2018年10月13日土曜日

状況報告

2018年10月13日

状況報告

Situation Update
http://2012portal.blogspot.com/2018/10/situation-update.html


銀河の中心の活発化した活動は続いています。銀河の光の勢力は、最後に残存する巨大な量子揺らぎの量子特性のダイソン球を除去しました。ダイソン球は、直径4光年の大きさで太陽系をすっぽりと包み込んでおり、この太陽系のアセンションのプロセスを阻害していました。



量子ダイソン球は、1996年にキメラグループが設定した高度な量子超次元ポータルで、いま永久的に完全消滅しました。

その結果として、太陽が銀河の光のネットワークに最後に加わり、いま光のポータルとして完全に機能しています。

いま、語るに足りる価値のある初期異常は、すべて地表から惑星の直径も離れていない位置の内側に集中しています。

銀河の勢力は、この太陽系の内側に位置しています。クロークしていますが、エネルギーに敏感な人は確実に感じ取ることができます。



地上の住人にこれらのマザーシップの存在がわからないようにするために、NASAは、「空に見てみないふりをするもの」を設定しました。

https://spacenews.com/nasa-addressing-problems-with-hubble-and-chandra-space-telescopes/

いま残存するプラズマトップレット爆弾はすべて、地表から30メートル以内にあります。

プラズマトップレット爆弾は、セットのトンネルと言われるプラズマフィラメントを介してプラズマインプラントのネットワークとつながっています。

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP