2017年4月9日日曜日

拡散希望!平和瞑想 2017-4-11

2017年4月8日(土)

瞑想日時: 2017年4月11日 15時8分 (日本時間)
全世界シンクロ瞑想に参加する場合の同時スタート URL : https://prepareforchange.coeo.cc/meditate/?mid=672
このページを直前に開くと混雑でつながらない可能性があります。ページを1時間以上前に事前に開いて、右側の音声を日本語(Japanese)に選択しておいてから放置すれば、時間になると自動的に日本語音声ガイドが流れて、全世界とシンクロして瞑想をスタートできます。
★シンクロ瞑想のページにつながらない場合は以下の音声で、15時8分に合わせてスタートして下さい。

再び行動の時がやってきました!いまこそ、私たちの世界の運命を自分の手で決める時です!惑星が平和になるまでのプロセスに時間が掛かりすぎていることを、皆さんも思っていることでしょう。一つの集団として、このプロセスを加速させるチャンスがいま訪れました。4月11日の満月の日を利用してポータルを作り、惑星周りのエネルギ・フィールドをバランスさせましょう。
この瞑想を行うことで、いまシリアで激化した軍事情勢のネガティブな影響を弱めることが出来ます。
この瞑想を広めて下さい!世界中に広めて下さい!ウェブサイトやブログに投稿して下さい。スピリチュアル・グループを招待して一緒にやりましょう。代替メディアの関係者の知り合いがいれば、知らせてあげて下さい。お住まいの地域周辺の地域フェイスブックグループを作るのもいいでしょう。このイベントのための中心となるフェイスブック・グループも必要です。動画を作ってYouTubeに投稿しましょう。
科学研究では、集団瞑想が人間社会に及ぼすポジティブな効果をすでに実証しています。この瞑想に参加する一人一人が、イベントの実現を早めることができるのです。
この瞑想はまた、光の勢力が光のエネルギを地表に定着させることを助け、惑星和平に至るプロセスを加速させるために必要なライトグリッドの強化にもなります。そのプロセスを加速させるために、地上の人々が唯一に最大限の影響を及ぼすことは、この瞑想に参加する人数を増やすことです。
私たちはこの瞑想で、144,000 人のクリティカル・マス(臨界数)に到達することが出来ます!
この瞑想の占星図は、太陽/天王星/エリス、ヴェスタ、木星/月と冥王星・ジュノーが作るカーディナル・グランド・スクエアを示しており、それは光の勢力の介入によって最終的に解消されるまでの惑星緊張状態のピークを表しています。
私たちはこの瞑想を日本時間、4月11日火曜日の満月の日の15時8分に行います(GMT 6時8分)。
日本以外にお住まいの方は、以下のリンクでローカルの時間を確認出来ます。
瞑想手順:
1. 自分なりのやり方で、意識をリラックスな状態にしてください。
2. この瞑想で、惑星地球とその住民に平和をもたらすプロセスを、加速させる意図を表明して下さい。
3. 銀河のセントラル・サンから放たれた光の柱が、太陽系内のすべての光の存在を通り、あなたの身体を通り、地球の中心まで降りていくのをイメージして下さい。続いて、もう一本の光の柱が地球の中心からあなたの身体を通って上へ、太陽系内のすべての光の存在に向かい、さらに銀河に向かっていくのをイメージして下さい。いま、あなたは二本の光の柱の中にいます。光が同時に上下に向かって流れています。この二本の光の柱を数分間維持して下さい。
4. 紫色の炎がシリアのヴォルテクスと、プラズマ界、エーテル界、アストラル界にあるそのヴォルテクスのエネルギ・フィールドを浄化しているのをイメージして下さい。それから、この紫色の炎が広がっていき、中東全域を浄化しているのをイメージして下さい。さらに惑星全体を包み込むまで広げていって、プラズマ界、エーテル界、アストラル界にある惑星のエネルギ・フィールドを浄化しているのをイメージして下さい。
5. 今度は柔らかいピンク色の聖なる女性的ヒーリング・エネルギが、シリアのすべての人々を癒やし、シリアに平和をもたらすのをイメージして下さい。この柔らかいピンク色の光がパルミラを守っているのをイメージして下さい。この聖なる女性エネルギが、シリアの武力衝突に関わった世界中の人々の精神と心を癒やしているのをイメージして下さい。続いてこの聖なる女性エネルギを中東全域に広げて、そこにいる人々を癒やしているのをイメージしてください。さらにそれを惑星全体を包み込むまで広げ、惑星上のあらゆる生きる存在を癒やしているのをイメージしましょう。
女神は平和を望んでいます。だからきっと平和になるでしょう。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

PFC-JAPAN Official Group のフェイスブック・グループに
参加するには以下のリンクをクリックして下さい

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP