2019年5月15日水曜日

状況更新

2019年5月15日

状況更新

Situation Update
http://2012portal.blogspot.com/2019/05/situation-update.html


1996年1月の最後のアルコン侵入時に闇の勢力は、地球の光のグリッドを崩壊させるために闇のワームホール主要進入点を3地点で設定しました。

この3地点の闇の進入点は以下の通りです。

コンゴ     キブ湖のブカヴ
スロベニア リュブリャナ
米国カリフォルニア     サンタモニカ

リュブリャナとサンタモニカは、地球規模のアセンションを起こせる潜在力を最大限に有するアセンション・ボルテックスのある2地点でした。しかし、闇の勢力がその支配を続けるために、両地点を抑圧する必要がありました。

ワームホールは、上記の地点およびその上空で、エーテルおよびプラズマの従来型の数回の核爆発(世界全体で合計約200回のエーテル・プラズマ核爆発)により形成されたもので、リゲル恒星系につながる多次元ワームホールです。

https://alloya.wordpress.com/2013/11/05/archons-infection/
日本語訳アルコン感染

リゲル・地球ワームホールを通じて、多くのネガティブな生命体が惑星地球にやってきて地球を汚染しました。

その中でも最も危険な生命体は、キメラ・スパイダーでした。それは巨大なクモ状の生命体で、プラズマトップレット爆弾がその皮膚に付着しており、小さいものでは10メートルから100メートルの直径、大きいものでは数キロもの直径があります。


これらの蜘蛛の大半は、地球の大都市にいます。

いま宇宙のセントラル種族がクモのエネルギーを絶滅の危機に瀕するまで抜き取っているので、キメラは大都市で5Gの技術を導入して、超小型衛星を使ってネガティブなエネルギーフィールドを強化する計画に出ました。

https://pfcleadership.org/blog/2019/04/30/20000-satellites-for-5g-will-send-focused-beams-of-intense-microwave-radiation-over-entire-earth/

キメラはまた、ナノボット(注 細胞程度の大きさの小さなロボット)技術の強化を図ろうとしています。

https://stillnessinthestorm.com/2019/05/designer-nanobots-changing-humanity/

光の勢力は、これに対しての措置を取っています。

2018年のアルファタイムラインの崩壊以来、私は難しい立場に立たされています。というのも、重要な情報の開示は一切許されていない一方で、このブログの継続だけは求められているからです。アルファタイムラインが崩壊して以降、光の勢力は情報非開示の徹底を図っています。

私が公表を許可された内容は、ほんの2-3件だけです。

第一に、2017年12月以来、ミョルニルの導入による一掃作戦を受けて、闇の勢力はどんなリスクでも犯してもよい程に怒りました。光の勢力と闇の勢力間で、地球が居住不可能となる程度の短期間の戦争につながり得る全面軍事衝突にまで発展するところでした。

トップレット爆弾の連鎖反応は(ストレンジレット爆弾の連鎖反応よりもはるかに強烈)、こちらの動画でわかりやすく説明している通り、惑星地球を一掃させる潜在力があります。


「設定で日本語字幕を選択してください」


したがって、2018年春に光の勢力は撤退しミョルニル作戦を終了せざるを得なくなり、ベータタイムラインの崩壊につながりました。

いま、ガンマタイムラインにいます。このタイムラインは、地上を破壊することなく地球解放の過程を進めるもので、時間のかかる堅実な方法です。

闇の勢力は、光の勢力の撤退につけこんで、イルミナティ離脱居住区(元は牡牛座の暗黒星雲からやってきた者たち)の地下基地からのクローンを地上のアライアンスに大量に侵入させましたが、光の勢力はこれに対抗してすでに一定の措置を取っています。

トップレット爆弾の問題は対処中で、徐々に解消しつつあります。

それ以上の内容は申し上げられません。

ますます多くの地上の住人が、それほど遠くない過去に大変動の事象が発生したことに気づき始めています。

https://www.researchgate.net/publication/251235294_Large_Pt_anomaly_in_the_Greenland_ice_core_points_to_a_cataclysm_at_the_onset_of_Younger_Dryas

https://www.exopolitics.org/antarctic-ice-core-records-resolve-competing-pole-shift-theories/
日本語訳南極の氷床コアの調査によりポールシフトの真実が明らかに

また、いま実際に人類が大量絶滅のさなかにいることに地球の住民は気づき始めています。

http://endoftheamericandream.com/archives/earths-ecosystems-are-on-a-collision-course-with-extinction-insect-populations-have-declined-by-up-to-98-percent-in-some-areas-of-the-world
日本語訳このままでは地球のエコシステムは全滅の一途を辿ることに?

こういったこと全てが、地球を劇的に変えるような宇宙的規模の事象が近づいている兆候です。

このイベントについての正確な計画はこちらにあります。

※動画の内容はこちらです

光の勢力は、黄金時代の明るい未来への到達を加速化させて実現化させるために、皆がその明るい未来を可視化するように要請しています。


また光の勢力は、皆さんが自分の頭を使った思考のレベルを超えて自分の魂をつながるように求めています。

多くの人が、タキオンチェンバーの恩恵を享受しています。

https://prepareforchange.net/2019/03/26/tachyon-chambers-big-upside-to-these-tiny-things/

http://www.galacticchannelings.com/english/about-sheldan-and-veronica-27-01-19.html

ここで、タキオンチェンバーについての誤解を解きたいと思います。タキオンチェンバーは医療用の治療ベッドではありません。

一般に公開されているタキオンチェンバーで利用可能もので、確認の取れている唯一の情報源はこちらです。

http://tachyonis.org/Chamber.html

タキオンヒーリングチェンバーは、物体をタキオン化するように設計されていません。自分の所のタキオンヒーリングチェンバーで物体をタキオン化できるとか、自分でタキオンチェンバーを作ったとか、更にはそれを販売しているとか言っているなどと言っている人は、真実を述べていません。

すでにRM(レジスタンス・ムーブメント)と間接的に接触している人たちがいます。

https://thenexuspoint.blogspot.com/2019/05/experiences-with-resistance-movement.html
日本語訳レジスタンス・ムーブメントについての体験

圧縮突破の瞬間に近づくほど、RMとの接触は増えてきます。

Victory of the light!



翻訳:Terry


転載元:働かなくてもいい社会を実現するには?

0 コメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP