2012年12月26日水曜日

コンタクトの日についてのレポート

2012年12月26日

コンタクトの日についてのレポート

Day of the Contact Report

http://2012portal.blogspot.jp/2012/12/day-of-contact-report-activation-of.html


12月21日のポータル活性化は部分的な成功を収めました。

エジプトにいた私達の核となるグループは、カバールからの全ての物理的、非物理的な妨害の中でも特に光を定着させることに素晴らしい成功を収めました。活性化の最中、アメリカ合衆国のイルミナティ・フリーメーソングループがクフ王の大ピラミッド内部に閉じこもり、ポータルが開かれるのを防ぐためにまるで狂ったかのように次から次へと儀式を執り行っていました。言うまでもなく、カバールは本当のオカルトを知りません。彼らは誤ったピラミッドを選んでいましたことからも、それは明白です。私達は本当の偉大なピラミッドとされる、カフラー王のピラミッドの内部で活性化に取り組みました。カフラー王のピラミッドは愛のスターゲートであり、惑星全体のエネルギーグリッドの本当の主要地点なのです。そこにはカフラー王のピラミッドからスフィンクスへと直接繋がっているアトランティス文明の地下の道があります:



もう誰にも私達を止めることはできませんでした。一か月にも及んだ私やグループ内の鍵となるメンバーへのエネルギー攻撃の数々も、ギザの近くの2か所で発生したカバールによる偽旗作戦も通じませんでした。偽旗の一つはテロリストによる爆発事件と、もう一つはナイフを持った男による犯行で、ギザ高原に忍び込むために仕組まれました。ムスリム同胞団のエージェントやスパイ全員が瞑想をしようとするグループを止めろという政府からの指示を受けていたわけではなかったようです。私達は闇に面する全てのポータルを開きました。大いなる真実の光の勝利でした。私達は50-60人の善良なグループのみでカフラー王のピラミッド内部であらゆる活性化をその日のうちに行いました。私達の冒険は「ダヴィンチ・コード」を越えるほどのものでした。いつか偉大な小説となることでしょう、それはフィクションではありませんが。残念ながら、多くのライトウォーリアーを危険にさらすことを避けるためにも詳細はお伝えすることができません。彼らは白い貴族やレジスタンスに所属している者もいれば、ピラミッドの神秘を何世代にも渡り守り続けているガーディアンズに所属している者もいました。彼らの援助がなければ私達の成功はなかったでしょう。そして、私達はもういつでも物理的に安全であると言えるでしょう。

こちらはスフィンクスでの活性化中に現れたオーブの写真です:



サッカラにある、地下ネットワークに繋がるアトランティス文明のトンネルの入口の写真です。ギザまで続いています:







惑星上では、私達と共に瞑想に参加いただいた人が多くいましたので、お礼を申し上げます。しかしながら、クリティカルマスには届きませんでした。

このポータルの活性化によって、以下のことが惑星規模で達成されました:

1. 全てのネガティブな未来のタイムラインが完全に跡形もなく消去されました。カバールによる地球破壊計画の可能性を完全にゼロにすることを実現しました。第三次世界大戦はもう起こりません。新世界秩序も、人口削減も、FEMAキャンプ収容も起こることはないでしょう。

2. カバールが大規模な人数の人類の生命に対して生物兵器の使用によって脅威を及ぼそうとすることについては、ポジティブな勢力によって制限がかけられました。

3. ブラックボックスにウイルスが入れられました:エーテル界のアルコンのスパイネットワークからカバールの物理的メインフレームコンピューターへの接続エラーという結果をもたらすでしょう。それによってマトリックスの裂け目をつくりだします。

4. 3人の主要物理アルコンが排除されました。

5. 宇宙の平和、愛、そして「永遠の今」のエネルギーがポータルから放たれ、多くの人々のハートに届いています。ようやくブラックホールの出口から出始めて、イベント地平線の真実の光のスパークを見ています。このイベント地平線の内側境界こそが、アセンションプロセスの本当の始まりとなります。12月21日あたりのライトワーカー達による多くのまやかしの思想や予想は崩れ去りましたので、私はやっと人類への本当のアセンション計画について明かす認可を プレアデス人から受けました。

ポータルの活性化によって達成できなかったこともあります:

エーテル界のアルコンネットワークはポータルの開放の後でも無傷で生き残りました。惑星の光の勢力にとっては最大の問題です。一般の人々の間での更なる気づきが必要となりましたので、後程エーテル界のアルコングリッドについての記事を投稿します。具体的にアルコングリッドのどの部分が残っているかの詳細を書きますので、私達の意識によってそれらの消滅を手助けできます。この部分で大きな進展がない限り、イベントを起すことはできないでしょう。現時点では、イベントを唯一妨害していることと言えるでしょう。下にあるものは上にあるものの如く、上にあるものは下にあるものの如しです:エーテル界で起こることは物理界で具現化するように、私達が物理的に惑星の変化を望むならば、まずは非物質界の状況を変えなければなりません。

そして、私達はきっとやり遂げるでしょう。光の勝利は間近です!

翻訳:NOGI

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP