2018年6月14日木曜日

拡散希望!夏至瞑想 日本時間 2018/06/21 19:07

2018年6月14日

拡散希望!夏至瞑想 日本時間 2018/06/21 19:07

MAKE THIS VIRAL! June Solstice Meditation on June 21 2018 at 10:07 AM UTC
https://www.welovemassmeditation.com/2018/06/make-this-viral-june-solstice.html?m=1


日本時間6月21日19時07分に発生する夏至に近づいています。この日北半球では、太陽が最も高い位置に昇り、一年で最も昼が長くなり、夏の始まりを告げます。

南半球では、太陽が最も低い位置になり、一年で最も昼が短くなり、冬の始まりを告げます。

南北どちらの半球にいたとしても、至点のあらゆる行事は、地球、光、太陽を祝い、季節とスピリチュアルなサイクルにつながって、地球、太陽、宇宙とつながる神聖な場面です。

至点日は自己反省と変化のときです。いまこそ自分の人生とスピリチュアルな歩みを壮大な視点で眺め、外れている物事に気づくときです。自分にいらないものは何か。言動不一致のことを自分と他人に言っていないか。自分のスピリチュアルな成長のためにならないことをしていないか。

北半球は夏至です。火、情熱、意志、気力の要素と一致します。これは正しい行動を求め、自分の信念に一致する方向性を選択するときです。夏至は、この1年間に培ってきた個人の力を結集して、新たな習慣、新たな人間関係、新たな身体としてそれを具現化する機会を与えます。



夏至の大変な側面もあります。忍耐を学ぶことになるのです。実はまだ青いので、熟するまでは、急いてはいけません。受け入れるのであれば、ゆっくりではあるけど時間や物事は確かなリズムで私たちの人生に流れてきます。物事を急ぐことはできませんが、リラックスして流れに任せると、がんばって必死にならなくても物事は到達点に達します。春に種まきをしました。そのために春の間はずっと働きました。いま、自然がその結果に向かって動いてくれる時です。

https://www.wyldwitchery.com/blogs/the-grimoire-a-blog/the-spiritual-meaning-behind-the-summer-solstice

南半球では冬至です。火による祝いがあります。新たな太陽年の誕生と光への帰還を祝います。私たち各自にスピリチュアルな太陽が誕生することを祝います。多くの文化圏で、冬至は(月の)女神のエネルギーのお祝いです。この日、月は太陽を生み出します。冬至の夜に、古いものを一掃して新しいものを迎えるために、女神の風呂でお祝いしても良いでしょう。夏至と冬至両方の簡単な儀式はこちらです。

http://foreverconscious.com/summer-and-winter-solstice-rituals

冬至は自身を見つめ、自分が欲しいものや必要なものに意識を向けるための、静かなエネルギーであり時間です。今までとこれからについて考えるための時間です。ここ数か月間の多くのネガティブを手放したり、自分の過去を手放したり、自分の中で変化を起こすために、この機会のエネルギーを活用します。そうすることで自身の生まれ変わった感覚、目的、決意をもってこの新しい太陽年に進むことができます。闇から光へのこの移動のときは、自分を振り返り、再生し、自身の再創造が可能であることを知るときです。新たな目標や意図を設定して、来年具現化する成功を予想して、自分たちが生きたいと望む人生を創造し始めるときです。

世界のどこにいても、全ての至点は、象徴は太陽が永遠で、循環が繰り返されて、自分も同様にそういう存在であることを思い出させます。私たちは創造主とは分離していると信じ込まされていますが、そうではありません。私たちは崇高な存在であり、私たちは一つです。太陽は私たちの相互のつながりの象徴です。それは私たちの美しい地球で同じように輝き、パチャママ(母なる自然)が全てを等しく支援します。統一が見いだされるときです。

ライトワーカーとライトウォーリアの間へ統一をもたらし、新しいタイムラインを安定化させ、光の勢力の作戦を支援して、地球開放へのこれ以上の遅れを防ぐために、この夏至の機会を用います。

http://2012portal.blogspot.com/2018/06/blog-post_63.html

夏至瞑想を、日本時間6月21日木曜日19時07分のちょうど夏至の瞬間に行います。

海外の時間は、台北18時07分、カイロ12時07分、パリ12時07分、ロンドン11時07分、ニューヨーク6時07分、シカゴ5時07分、デンバー4時07分、ロサンゼルス3時07分です。

各地のタイムゾーンはこちらです。

http://www.thetimezoneconverter.com/

夏至瞑想のフェイスブックイベントページはこちらです。

https://www.facebook.com/events/254908485255190/

英語版音声ガイドはこちらです。



他言語の音声ガイドは準備でき次第、こちらに投稿します。

瞑想指示はこちらです。

1.自分なりのやり方でリラックスした意識状態になってください。

2.この夏至瞑想の目的が、地球とその住民の解放を早めることであることを表明してください。

3.銀河のセントラルサンから光の柱が降りてきて、太陽系の全ての光の生命体を通り、あなたの体を通り、地球の中心へ向かうことを視覚化します。
もう1本の光の柱が地球の中心から昇ってきて、あなたの体を通り空に向かい、太陽系と銀河の全ての光の生命体に向かいます。
いま、あなたは2本の光の柱の中に座っていて、光が同時に上下に流れています。
数分間、この光の柱を保ってください。

4.全てのライトワーカーとライトウォーリアが大天使ミカエルの青い光線に包まれていることを視覚化してください。
ネガティブな影響や干渉を受けないように、ライトワーカーとライトウォーリアをこの青い光が保護していることを視覚化してください。
青い光線がライトワーカーとライトウォーリアに自分たちのミッションに集中するための強さを与えていることを視覚化してください。

5.物質界、プラズマ界、エーテル界、アストラル界に残存する、光ではない全てのエネルギーを掃討している光の勢力を、サンジェルマンの紫の炎を視覚化して支援しましょう。
物質界、プラズマ界、エーテル界、アストラル界に残存する全てのネガティブな兵器を掃討している光の勢力を、AN(アン)の白い炎を視覚化して支援しましょう。
光の勢力の全ての作戦が全速で進むことを視覚化してください。

6.チンターマニを所持する地上のすべての人が、闇の介入がない純粋なソースのエネルギーを、チンターマニグリッドに定着させていることを視覚化します。
古代アトランティスのエネルギーグリッドと地球のレイラインを通じて、女神の虹色の光と調和し、バランスを取って、同調している光のチンターマニグリッドを視覚化してください。
純粋なソースのエネルギーが地球の全てのグリッドや重要なボルテックスに定着して、安定や調和、純粋な愛や楽しみを提供することを視覚化してください。

7.地上の全ての生命体が女神の柔らかいピンク色の光に包まれていることを視覚化してください。
この美しい地球の地上の全てのライトワーカー同士の統一を視覚化してください。
全てのライトワーカー、ライトウォーリア、真実を求めるものが、新しい地球の創造のために統一してことに向かうことを視覚化してください。
全ての人が闇の操作や不和に動じなくなり、調和の中でつながっていることを視覚化してください。

8.全ての住人が、自分のハイヤーセルフやスピリチュアルガイドから明確な接触を受けることを視覚化してください。
全ての住人が目覚めて、地球の本当の状況を理解していることを視覚化してください。
すべての魂が過去のトラウマ、痛み、苦しみから癒されて、光の勢力に参加して、自分の心で愛と光を受け入れていることを視覚化してください。
全ての住人が地球解放を支援して、参加していることを視覚化してください。
地上の目覚めた住人が、イベントを実現することを視覚化してください。

9.銀河連合の全てのマザーシップが、地球へ純粋なソースの光を流して地球の中心まで光を定着させて、その光が螺旋状になって全ての生命体へ流れていることを視覚化してください。

光の勢力から提案されている次の短い瞑想を最後に行っても結構です。
これは、保護シールドとして役立つ愛のエネルギーフィールドを強化します。

1.心を落ち着かせて、目を閉じて、呼吸に集中します。

2.自身を愛のエネルギーに満ちているピンクの卵で包んでください。

3.自分の大切な人たちを、愛のエネルギーに満ちているピンクの卵で包んでください。

4.全ての人類と地球の生命体を、愛のエネルギーに満ちているピンクの卵で包んでください。

http://2012portal.blogspot.com/2014/06/cosmic-goddess-activation.html
日本語訳宇宙女神の活性化

女神は平和と統一を望みます。そして平和と統一は達成されます。


Victory of the Light!


翻訳:働かなくてもいい社会
翻訳監修:Terry

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP