2018年1月16日火曜日

オペレーション・ミョルニル

2018年1月16日

オペレーション・ミョルニル

Operation Mjolnir
http://2012portal.blogspot.jp/2018/01/operation-mjolnir.html

オペレーション・ミョルニルは、隔離地球で銀河法典の履行を確保するための、光の勢力の特別な作戦です。

ミョルニルは、トールのハンマー(北欧ではトール、古代ローマではユピテル、ギリシャではゼウス、エジプトではオシリス、アトランティス後期ではアスター)と呼ばれる銀河連合による非公開の特別なテクノロジーであり、隔離地球区域で再び銀河法典が尊重されることを確実にするものです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Mj%C3%B6lnir
日本語wikiミョルニル

ミョルニル・テクノロジーが提供する内容の一つとして、ネガティブな思考、感情、行動を発しているあらゆる闇の存在を、量子異常の量を計測することで検出することにあります。ミョルニル・テクノロジーのもう1つの内容は、銀河法典に基づいていかなる闇の存在もこの領域から排除して処理をすることのできる確実な封じ込みと処理の技術です。。その処理は通常、ガニメデのある施設で行われています。


2017年11月以来、オペレーション・ミョルニルはフル稼働しています。



サブルーナー空間では、銀河連合所属の光の勢力が様々な闇の派閥メンバー全てに、光を受け入れるのか、それとも銀河中心に連行されて再処理されるのかの選択を迫っています。


日本語字幕

最近問題を起こしている主な派閥は、いわゆるイルミナティ離脱複合体(IBC)です。IBCはキメラ配下のネガティブ派閥であり、1996年のアルコン侵攻の間、地表のイルミナティ・ネットワークから離れて地下に入りました。IBCは、各地下都市を超高速列車でつなぐ独自ののネットワークを構築しています。IBCの地下ネットワークは米軍の地下ネットワーク(1950年代から建設され、2000年より後にレジスタンスが掃討)、キメラの地下ネットワーク(26000年前に建設され、現在ほぼ完全にレジスタンスが掃討)、アガルタの地下ネットワーク(26000年前に建設され、レジスタンスが加わった最近数十年で拡大)とは別のものです。

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP