2015年8月20日木曜日

不死の秘密

2015年8月20日付

不死の秘密

Secret of Immortality
http://2012portal.blogspot.jp/2015/08/secret-of-imortality.html

不死に関する秘密は、光の勢力の最奥義の一つです。それは、波動、内側の純粋性、光への献身が一定量に達していない人には、決して明かされることがありませんでした。

私は今、差し障りのないぎりぎりの範囲で、それを地上の人々に明かしましょう。

特定の転換プロセスを通して不死の体を得るのですが、それは三要素の適切な組み合わせによって達成されます。

1.ミトコンドリアのエントロピー・プロセスを逆にする。

http://www.breatharian.com/ascension.html

2.エネルギー体のエントロピー・プロセスを逆にする。それは、内的、外的な錬金術を用いた、女性性と男性性の神聖な結合によって達することが可能である。

3.プロセスを支えるために、エリクサー(不老不死薬)を定期的に摂取する。二系統の薬を利用でき、ミネラル系のほうが薬草系よりも効果が高い。



アルコンとカバールは、このプロセス全体を理解していないにもかかわらず、不死を求めています。彼らは、メンフィス・ミスライムのメーソン・ロッジから盗んだ、そのプロセスを断片的に理解しているだけです。不死身となるためには、あなたの内なる女神が、あなたの中にある邪悪さを征服するに至るまで、あなたの人格上のエントロピーを減少させなければなりません。彼らはそのことを理解していませんでした。

(訳注:2014年10月16日付オルド・ブチントロより。
カリオストロはイシスの祭司となってミスライムを創りました。ミスライムは、フリーメーソンのシステムでした。それは、およそ2,000年間眠ったままだったイシスの秘儀を再開させるためのものでした。残念なことに、ほとんどのミスライムのフリーメーソン・ロッジは、それらが創られた直後にイエズス会に浸透され、イタリアの黒い貴族によって、彼らの目的のために悪用されました)

不死身となることは、肉体の内側に女神が臨在する際の、究極の現れ方です。そしてこれは決して、カバールがもっている戦争思考を通して達成することはできません。

星の同胞団――ヒマラヤ山脈の地下にあり、場所は明かされていません――の12人の長老は、この26,000年間、同じ肉体のままです。

星の同胞団は不死の秘密を、西王母を通じてブルードラゴンに伝えました。西王母は数千年前の不死の女神です。

http://www.suppressedhistories.net/goddess/xiwangmu.html

http://www.pantheon.org/articles/x/xi_wang-mu.html

彼女の教えに基づいて、ブルードラゴンの進歩しているメンバーは、同じ体で数百年も生きることができました。

星の同胞団は不死の教えを、彼らのメンバーにして錬金術師でもあるニコラ・フラメルを通じて、西洋に伝えました。

西洋の多数の星の同胞団のメンバーは、シオン修道院と、薔薇十字のサークル内に大きな影響を及ぼしました。その中の一人がルネ・ダンジューで、この1,000年間で誰よりも人類史を良き方向に変えた、ただ一人のキーパーソンです。彼がルネッサンスの火を灯しました。

http://www.ancient-origins.net/history-famous-people/rene-anjou-littlefinger-pre-renaissance-game-thrones-003036

http://quintessentialpublications.com/twyman/?page_id=44

彼のエンブレムであるロレーヌ十字は、光と闇の三角形分割のオカルトシンボルです。闇を吸収する強烈な光の原理は、錬金術的な変容プロセスによって、闇を消滅します。

ロレーヌ地方はとても重要な女神のボルテックスで、ウンタースブルク及びヴェニスの女神のボルテックスと共に、ヨーロッパのための光を保持しています。キメラは、時空歪曲チェンバーから成る、複合地下システムを建設することで、この女神のボルテックスを抑圧しようとしました。今はもう光の勢力が、この地下システムをきれいにしましたが、それはロングアイランドに繋がっていました。

http://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/fakesecondcoming/fakesecondcoming11.htm

光の勢力、特に星の同胞団と、いくつかの進歩したブルードラゴンのグループは、ロレーヌの中心部の街ナンシーにある、アールヌーヴォーのガラス工房を霊導することで、ロレーヌの女神のボルテックスを支えてきました。当時のガラス工芸品の多くに、女神の存在を活性化させる光のコードが埋め込まれています。アールヌーヴォー時代の偉大なガラス工芸家ドームは、自分の作品にロレーヌ十字のサインを入れました。

ロレーヌ十字の一つのメッセージは、カバールの計画に反して、陰に日に、光のために働いている光の存在者たちが、あらゆるアルコンや黒い貴族の家に転生しているということです。

一例として、コロンナ家という有名なアルコンの家柄に生まれた、フランチェスコ・コロンナがあげられます。彼の興味深い小説『ポリフィーロの夢』には、コード化されたメッセージが含まれていますが、人々を目覚めさせるよう、星の同胞団に導かれたものです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Hypnerotomachia_Poliphili

この本は、Achile Bocchiの『エンブレム・ブック』と共に、いくらか不死の秘密について明かしています。

いくつかの白い貴族家、特にエステ家とメディチ家は、昔、星の同胞団から接触されました。そして今でも実際に、女神の秘儀の一部を代々引き継いで保持しています。ここで、この二つの家の人たち、もしくは、他の白い貴族家の人たちで女神の秘儀を受け継いでいる人は、私にご連絡くださるようにお願いします。cobraresistance@gmail.com

女神は平和を望んでいるので、平和になるでしょう。

転載元
Now Creation
http://nowcreation.jimdo.com/2015/08/21/%E4%B8%8D%E6%AD%BB%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86/

0 コメント :

コメントを投稿

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP