2013年1月3日木曜日

エーテル界のアルコン・グリッド

2013年1月3日

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

訳注: この記事の書かれた時点では「エーテル界のアルコン・グリッド」という呼び方でしたが、現在は俗に「マトリックス」と呼ばれます。アルコンのグリッドとは別に、光の勢力も太古のポジティブなエネルギグリッドを再構築しているため、混同を避ける意味で、人類を隔離状態に閉じ込めているアルコンのグリッドをマトリクスと呼ぶことが多いです。

(2012年)12月21日のポータル開放に成功しましたが、イベントを遅らせる次の要因はエーテル界のアルコン・グリッドです。もしこのままイベントを発動すると、このエーテル界のアルコングリッドはイベントの遂行に携わる地上の光の勢力だけでなく、民衆やカバールにも影響を与えます。そうなると、イベントどころか、待ち受けているのは災いです。

イベントを起こすには、このエーテル界のアルコングリッドを大幅に除去しなくてはいけません。そして、光の勢力がこのアルコングリッドの除去に成功するためには、より多くの地上の人々がその存在に気付く必要があります。

エーテル界のアルコン・グリッドは惑星の地面から、上空と地殻に向けてそれぞれ上下8.6マイル(13.8km)に広がる層に存在します。アルコン・グリッドの骨格になっているのは、エーテル界に存在する超次元ブラックホールとワームホールのネットワークです。その中には無数のレプティリアンとアメーバ状生命体がいます。銀河のセントラル・サンから発せられる光がワームホールに差し込むと、中の生命体は追い出されて、物質界と非物質界にいる光の存在を見つけ次第、次々と攻撃します。これは多くのライトワーカーとライトウォーリアがエネルギ攻撃を経験している理由です。非物質界にいる光の勢力は、放出されたこれらのネガティブな生命体を、銀河のセントラル・サンまでテレポートさせて取り除くことができますが、それには少々時間がかかります。しかしそれまでの間の被害は免れません。上にも書きましたが、いま何が起きているのか、それに気付く人が多ければ多いほど、これらのネガティブな生命体を取り除いて私たちを守ってくれる光の勢力の作業もはかどるでしょう。



エーテル界のアルコン・グリッドを支配しているのは、極少人数のエーテル・アルコンの集団です。彼らはセクター司令官と呼ばれる数百万のエーテル界のドラコニアンに指令を出します。指令はそこから数十億のレプティリアン戦士へ、さらにアメーバ生命体へと伝わっていきます。アメーバ生命体は無条件に命令に従うだけで、半意識しか持たないエレメンタル的な存在です。

アルコンたちは先進的なエーテル技術でグリッドを制御します。このエーテル界にある上下17.2マイル(27.6km)の層全体はアルコンの支配下にあります。この空間は強い電磁場をもつ無数の小部屋に満たされており、時空構造をプログラムで歪めることが出来ます。人類を最大限に支配できるように、アルコンはメインフレーム・コンピューターのプログラムで、エーテル界全体のエネルギの流れを操ります。これらの小部屋はあらゆるポジティブな想念や感情を検出し、強すぎるものを見つけると、メインフレームコンピューターに信号を送ります。すると、メインフレームコンピューターはその想念や感情を抱く人間の周りにある電磁場歪曲化グリッドを引き締め、その想念や感情を食い止めます。それでも不十分な場合、さらに別のELF室を起動し、その人を抑えるための超低周波ハム音を送りつけます。同時に電気パルスを太陽神経叢のチャクラに送り込み、その人のクンダリニー・エネルギをショートさせ、遮断します。時には、第三の目にあるチャクラ周辺に作用する強い電磁場も同時に組み合わせられ、その人に眠気を催し、もうろうとした状態に陥れます。それと平行して、その人の精神に対して、強烈なネガティブ想念をぶつけます。



それ以外にも、転生中のすべての人間の太陽神経叢周辺には、エネルギ寄生型のアメーバが取り憑いています。アメーバはその人の日常生活の感情をコントロールしようとします。また、他人の体内にいる寄生アメーバとも接続し、対立を作り出そうと画策します。

エーテル界のアルコンたちはエーテル界のメインフレーム・コンピューターからのデータを物質界にあるブラックボックスに転送します。このブラックボックスはイタリアのある主要な黒貴族家の所有物で、物質界にあるカバールのメインフレームコンピューターにつながっており、さらにNSA(アメリカ国家安全保障局)のメインフレームコンピューターにもつながっています。光の勢力はブラックボックスにコンピューターウィルスを仕掛けることに成功しましたが、ウィルスは期待ほどの成果をあげていません。

エーテル界のアルコンはいくつかのものを非常に嫌がっています。まず、愛のエネルギです。特に男女間の愛情を嫌います。彼らが幸せなカップルを見つけると、その二人の愛をどうにか壊そうとします。なぜなら、愛の力は非物質界の光の勢力に渡り、エーテル界のアルコンとその子分を取り除くからです。

彼らが嫌う二つ目のものは、健全な性的エネルギです。彼らは人間の性的エネルギを抑えつけますが、それがうまくいかないと、それを倒錯した性に変質させます。性的エネルギは生命力そのものでもあります。彼らがその抑制に成功すれば、地上は従順な人間に溢れ、彼らの支配も楽になるのです。

彼らが嫌う三つ目のものは、善意のET文明とアセンデッドマスターのエネルギです。彼らはできる限りのことをして、これらのエネルギを抑えつけ、歪め、操ろうとします。

エーテル界のアルコン・グリッドは過去26,000年間もこの惑星の周りに存在してきました。アルコンによる1996年のコンゴ侵略で、私たちの銀河とアンドロメダ銀河から流れてきた大量のレプティリアンによって大きく増強されました。1995年の暮れに、銀河連合が地上の人々と実際にコンタクトを始めることをアルコン達は恐れて、それを防ぐためにグリッドを強化しました。この増援の大半はすでに掃討され、銀河のセントラル・サンに送られました。いまはまだ話すことを許されていませんが、光の勢力は残りのレプティリアンへの特別計画を用意しました。

あなたたちを怖がらせるために説明しているわけではありません。すでに今、多くの人の身に起きている状況を気付かせ、その状況を転換するためです。

女神ヴォルテクスの技術と私たちの自覚を組み合わせれば、エーテル界のアルコン・グリッドを消滅させることが出来ます。女神ヴォルテクス技術について詳しく説明するブログを書き上げる予定です。

「エーテル界の解放」(Etheric Liberation) と呼ばれるものを作るように指示されています。これはフェイスブックのグループです。アルコンからの影響とエネルギ攻撃を受けたメンバーはそれについて報告し、グループ内のほかのメンバーが報告者をヒーリングし、サポートするのです。こうやって、私たちは現状への警戒を維持するのです。ここで、このフェイスブック・グループの立ち上げと管理に相応しい人に名乗って頂きたいです。その人に対して、私がさらなる指示を与えることになります。

それとは別に、PTSDの治療、魂の救出、エネルギ保護、悪魔払い(ネガティブな生命体の除去)について高度な専門知識を持っている人には、 cobraresistance@gmail.com まで連絡して頂きたいと思います。メールには、専門分野と技術レベルの詳細を書いて下さい。様々な状況に対処するためのコア・グループをいよいよ作りたいと思います。

エーテル界のアルコンの状況がきちんと対処されるまでは、アセンション計画を公開しないように、プレアデス人から指示されています。それについてお詫びします。

いずれにしても、光は勝利します!

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP