2013年2月24日日曜日

情報アップデート

2013年2月24日

情報アップデート

Intel Update
http://2012portal.blogspot.com/2013/02/blog-post_24.html?m=1


背後で起こっていた特定の進展について、ようやく話すことができるようになりました。

レジスタンスは地表に向けて大きな前進を遂げました。地下0m~30mの間は、物理的には完全に解放されました。それは残っていた全ての地下の軍事基地の最上階層の最終掃討が済んだことを意味しています。地下0m~30mの間に存在していた、ブラック・プロジェクトに少しでも関りがあったものは全て完全に排除されました。つまり、カバールはもう地下施設を不法な目的で使用できないということです。カバールが儀式やマインドプログラミングの為に使用していた、残りの少数の地下施設も完全に除去されました。カバールが使用していた地下武器や薬物の格納庫などの地下施設も、全て完全に掃討されました。更に、地下のゴールドなどの貴金属や、歴史的遺物などの保管庫も、カバールの手の内から離れました。カバールは今、惑星地表を使って行動するしかできなくなりました。

レジスタンスはあるテクノロジーを用いて、地下0m~30mの間の大多数の環境汚染を浄化しています。人類の活動によって地下にできた環境汚染です。レジスタンスは更に、過去の戦争残骸物のほとんどを除去しました。武器や遺骨など、人類の蛮行によってその層に永年蓄積されてきた、遺物です。それらはネガティブなエネルギーを長年にわたって定着化させるために使われてきました。


また、レジスタンスはエーテル的アルコンが手下たちを物質界に顕在化させるために使用していた、ある技術を封鎖しました。よって、グレイやレプティリアンなどの姿を見ることは、もう無いでしょう。

ブラックボックス技術も排除されました。物質界のアルコンはエーテル界からチャネリングの形で情報を得るために、オカルト儀式に頼らざるを得なくなりました。ご存知の通り、チャネリングは情報ソースとしては信頼性は皆無です。

22,000人のレジスタンスのエージェントが惑星の地表に出てきて、最後の解放の準備を支援しています。時間と共にこの人数も増えていくでしょう。

今はまだ、カバールは地表をほぼ支配し続けています。彼らが焦点を当てているのは、惑星を巡るお金の流れを支配することと、マスメディアを通して情報操作をして人々を眠らせたままにしておくことと、ライトウォーリアーを偽情報エージェントを使って踊らせておくことと、隔離された地球の外側にいる生命体に関する全ての証拠を隠滅することです。

支配が崩れる前に、光の勢力のあるオペレーションが実行されなければなりません。もうその準備はできていて、実行の瞬間を待っています。その一つは既に実行されています。プレアデス艦隊についてのオペレーションです。まだやらなければいけないことは山ほどあるので、イベントが5月25日のポータル解放の前に起こる可能性は極めて低いと言えます。

翻訳:NOGI

転載元:https://note.mu/nogi1111/n/n3f564fb6eda2

2013年2月22日金曜日

ロンドン・カンファレンスについての短信

2013年2月22日

ロンドン・カンファレンスについての短信

Short Update about London Conference
http://2012portal.blogspot.com/2013/02/short-update-about-london-conference.html?m=1


会議は大成功でした!サンジェルマンとの協働により、惑星の主要金融拠点であるシティー・オブ・ロンドンのエネルギー・ヴォルテックスの、エーテル的マトリックス構造の中に光のウイルスを忍び込ませることに成功しました。惑星のエーテル的エネルギー構造上に、長期間有効のポジティブな効果をもたらし、金融システムの変化を支援してくれるでしょう。更なる非常にポジティブな物事も起こりましたが、ここに書くことはできません。体験されなければいけません。


今回は、UFOの目撃はありませんでした。残念!ですがそれよりも、会議が始まる数時間前に、惑星は巨大な宇宙的パワーを私達に見せてくれました。チェリャビンスク州の隕石落下です。ここ数百年間で惑星に起こった最もスペクタクルな宇宙イベントでした。それに加えて更に、会議が始まる数分前に、もう一つの宇宙からの来客である小惑星2012 DA14が、惑星地表に大接近したのです。確実に私達は、宇宙と繋がっているのです!

P.S. シティーのヴォルテックスを活性化の僅か数日後に出た、これらの出来事に関するベンジャミン・フルフォードの週間アップデートからの引用です。

「とにかく、先週は報道されることはないが、イギリスと、アメリカとヨーロッパを支配するカバールとの間に、ものすごい分裂が起こった。特に、イギリス政府が中国の人民元との間の西洋諸国最初の通貨取引国になると発表した点についてだ。しかも、イギリスの信用が下がって、米大手「格付け機関」のムーディーズ社の面目丸つぶれという一幕もそれに続いた。米ドル/ユーログループからのイギリスの撤退と、外国為替市場での中国との直接取引への移行は、連邦準備理事会と欧州中央銀行の背後にいるカバールへの大きな一撃を加えることになった。」

翻訳:NOGI

転載元:https://note.mu/nogi1111/n/n2a02fea8f134

2013年2月19日火曜日

空の兆候

2013年2月19日

空の兆候

Signs in the Sky

http://2012portal.blogspot.jp/2013/02/signs-in-sky-first-sign-that-appeared.html


最初の兆候はローマ法王が辞任をした数時間後に、サン・ピエトロ大聖堂の丸屋根に雷が落ちた形で表れました。



第二の兆候はロシアのチェリャビンスク近郊に落ちた隕石でした:

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2279020/Russian-meteor-shower-Fireball-outer-space-1-000-injured-40-ton-meteor-travelling-33-000mph-explodes-terrified-town.html

http://rt.com/news/russia-meteor-meteorite-asteroid-chelyabinsk-291/

銀河連合は通常、あらゆる惑星外の物体が落ちてくることを防ぎ、惑星の地表を守ってくれますが、地球の外には宇宙があるという事実を人類に再認識させるため、またはカバールの奴隷として日常を過ごしていることを再認識させて目覚めさせるために、今回の隕石はそのまま行かせたようです。

この隕石は自然物です。UFOだったりカバールの陰謀ではありませんでした。

同日の数時間後、全く別の宇宙物体が地球に非常に接近しました:

http://www.space.com/19646-asteroid-2012-da14-earth-flyby-complete-coverage.html

次の空の兆候は、3月に観測できるパンスターズ彗星です:

http://earthsky.org/space/comet-panstarrs-possibly-visible-to-eye-in-march-2013

レモン彗星も3月に観測可能です:

http://thewatchers.adorraeli.com/2013/02/03/green-comet-lemon

今年の終わりには、また一つ壮観な彗星が観られるでしょう:

http://earthsky.org/space/big-sun-diving-comet-ison-might-be-spectacular-in-2013

これら全ての出来事は宇宙の自然現象であり、ソースから直接発生する惑星解放計画の一部でもあります。空のこれらの兆候の目的は、三次元からの人類の意識の上昇であり、それによってイベントと来る惑星規模の変化への準備をさせることです。

翻訳:NOGI

2013年2月13日水曜日

広めてください!世界中で新コブラカンファレンス

2013年2月13日

広めてください!世界中で新コブラカンファレンス

New Cobra Conferences Around the World
http://2012portal.blogspot.com/2013/02/make-tihsviral-new-cobraconferences.html?m=1


2012年12月21日のエジプトでの活性化の成功もあり、新しいコブラカンファレンスの周期を始めたいと思います。

カンファレンスの場では、人々がより詳細に渡る情報を受け取ったり、質問をすることができます。カンファレンスが開かれる場所は、惑星のライトボディーグリッドを強化するための惑星ヴォルテックスポイントに戦術的に選ばれます。カンファレンスの目的は2つの要素から成ります。ヴォルテックスを活性化し、惑星のライトボディーを強化すること。そして献身的なライトワーカーの精神に光と明瞭さをもたらすことです。各カンファレンスは、独特なエネルギー的イベントとなるでしょう。あなたのウェブサイトやブログ、フェイスブックで、この情報の拡散をお手伝いいただくようお願いします。

最初のカンファレンスは2月15日から17日までの間に、ロンドンで開かれます。

有名な「シティー」の近郊で、この会議は開催されます。シティー・オブ・ロンドンはこの惑星の金融支配の主要拠点であり、そのロンドン・ヴォルテックスを活性化することによって、惑星グリッドの主要な光のヴォルテックスにしてしまいましょう。カンファレンスでは最新情報が手に入り、それらは後にブログの方でも提供されるでしょう。

カンファレンス開催初日の金曜日に、地球と非常に近距離の静止軌道内を地球近傍小惑星が通過します。地球に衝突する恐れはありませんが、地表に接近する時の通過エネルギーは面白いものになるでしょう。

http://www.nbcnews.com/id/46647666/ns/technology_and_science-space/#.UQlSovLETFx

ロンドン・カンファレンスについての詳細と登録はこちらでいただけます。

http://portal2012.org/London.html

第二のカンファレンスは3月15日から3月17日までの間に、ローマで開かれます。ローマは地球の隔離状態を維持する鍵を握っている古代都市です。つまり、惑星解放の鍵となる都市ということです。ローマでは第二の鍵を開錠し、惑星解放を支援しましょう。そして、こちらはコブラによる最初の新社会会議となるでしょう。新社会とはイベント後に編成される組織であり、その創設が本会議の目的となります。私達が見てみたいと思う変化を具現化する、活きたカンファレンスとなるでしょう。リーダーになりたいと思っている方には、是非ともご参加いただきたいです!新しい世界を創りましょう!リーダーシップ、ヒーリング、メディア、芸術、先端技術、金融、法律、スピリチュアルなどの特技を持つエキスパートの皆さまのご参加をお待ちしています。こちらでご登録いただけます。

http://portal2012.org/Rome.html

第三のカンファレンスは4月19日から21日の間、有名な金融中心地であるスイスのチューリッヒで開かれます。このヴォルテックス活性化により、世界中に調和の共鳴波が拡がっていき、惑星の金融状態の変化を支援するでしょう。

本会議についての詳細の参照と登録はこちらでいただけます。

http://portal2012.org/Zurich.html


第四のカンファレンスはカリフォルニア州ラグナビーチの近くのアーヴァインで開かれます。コブラによる第二の新社会会議となります。リーダーシップ、ヒーリング、メディア、芸術、先端技術、金融、法律、スピリチュアルのエキスパートの方々は是非ともお越しください!5月25日の満月の前後、5月24日から26日までの間に開催されます。5月25日は、2013年でも最も重要なエネルギーポータルの日付の一つであり、大きなブレイクスルーが予想されています。人類のための霊的な祝祭である「ウェーサーカ祭」の日でもあります。惑星全体に光がもたらされるでしょう。5月の満月の時には、イニシエーションを受けた者やマスター達が、主要ヴォルテックスであるヒマラヤの山々に集結し、地球の為に光を定着させるでしょう。しかし、これも全体の物語の一つに過ぎません。ポータルは更にもっと偉大なものなのです。そのポータルについての詳しい情報は、時期が来ればお話いたします。

本会議についての詳細の参照と登録はこちらでいただけます。

http://portal2012.org/Laguna.html

今年の年末には更なるカンファレンスを予定していますが、惑星情勢に寄ってくるでしょう。

ご参加ください。そして共に光の勝利を創りましょう!

翻訳:NOGI

転載元:https://note.mu/nogi1111/n/n483ffdb16277

2013年2月10日日曜日

創造の力

2013年2月10日

創造の力

Power of Creation

http://2012portal.blogspot.jp/2013/02/power-of-creation-we-as-collective-have.html

私達は一丸となって、この惑星に黄金時代を築き上げる力を持っています。クリティカルマスに値する人々が決意をし、どんな反対にされ妨害を受けようがしつこく主張し続ければ、黄金時代は数学的確かさを持って訪れるでしょう。

報道はされませんが、背後では物凄いことが起こっています。2月22日の後には光の勢力の特定の作戦が完了するため、いくつかの情報をお伝えできるでしょう。

I AM の力

求めよ。さらば与えられん

想像は、現実になる。

無限の可能性

翻訳:NOGI
【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP