。
これらのクラウドシップはクローキング(隠蔽)された銀河連合の母船で、ATVOR の光柱を作り出して、それを埋設されたチンターマニストーンに降ろして、初期異常の浄化をしているのです。
訳注 : ATVOR技術はAN転換を用いた光柱技術で、初期異常の解消に使われています。
地球のライト・グリッドを具現化するため、惑星周りのチンターマニ・グリッドは重要な道具の一つです。地上のどこかにチンターマニストーンが埋め込まれると、巨大な天使がその地点に降り立って定着し、直径数マイルのエネルギー・ヴォルテクスを作り出します。
惑星周りに定着した天使の数がクリティカル・マス(臨界数)に到達すると、ヤルダバオートという生命体の頭は消え始めるでしょう。ヤルダバオートの頭の消滅に関する状況更新報告は、光の勢力がいくつかの特定作戦を遂行した後の6月中旬以降に予定されています。
また、主流のレイブ(ダンス音楽中心の)文化の中で、善良なETとのコンタクト体験を促進するために、世界中にある多数のダンスフロアにもチンターマニストーンが埋設されています。
あなたの個人用チンターマニストーンは、イベントが起きる時、あなた専用の圧縮突破エネルギーの導管になります。
一方、世界中の地中に埋め込まれたチンターマニストーンは、惑星のチンターマニ・グリッドの一部となり、イベントが起きる時、惑星のための圧縮突破エネルギーの導管になります。
私はもう一回分のチンターマニストーン出荷を提供するように導かれました。次のリンクでご購入頂けます。
また、私のチームが打ち上げたストラトプローブ5(StratoProbe 5)という近宇宙にある宇宙船にも、限定数のチンターマニストーンが置かれました。ストラトプローブ5は上空34kmの最大高度に達しており、その高度で撮った写真からも、地球の曲面をはっきり示しています。
これらのチンターマニストーンは、ベールの向こう側にある最も純粋な光の宇宙エネルギーに数時間浸されており、それらのエネルギーを石の中に封じ込めています。こちらのリンクでお求め頂けます。(訳注: 単価 140ユーロで、Paypal で約 18,000円になります)
Victory of the Light!
翻訳後記: コブラもチンターマニマップを堂々と貼ったところで、ここでいくつかの事実だけをお伝えしておきます。文中にも出ていますが、チンターマニストーンを埋めると、天使が降りてきて直径数マイル(つまり最低でも2マイル=3.2km)のエネルギー・ヴォルテクスを作り出します。実はこのコブラの記事より一週間前に、すでに台湾のリーダー Anthem さんから具体的な情報を入手しています。それによると、チンターマニストーンが作り出すエネルギー・ヴォルテクスの大きさは、その石の重さに比例し、グラム単位で直径5kmのヴォルテクスが形成されるとコブラが言っています。台湾ではすでに年初までに、2g以上の石で10km間隔のフラワー・オブ・ライフを台湾全土の展開に成功しました。それが台湾カンファレンスのあの素晴らしいエネルギーをもたらしました。石をフラワー・オブ・ライフ状に配置するプロジェクトも、グラム単位の5km効果に関する認識もすべて昨年秋から出来たものです。残念ながら、これらの情報は日本には全く伝わらず、日本だけは何故か2kmルールという存在しないルールが長らく一人歩きしていたというのが実情です。2kmルールが存在しないことは、昨年12月にコブラから訳者も直接確認しました。このような状況がなぜ出来たのか、その捉え方はすべて皆さん一人一人の学習体験になります。なお、ご自身の判断をくれぐれも他人に押しつけたりしないで頂きたいです。それぞれの自由意志で判断して頂ければ幸いです。自分で考えて出した結論こそ、あなた自身の成長になるのですから。

コブラによる追加情報: (17年6月3日)
石を自力で買えないライトワーカーやライトウォーリアたちのために、無料配布用のチンターマニストーンが一回分用意されています。(訳注:後日に分かった情報ですが、これらは埋設用ではなく、個人が身につけるために配布されるものです。)希望者は送料のみの負担で石を無料で受け取ることが出来ます。アジアまたはオーストラリアの方は anthem.chang@gmail.com まで、アメリカ大陸の方は joyandlove1@outlook.com まで、ヨーロッパとアフリカの方は arbresolaire999@gmail.com までご連絡下さい。
惑星のチンターマニストーン埋設プロジェクトに興味のある方は、詳細の指示がこちらにあります。
但し、自分の個人用石は決して埋めないで下さい。
ここ数日間に、イギリスの Fonthill Down に現れたミステリーサークルや、台湾に現れたクラウドシップはいずれもプレアデス人が関与したもので、惑星のチンターマニ・グリッド・プロジェクトに対する彼らの支援を表しています。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

2017年5月29日月曜日

コズミック・ディスクロージャー: 超光速技術

シーズン 7 エピソード 20
David Wilcock: さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』へようこそ。司会のデービッド・ウィルコックです。コーリー・グッドをお迎えしてお送り致します。コーリー、番組へようこそ。
Corey Goode: どうも。
David: 今回はマーク・マキャンディッシュに対する一連のインタビュー映像をお送り致します。最初の映像では、彼はインサイダーの友人が目撃したある種の推進力システムや飛行機について聞かせてくれます。
前置きはこのぐらいにして、早速見てみましょう。
隠された技術へようこそ
Mark McCandlish: ある日、大学の友人から電話がかかってきたのです。便宜上、彼をブラッドと呼びましょう。
ブラッドは電話でこう言ってきました。「あなたの記事を見たよ。アートの作品も見た。雑誌であなたの名前を見つけてディレクターに連絡した。彼から電話番号を教えてもらったよ。覚えてるかい?ブラッドだよ。」
「おー、覚えているよ。」
それから二人は昼食をしました。その時、近いうちにサンバーナーディノのノートン空軍基地で航空ショーが開かれることを彼に教えました。場所はロサンゼルスから75マイル(120km)ほどのところにありました。
そのショーで、当時珍しかった SR-71 ブラックバードの低空飛行または展示が噂されていました。
それで航空ショーを一緒に見に行くことになりました。でもその直前になって、雑誌社から電話が掛かってきました。彼らは私の描いたイラストをとても気に入ってくれて、翌年の1989年2月に公開予定の X-31 プログラムについて、別のイラストを頼んできました。
その依頼は急を要するため、私は航空ショー行きを諦めざるを得ませんでした。
それから約一週間が経ったが、ブラッドからの連絡はありませんでした。そこで私は彼に電話して聞きました。「航空ショーはどうだった?」 電話口の彼は黙り込みました。
「何があったの?今ひとつだったの?」と私は聞きました。
「あのね、俺は見ちゃいけないものを見てしまったと思う」 と彼は答えました。
「そんなはずがない。航空ショーのすべては一般展示されているはずだよ」と私は言いました。
「でもね、そこにいた時、別のちょっとしたショーがあったんだよ」と彼は言いました。
冒頭の話に戻りますが、この航空ショーの話が舞い込んできたのは、招待してくれた人からイラストの仕事を都合してもらうためでした。その人はロッキード・マーチンの上級幹部で、今後一緒に仕事するにあたって話し合う予定でした。
そして、空軍のデモンストレーション・チームであるサンダーバードの実演が始まりかけたとき、その彼は友人に「さあ、行こう」と言いました。
それから、その人、友人、ほかに多数の大物政治家や上級軍幹部がボーイング727に搭乗しました。乗客用の座席がついている軍用旅客機でした。彼らはノートン空軍基地から離れ、パームデールにあるプラント42空軍基地に飛びました。ロッキード・スカンクワークスのある場所です。
着陸した旅客機から降りた彼らを待っていたのは、M16自動小銃による警備で固められた非常線に囲まれた建物でした。友人は警備に阻まれました。連れが持っているようなバッジなどを持っていなかったからです。
連れは側近だと言って、彼の入場を交渉してくれました。
それで彼らはショー会場に入りました。入った途端、連れは周囲を見回して言いました。「おーと、こんなことをやるとは、聞いてなかったな。いいかい、ここにはあなたが知ることの許可されていないものがある。だから、とにかく黙っておけ。何も言うな。誰にも話しかけるな。なるべく早くここから離れるけど、それまではショーを楽しんでおけ。」
ブラッドから聞いた話によると、ツアーガイドのように歩き回っていた上級空軍将校がいて、展示されている様々な飛行機を案内していました。その中には、ロッキードの人達がパルサーと呼ぶ第一世代のオーロラ機もありました。
機体には4基のエンジンが埋め込まれていました。機体全体はスペースシャトルのように断熱タイルで覆われていました。
飛行機の後部にあるのは、数十の燃料噴射器をもつリニア・エアロスパイク・エンジンのようで、自発的な燃料噴射で超音速衝撃波を作り出すみたいです。
先細りした後部機体と超音速衝撃波の間で起きたガス爆発は、湿ったカボチャの種を押しつぶして種を飛ばすように、機体後部を締め付けています。
面白いのは、このパルサーはただ高速や高高度偵察だけでなく、何か特別な戦略的な用途を持っているようです。
なんと兵器を積んでいたのです。胴体の下に、エンジンと間に垂直発射チューブが121個あり、それぞれの外側に大きくて円形の断熱タイルがかぶせてあり、爆薬の勢いで吹き飛ばされるようになっています。
この設計に感心したのは、それはとても効率的でありながら、極力単純化されていることです。
従来型の爆発性弾頭も搭載できますが、これはICBM(大陸間弾道ミサイル)で見かけるようなMIRV(多弾頭ミサイル)なので、大気圏への再突入のために、MIRVの入ったチューブの上に断熱タイルがあり、大きなコイル状のバネが後ろに押し込まれています。
外側のタイルが吹き飛ばされると、弾頭はチューブから押し出されます。すると、別のタイルがすぐ降りてきて出来た穴を塞ぎ、飛行機の空気力学効率をすぐ元に戻します。
そのため、高速飛行時に爆弾倉の扉が開いたりすることはありません。
最近の開示から分かったことはもう一つあります。この飛行機が兵器システムとして稼働している状態では、後部には第三の推進システムがついていて、三角形の開口部が開くようになっているのです。
ハマグリの貝殻みたいな感じでパカッと開き、ロケットエンジンが突き出ると、この飛行機は大気圏外の発射位置まで上昇して、そこでほぼいつまでも滞空できるのです。
これはおそらく遠隔操縦できる飛行機として、全機種の中で一番大きいものでした。もちろん、パイロットが乗り込むこともできます。でも基本的にはそれは無人機です。
宇宙空間まで上昇して、そこから MIRV タイプのミサイルを発射できるのです。
David: うむ、これだけ技術的な詳細を話してくれると、外部の人間にしてみれば感心せざるを得ませんね。
もう何年も前からオーロラについては聞いていますが、ここまで詳しい内容を見たのは初めてでした。
これを見て、どう思いますか?
Corey : ええ、詳細の量はすごいですね。私もそれを言おうとしました。
通常、こういう話をするのは、実物を一目だけ見た人が殆どです。空軍の人間に案内されて歩き回ってタイヤを蹴ったりすることは普通できませんよ。
この飛行機の仕組みについて、彼はなかなかいいところを突いています。
David: オーロラが飛んでいるときは、ジャックハンマー(手持ちの削岩機)のような大きい噪音を出すと聞いていますが。
Corey : 飛行跡に、いわゆる「ドーナツ型の飛行機雲」を残しますね。
David: ええ、でもそこまで詳しい技術情報に触る機会なんて、私はいままで全くありませんでした。
80年代とはいえ、このオーロラは明らかにもっともクラシックな設計の一つですが、何のために使われていたのでしょうか。
Corey : あの時代の高高度飛行機はもっぱら武器を積んで偵察か輸送に使われていました。
多くの場合、技術の載せ替えや追加が行われます。
David: オーロラが通常戦争に使われているかもしれないということですか?どこからともなく現れた爆弾にやられた人がいるように。
Corey : 通常戦争に使われた可能性はあります。でも、どちらかというと、たとえばソ連との紛争が起きた場合など、特定のシチュエーションのために用意されているのではないかと思います。
David: それでは、ここからはドイツ軍のベル型UFOにそっくりな宇宙船について、彼がイラストに描いた実物の青写真を見せてくれます。
ARV(複製された地球外宇宙船)
Mark McCandlish: 参加者全員のために開かれた別の展示がありました。
幕を開けてみると、空飛ぶ円盤が三隻現れました。のちにARVまたはフラックスライナー (Fluxliner) とも呼ばれるものでした。
その時はじめて、自分の知らないところで、途方もないような先進的なシステムが開発されていることに気付きました。
これらの宇宙船は展示されているだけでなく、床から浮いていたのです。下には着陸装置がなく、天井からケーブルで吊されているわけでもありませんでした。
もっとも小さいのは直径約7メートルで、次に大きいのが約18メートルで、最大なのは直径約36メートルでした。
これは 1988年11月12日に起きたことですが、ブラッドの話で面白いのは、これらの宇宙船はすでに非常に長い間そこに置かれたということらしいです。
彼が言うには、機体の外周にはいくつかのパネルがあります。底は平らですが、35度の傾斜がついていて、乗員室らしきものの回りについている突起みたいでした。宇宙船の上部にはドームがあります。
ドームの上部には透明なブリスターがあり、小さなジンバルの上に置いてあるCCDカメラみたいに、方向を変えながら照準を合わせられるようになっています。
訳注 : ブリスターは観測用または戦闘機の攻撃用に機体から丸く突き出た風防構造です。
ここでは、人工視覚システムのようなものが使われていて、二つのカメラがペアを組んで回りながら、左目や右目用の視界をそれぞれ作り出しています。特殊なヘルメットを被るパイロットはそれで完全な三次元の視界を得ることが出来ます。
あとで明らかになったのですが、宇宙船の電力を作り出したのは、時空の真空から引き出されるスカーラー・エネルギーまたはゼロ点エネルギーといわれる特殊な技術でした。
でもこの電力システムが起動された状態では、機体の回りに膨大量の電離状態を作り出し、空気の分子から致命的なX線光子が放出されるのです。
そのため、この宇宙船には窓を持つことが出来ません。操縦するために何らかの人工視界システムが必要なのです。
宇宙船の描写に戻りますが、彼が言うには、船体は樹脂由来のペンキで覆われていて、樹脂の中に金属の斑点が埋め込まれていて、船体の側面にべっとり塗られているようです。
船体外周のパネルを固定するDzus留め具の回りには、切りくずやひび割れがありました。油の手形とか。
かなり前からそこにあったもののようでした。
David: 彼は具体的なことをいろいろ話していますが、宇宙船の電力が起動されている時に回りに電離化が起きているとのことです。その放出した電気があまりにも多く、致命的なX線光子まで放出して、そのため窓は設けられませんでした。
以前、あなたが描かせたマリア・オルシックが作っていた宇宙船には、確か舷窓があったような気がします。
このようなX線を遮る技術革新によって、窓ができるようになったのでしょうか?
Corey : ナチスが開発していた頃から、窓を持つ宇宙船は沢山ありましたよ。
カメラもなかったと思います。あったかも知れませんが、よく覚えていません。彼の絵に描かれたブリスターという透明な半球なら、一部の宇宙船で見たことがあります。
でも視覚補助のためにカメラを使っていたなんて、そんな記憶はありませんね。
David: 確認しておきたいのですが、あなたの知っている範囲で、彼の描写はドイツのベル型宇宙船とどのくらい似ていますか?
Corey : 私の知っている限りでは、これらはドイツ・ナチスからのお下がりで、ARVと呼ばれましたが、乗客を送り返すために使われていました。
David: どこから来た乗客でしたか?
Corey : ドイツの人たちです。1952年の技術と生産設備の交換で、私たちの軍産複合体とドイツの離脱グループの提携が親密になった後でした。
David: システムは起動されていないのに、機体が自然に浮いているのは何故ですか?特定の浮上状態に維持されているのですか?
Corey : 使われている反重力推進装置で、特定の位置で静止するように、ニュートラル状態にできるのです。
David: まだまだ続きの映像があります。彼の見事な観察力で描かれたイラストもまだまだあります。マーク・マキャンディッシュの話をどうぞ。
ARVの内部
Mark McCandlish: コンセプチュアルアート(概念芸術)でそれなりの経験を積んできた絵描きとして、これらの部品の相関関係を解明するために、一番小さい円盤をこのイラストに描きましたが、いくつかのパネルは省きました。
彼らは巻き取り式の階段を持っていて、それを宇宙船の下に立てました。階段を上っていくと、宇宙船の傾斜面まで上がれます。ちょっとした高台の上に立てば、コクピットの扉を見通せますよ。
扉はちょっと奇妙です。ネモ船長の潜水艦に出てくるような扉で、スチール枠にハンドルがついていて、小さなピンを特定の位置に合わせて開くタイプです。
扉の中を覗くことが出来るらしいです。中の射出座席が見えました。
訳注 : ネモ船長はSF「海底二万里」に登場する人物です。
乗員室は様々のものから構成された球体の中にあり、その中央から下まで円柱が通っています。彼らはそれを引き抜き成形船と呼んでいます。
引き抜き成形というのは、ガラス、カーボンまたケブラーの繊維に樹脂を染みこませて、特定の骨組みや形状または乗り物に巻き付けて成形する工程のことです。
いまの酸素ボンベはこのような工法で作られていますが、この球体全体が一つの巨大な引き抜き成形球でした。樹脂を染みこませた繊維を、このような球状に巻き付けた理由は、強く引っ張られた状態で、樹脂が固まる前に触媒で骨組み全体に圧縮応力を与えれば、鋼よりもずっと強くて固い構造に出来るからです。
だから、このような宇宙船は海に潜ることも出来るのです。それはそれで別の話になりますが。
でもコクピットの中身を見て分かりました。実にスパルタ式です。どういう意味かというと、操作パネルも計測機器もなく、すべてはパイロットの被っているヘッドセットの中に組み込まれているのです。
パイロットが座る射出座席の右側には、映画「フランケンシュタイン」に出てくるような、電気量を制御するための大きな電位差計があります。
左側には不思議な制御装置があります。スタンドです。逆J字型の金属棒が、下に等角半球のついた球を支えています。
この装置の中からレーザーが周囲に照射されて、宇宙船の各部に信号を送って、進路や高度などを制御するみたいです。
面白いのは、この宇宙船が低電力作動状態で、自力で浮いている時の感じは、海に浮かんでいて海流によって傾いたりするのに似ています。この球体の下半分もそれと同じ方向に傾くのです。
そして、重力による影響などで傾いてしまうと、どんな方向に傾いても、傾きを自動的に修正できるのです。
この宇宙船は光速よりも早い速度で移動できます。説明している将校によると、「光速かそれ以上」の速さを出せるそうです。
そんなことが本当に出来るのか?ナンセンスだと思う人も多いでしょう。
光速は決して超えられないというアインシュタインの本来の方程式をよく理解しないといけません。
彼がその方程式や理論で言っているのは、時空の中で物体が加速していくとその質量が増加していくということです。
でもね、誰も知らない重要なことがあります。乗り物の質量が増えるのは、乗り物の原子構造がその環境のゼロ点エネルギーと相互作用を起こして原子を励起させたからです。
高校の物理を学んでいたときに私は大きな疑問を持っていました。もし物質が創造されることも破壊されることも出来ず、電子の動き回る速さが決して衰えないのなら、熱力学の第二法則と矛盾するのでは?と思いました。なぜなら、熱力学の第二法則はエントロピーの法則で、それに従えば電子の周回運動はいずれ減速していくはずなのですが、実際はそうなりません。
訳注 : エントロピーの法則では、時間と共に物事はいずれ秩序ある状態から無秩序の状態になっていくため、永久に動き続ける機関はあり得ません。従って、原子の周囲を無限に回り続ける電子はそれに反する事実になります。
なぜ電子の運動は減速しないのか?電子は絶えずゼロ点エネルギーを吸収し続けているからです。だから、原子の中で電子が回り続けられるのです。原子が決して崩壊しないのはそのためです。
原子によって構成された物質が時空の中で加速していくと、このゼロ点エネルギーをどんどん取り入れます。そのすべての構成部品も、ジャイロスコープのようにどんどん高速に回り続けるようになります。
訳注 :ジャイロスコープは動いているときに自動的にバランスを保つために姿勢を制御する装置です。
ジャイロスコープといえば、コマもそうですが、どんどん高速に回り出すと、それ自体を動かすことが難しくなります。それと同じ仕組みです。高速回転している間に、それがある意味で自分自身の重力を作り出しているからです。
物質が加速していくと質量が増えて、光速超えに必要なエネルギーが十分に確保できなくなります。アインシュタインが言おうとしていたのはまさにこのことです。なぜなら、光速に近づけば近づくほど、質量は無限大に増えていくからです。
そこでエンジニアたちがある仕掛けを見つけました。この物体の質量を増やすエネルギーを逆に推進力のエネルギー源として動力に転換すれば、速度が上がれば上がるほど宇宙船を推進するエネルギーを多く得られ、ますます速度を上げることが出来るようになります。燃料の積載すらいらなくなるのです。もちろん、乗り物の重さも気にならなくなります。
スピードを上げれば上げるほど、ますます加速できるようになります。質量はスタート時とは全く変わらないため、光速の壁を超えられるのです。しかも、この膨大なエネルギーをほぼ無限に引き出すことが出来て、推進力として利用できるのです。
船内の電気機器はすべて石英に埋め込まれたのは、おそらくそのためだと思います。というのは、億ボルト単位の電気を扱っているから、石英を絶縁体として使う必要があるのです。
大気中でX線光子が放出されるほどの深刻な電離化が起きるため、飛行中に人工視覚システムが必要なのもそのためです。
David: 言葉がありません。わお~!あなたから教えてもらったことが、ここで大きく正当化されたようです。これを聞いてどう思いますか?
確かあなたが使った表現だと思いますが、一部のUFOに使われた推進システムの仕組みが、指の間からカボチャの種を押し出す感じに似ているというのも、そういうことなんでしょ?
Corey : 言ったのは彼ですが、私は以前もそう話しました。
David: ええ、彼よりも前にあなたがそう言っていたと思います。
Corey : 私はスイカの種を使ったかも・・・ハハハ。
David: スイカの種ね、そうだったかな。
Corey : 私は南部の出身ですから。
David: マーク・マキャンディッシュがここでしている話は、おそらく彼が聞いた情報に基づいた部分的な推測だと思います。あなたがスマート・ガラスパッドから得た推進力システムに関する情報と比べるとどんな感じですか?
Corey : とても似ています。研究船内のトーションフィールド・ドライブで、両端にトーション差ができる領域を作り出す仕組みについて、私もほぼ同じような説明をしたと思います。湿った石けんの両端を押し込む感じに似ています。石けんは滑って前方へ飛び出すでしょう。方向は違いますが、彼の説明はほぼ同じです。
David: 誘導放出によるレーザー技術、光増幅技術はたぶん第二次世界大戦後の発明だと思います。インサイダーの世界では、それはロズウェルのUFO残骸とよく結びつけられていて、その時のリバース・エンジニアリングによってできた技術の一つだと言われています。
でもここに描かれたドイツ軍の円盤のそっくり版はおそらく1930年代後期のものです。
さらに、彼は宇宙船の航行システム全体に不可欠なものとして、手を半球屋根にかざすだけで利用できるレーザー技術も語っています。
レーザー技術が正式公開される前から、ドラコがナチスにレーザーの製造技術を与えたのでしょうか。
Corey : ドイツ軍もロズウェルのUFOと同じものを持っていますよ。それもロズウェルよりもかなり前の1930年代に。確か・・・シュワルツワルトでしたっけ・・
David: ああ、確かに。
Corey : その頃、彼らは私たちよりもずっと有能なエンジニア人材を抱えていました。私たちより少なくとも10年以上はその技術を手にしました。だから、入手したものをリバース・エンジニアリングできたはずです。
David: マキャンディッシュの略図を初めて見たとき、不可解に思えた部分がありました。なぜその中にあんな陳腐な部分があったのか。なんで旧式潜水艦に使われるような機械式の扉なのか。
でも、これがドイツ軍の技術から来たものだと聞かされると、納得しました。ドイツ軍の潜水艦建造が背景にあるから、仕組みが似たのでしょうか。
Corey : まさにその通りです。私も丁度それを言おうとしました。あのネモ船長の扉はおそらくドイツ軍の潜水艦から来たものでしょう。
David: マキャンディッシュは宇宙船が光速まで加速できる仕組みについて、技術的な方法を説明しました。この光速への到達を邪魔していた重力増加は、実のところ、それこそ光速到達に必要不可欠な味方だというのです。この質量増加現象についての彼の再解釈はどう思いますか?
Corey : それはまさに私がスマート・ガラスパッドで読んだのと全く同じ内容です。この宇宙に遍在する大いなる力が主流物理学の電磁気宇宙モデルから締め出されたのも、それこそが宇宙船建造に使われた科学の基礎だからです。
David: なるほど。最後の映像を見てみましょう。この映像の中に、今回のリバース・エンジニアリングやらの興味深いテーマの仕上げがあります。
時空間を横切る
Mark McCandlish: 船底にあるこの巨大なコンデンサ配列を最初に見た時、これは完全にビーフェルド・ブラウン効果に依存したものだというのは私の仮定でした。
ビーフェルド・ブラウン効果について説明しましょう。
1930年代または1940年代に、オハイオかどっかの大学にトーマス・タウンゼンド・ブラウンという大学生がいました。彼の教授の名はアルフレッド・ビーフェルドです。
彼は平行板コンデンサーの実験を行うとしました。コンデンサの間に何かの絶縁体を入れて充電しました。すると、ある現象を発見しました。通常は直流を使いますが、正しい周波数の電流と電圧を与えれば、空中に浮いたのです。
これについては多くの論争があります。YouTube では、実験室にあるようなガラス鐘タイプの装置で、空気をすべて吸い出して適度な真空を作って浮上現象を再現しようとする人がいますが、大抵はショートしてうまくいきません。当然宇宙空間でもうまく機能しません。
でもARVの設計をよく見ると、蓄電板はすべて外気に触れていないのです。極度な絶縁状態に保たれています。そこが違うのです。
これらの部品がショートすることがないため、宇宙空間でも機能するのです。
事実として、これらの蓄電板の回りにある石英をよく見ると、すべて光学的に完全な透明です。透明な光学ガラスのように、光の遮蔽も小さな汚れも空気の泡も、何もありません。
大きなピザを薄いV字型楔(くさび)に切るように、これらの平行板コンデンサーは放射状に48区分に分けられました。それを最初に見た時、合理的だなと思いました。
これらの楔の一つ一つの上に、別の平行板コンデンサーが八層にも重ねられました。ビーフェルド・ブラウン効果といえば、陽極、陰極、陽極、陰極と交互に重ねられ、一番上に陽極、一番下に陰極があります。
これはまさに推進システムの基本だと思いました。でも、「ビーフェルド・ブラウン効果はそんなに強くないよ。そこまでの力はないよ」と言われました。
でもそういう人達は、石英のような絶縁体に埋め込まれたシステムを知りません。
また、証言者の彼はもう一つ重要なことを言っています。使われたのはただの純粋な石英ではなかったのです。それらの石英はウランなどの重元素に浸かったものです。彼らは長年の実験から、重元素の中に浸かった石英を使うことで、宇宙船のスタート時の質量が十分あれば、システム稼働時の推力効率が改善されることを見つけました。
やがて、私はあることに気付きました。宇宙船の中央の柱で作り出されたこのゼロ点エネルギーは、コンデンサー配列全体に格納されて動力源として使われています。これだけ莫大なエネルギーが生成されていれば、時空間のワープも作り出されているのでは。
おそらく1994年3月だったと思いますが、ミゲル・アルクビエレという科学者は宇宙空間用のワープエンジンについて論文を発表しました。計量工学による宇宙用エンジンでした。
訳注 : 計量工学 = Metric Engineering というのはネット上にも見つからない言葉です。企業名としてはありますが、この言葉自体の説明はありません。なので、いまの主流科学技術ではまだ知られていないエンジニアリング技術分野だということにしておきます。下のほうに少し説明がありますが、宇宙船の周りにその宇宙船専有の時空を作り出す技術ということらしい。
彼の説によると、電磁場や静電界を制御することで、宇宙船の前方にブラックホールやシンギュラリティのような時空の圧縮を作り出せるとのことでした。
宇宙船の後方には逆に時空の膨張が作り出されます。
ハロルド・パットホフはこれをある種の分極プロセスといって説明しています。彼もこのことについて広範囲の発表をしています。
この分極プロセスを使うことで、サーフィンのように前方に波のボトム、後方に波のトップを置くことで、波面を滑り落ちるように時空をワープできるようになります。
それが前方への進路を作り出してくれます。
この概念全体のすごいところはその原理です。このような局部時空を動的に生成する技術を計量工学とも呼びます。この宇宙船周囲の時空バブルは宇宙船内部のシステムによって作り出され、支配されます。でも、宇宙船が時空の中を移動すると、宇宙船も、中の乗員も、この時空バブルも、一体となって時空の一部となって均一に動くのです。
この局部時空は移動時に回りの時空に影響を与えながら、それからも影響を受けます。つまり、後方には膨張した時空、前方には圧縮した時空ができるのです。 でも局部時空全体は一様に動いているので、中の宇宙船も人間も全く重力を受けません。
訳注 : 前方に圧縮した時空、後方に膨張した時空は、飛行機が前方の空気を押しのけて圧縮し、後方に空間が出来て空気が膨張する感じを思い浮かべば分かりやすいかと思います。
従って、空中で物体が時速9000マイルで動きながら、そのままのすさまじい速度で直角に曲がるとしても、実際に見ていない人達は決して信じないでしょう。「そんなことが起きたら、中にいるパイロットは強い衝撃を受けてハンバーガーのように潰されるよ」と彼らはいうでしょう。
でも、もし質量が存在しなければ、慣性力も存在しないのです。計量工学で作られた時空の中では、宇宙船のすべては時空と一体化して均一の加速をしており、重力を一切受けないため、その中に慣性力はないのです。
たとえば、金魚の入っている丸い金魚鉢を超高速で回すと、水も金魚も一体となって回るため、金魚は何も感じません。金魚はその回転による重力を感じないのです。
金魚は水がバシャバシャとハネる感じを時に気付くかもしれません。でも、もし金魚鉢を完全に水で満たして、水が動く空間を完全に無くせば、全体は一つとして回るでしょう。
それが均一的な加速度です。
David: なかなか面白い内容ですね。まず、透明な石英に覆われた蓄電部品についてはご存じですか?見たことはありますか?
Corey : あります。多くの場合、人工石英が使われ、それに様々な物質を注いで染みこませます。強力な絶縁体はそうやって作られるのです。
David: 彼はかなり難しい1990年代の物理学に入り込んでいますね。私もよく知っています。のちにハロルド・パットホフによって研究を進められたミゲル・アルクビエレの推進理論です。
パットホフもアルクビエレも、回りの時空は宇宙船と同時に移動するという考え方を主張しています。
今の話は大方この部分ですが、あなたの知っている推進方式も同じですか?
Corey : その通りですよ。宇宙船が作り出した局部的な時空バブルは、バブル外部の慣性力やあらゆる力を隔離しているのです。
だから、マッハ12の速度で直角の方向転換をしても、バブルの内部は一切その影響を受けません。
David: パットホフも間違いなくインサイダーの一人で、何かを公表しようとしているようですね。気になるのは、アルクビエレの発想は彼が自ら生み出したものでしょうか?彼のような科学者でも、すでに事実だと分かっていても、あえて理論化して主張しようとするものでしょうか。
Corey : 宇宙プログラムの中にいない人でも、このような独自の概念を主張する人は多いですよ。
David: そうなんですか。
Corey : 独創性を持つ優秀な人材はまだそこらへんにいます。支配層は人々を既存の物理学モデルに閉じ込めようとしていますが、それでも、そこから抜け出して、主流物理学が本来扱ってはならない独自理論を打ち出す人がいるのです。
David: さて、マーク・マキャンディッシュが実に面白い情報を伝えてくれました。まさか、1930年代後期にドイツ軍がスタートした秘密宇宙プログラムの技術情報がこれだけ聞けるとは。
ご覧頂いているのは「コズミック・ディスクロージャー」でした。司会のデービッドウィルコックと、コーリー・グッド、そして特別ゲストのマーク・マキャンディッシュでした。ご視聴ありがとうございました。
訳注 : 専門的な内容が多く、しかも会話調で文章がまとまっていないため、理解や翻訳に非常に苦労しました。前半は一般向けですが、後半の光速技術についての説明は興味のある方にはたまらない内容だと思います。仕組みが理解できれば、そこらへんの物理学者に自慢できるかもしれませんね(^^)。
超光速にはなんと、ゼロ点エネルギー(=スカラーエネルギー)が絡んでいるのですね。びっくりです。つい先週のNHKのコズミック・フロンティアでは、ダーク・エネルギーの再放送がありました。ダークエネルギーはつまりゼロ点エネルギーのことですが、番組の中に登場した科学者の説明によると、ダークは闇という意味ではなく、科学者の無知を揶揄した表現だそうです。ゼロ点エネルギーの存在の公認はまさにソフト開示の一部ですが、それを前提に考えると世界は変わりますね。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい
【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP