2014年5月8日木曜日

地球惑星の最新情報

2014年5月8日付

地球惑星の最新情報


舞台裏では着実に前進しています。東方連合及び西側諸国にいるその仲間たちは、人類が金融リセットを迎えられるように、さらに歩を進めているところです。




カバールの多くの派閥は(イルミナチ・テキサス・ボーイズ、シオニスト・ロスチャイルド、イエズス会、肉体を持って残存している少数のアルコンと繋がっているイタリアの黒い貴族)急速に力を失いつつあり、もはやイベントの時刻表に影響を与えられません。現在イベントを遅らせている本当の勢力は、グローバルな軍産複合体内部のキマイラグループです。世界中の軍事基地に物質的ストレンジレット爆弾を備えており、さらにはエーテル上のアルコングリッドも存在しています。エーテル上のアルコングリッドには、風変わりなエーテル的/プラズマ・スカラー兵器のテクノロジーが施されており、地上の住民の行動に影響を与えることができます。




最後のレベルの、エーテル上のアルコングリッドが、ゆっくりと力を失いつつあるので、地上の住民の目覚めた人たちは、アルコンのプログラミングが解け始めています。人々はニューエイジ思想の限られた信念体系に、いくつか気づくようになりました。


人々はまた、苦難は決して人生体験の一部として意図されたものではないことに気づくようになりました。そしてとうとう、この地球の二元性という実験はエラーであり、修正する必要があることを認識しています。修正は、光に戻るプロセスを経てなされます。


アルコンが4世紀にミステリースクールを消し去る前は、グノーシス主義者たちは修正のプロセスに完全に意識的でした。そして今、この知識が再び戻ってきています。


地上の住民の最も目覚めた人たちは、地球上のエーテルグリッドを癒やすことに、積極的に関わり始めています。この記事で読むことができます。


この記事の筆者であるHilda van der Laanは、興味深いビジョンを経験しました。このビジョンは、実はIS:ISポータルの活性化を表しているものです。

「私は光の勢力からビジョンを受け取りました。インディゴブルーと紫の光に先導され、次のようなシンボル/画像が現れました。人々が光の柱の中に立っています(近い未来)。光の上昇と下降螺旋の内側にです(ボルテックス/DNA螺旋)。人々の頭上には、女神イシス(アイシス)の螺旋の柱が広がっています。このことは女性原理の活性化を、即ち、ハートから上のエーテルチャクラの活性化を表しています。下降する螺旋は、空中のrainbow shipsによるものです。地上の人々にエネルギーを分け、144,000人が活発になるよう促しているのです」。

このような目覚めの兆候はすべて、光の最終勝利が近いことを示しています。

転載元

http://nowcreation.jimdo.com/2014/05/09/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%83%91%E6%98%9F%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP