当サイトは「The Portal」のCOBRAの情報を正確な翻訳のみ掲載しております。尚、PFC JAPANというサイトや、そのTwitterFacebookが存在しますが、 PFC-JAPAN OFFICIALとの関連性は一切ございませんので同一視されないよう宜しくお願い致します。

2013年11月28日木曜日

イエズス会のアジェンダ

2013年11月28日

イエズス会のアジェンダ

The Jesuit Agenda

http://2012portal.blogspot.com/2013/11/the-jesuit-agenda.html


イエズス会のアジェンダは、東方連合にエージェントを潜り込ませ、新たな金融システムの創造プロセスを乗っ取ることです。言うまでもありませんが、東方連合のトップの人々はこのことには気づいていますし、そうはさせないでしょう。また、ホワイトドラゴンソサイエティ—(白龍会)のトップメンバーは何十年も前に彼らのゴールドをイエズス会のエージェントに捧げ、その代わりに価値がない紙きれ(アメリカ政府の契約)を得たという、彼らの先祖が経験した苦い教訓から学びました。ホワイトドラゴンソサイエティ—は今ではより注意深くなりました。特にイエズス会が中国の秘密諜報機関の特務(Te-Wu)を通して白龍会に侵入を試みているからです。

イエズス会の計画は、光の勢力にイルミナチ派閥(ロックフェラー、ブッシュ、キッシンジャー、チェイニーなど)を粛清させ、それから秘密裏にロスチャイルド家と結託し、新たな金融システムの構築行程を乗っ取るというものです。カバールの降参のための終わりの見えない交渉の場にはいつも彼らのエージェントが出席しますが、彼らは常に合意内容をイエズス会の計略に近いものへと誘導しようとしてきます。法王を新たなM1(財政の支配者)にしようという計画は、このことが元になっています。新しいイエズス会の法王が世界中央銀行の考えを推し進めている理由がこれです。これで世界規模の借金帳消しを起こし、» 善良なる«カトリック教会のご加護の下で自らを人類の救世主として祭り上げようと真剣に検討をしています。そして改新された、より一般人にアピールするやり方でカトリックカルトを宣伝していき、徐々に他の宗教を取り込んでいき(仏教から始まります)、世界の洗脳カルト宗教というゴールに達するまで続けるつもりです。同時に、カトリック教会が過去に犯した全ての悪行はカーペットの下に隠され続けることでしょう。

特別に区間分けされたCIAプログラムを通して、彼らは真実を主張する運動にも侵入し、代替えメディアのおよそ70%の情報は直接もしくは間接的にイエズス会から発せられた偽情報となりました。真実追及/解放運動の内部にいる、イエズス会に直接支配された、または操られている人やグループの名前は持っていますが、近い将来に公開するかもしれませんし、しないかもしれません。

イエズス会はアルコンの指揮の下で、惑星地球の隔離状態の維持のために動いています。イエズス会が16世紀にファルネーゼ家によって作られた組織だとは知っておくべきことです。ファルネーゼ家はイタリアの黒い貴族の中でも特に強い権力を持った家です。

イエズス会が第二次世界大戦を引き起こした理由の一つは、世界規模でゴールドを横取りし、私達の惑星の隔離状態を維持するための黒い予算計画に注ぎ込むためです。「黄金の百合作戦:Operation Golden Lily」はイエズス会の作戦であり、山下陸軍大将はイエズス会の操り人形でした。

https://s3.amazonaws.com/khudes/A-100-030-Q-001%3DHISTORY+REVISITED+%281%29.pdf

イエズス会の失脚にポジティブなテンプル騎士団が一役を担っていたということを、今こそお伝えします。素晴らしい戦略的な機転を利かせ、彼らは一時的に大敵ロスチャイルド家の側に立ち、メンフィス・ミスライムのイタリア、フランス、ハンガリーのエジプト・メイソンリーのグループを通して、1848年と1849年の三月革命を引き起こしました。これらのグループは、当時イエズス会にまだ侵入されていない主要なフリーメーソンのグループでした。

ヨーロッパで起きた三月革命は、イエズス会の権力を大きく低下させ、黒い貴族の影響を減少させ、封建制を排除し、奴隷制の廃止プロセスを全世界で加速させました。多くの人間の生活環境を向上させ始めました。さらに、人類の焦点はイエズス会の心の宗教支配を基にした感情的なものから科学や普通教育を奨励する方向へとシフトしていきました。
言うまでもなく、ポジティブなテンプル騎士団とロスチャイルド家の一時的な同盟は、三月革命が終わるとすぐに消滅しました。


三月革命が現在の価値でほんの$1,000万ドルほどの価値の金塊での支援で起こったことは着目すべき点です。世界を劇的に変えるのに、そこまで費用はかからないということです。

現在、ポジティブなテンプル騎士団は更に強力でポジティブなグループと同盟を結び、共にこの惑星の地表からイエズス会の影響力を永久に根絶することでしょう。

イエズス会は現代においては、惑星地球の隔離状態を継続するためにアルコンに尽くしている主要作戦実行タスクフォースです。

彼らの前総長であるピーター・ハンス・コルベンバックは惑星の地表の人類の間に恐怖の振動を維持する役割を担っていました。彼は911(ツインタワー)311(福島)偽旗攻撃の黒幕であり、シリアの紛争を裏で作り出している人物です。彼は都合よくシリアの国境に非常に近いレバノンに居を構えています。

上級顧問のハインツ(ヘンリー)・キッシンジャーは秘密組織PI-40を創設し、今ではそのグループはポジティブなETとのコンタクトを妨害する主要なイエズス会指導の組織になりました。

http://www.bibliotecapleyades.net/exopolitica/esp_exopolitics_F_2.htm#the_prominence

イエズス会CIANSANRONGAを作り出したのは、善良なET種族が彼らの帝国に及ぼす脅威の監視や審査をするためです。

CIAの主な目的は、惑星中にイエズス会に友好的な政治体制を植え付けることです。善良なETに対しての政策については、特にです。イエズス会の主要なプログラミングセンターはワシントン州のジョージタウン大学です:

http://en.wikipedia.org/wiki/Georgetown_University

多くのCIA長官が、イエズス会のプログラムを受けたというのも興味深いかもしれません。911偽旗の時にCIA長官だったジョージ・テネットはジョージタウン大卒です。数年前までCIA長官だったデヴィッド・ペトレイアスは、ジョージタウン大学で軍事奨学生プログラムを履行しました。前CIA長官マイケル・モレルはジョージタウン大学院生です。現在のCIA長官ジョン・オーウェン・ブレナンはもう一つの主要イエズス会プログラミングセンターである、フォーダム大学で学士を修了しました。

国防長官の面々も、ジョージタウンを度々訪れるのが好きなようです。911偽旗の間に国防長官であったドナルド・ラムズフェルドも、ジョージタウン大に通っていました(成績は良くなかったようですが)。2006年から2011年の間に国防長官だったロバート・ゲーツも、ジョージタウン大でPh.Dを修得しました。現国防長官のチャック・ヘーゲルは、ジョージタウン大で教授をしていました。国防長官の役目は、イエズス会の支配の下でネガティブな軍隊の強化をすることです。2004年までに、地下深くに軍事基地の建設工程の監督も彼らの役目でした。2004年の後は、レジスタンスによってそれらの基地は一掃されました。

NSAの主な目的は例外なく「全ての」電子通信を監視、傍受、分析し、善良な知的ETやレジスタンスとの接触がある可能性がある全てのメッセージを審査します。イエズス会帝国にとって、その接触のあらゆる痕跡が脅威となると考えているのです。

NROの主な目的は、ポジティブなETとの接触に関する痕跡を見つけるために惑星の地表を監視し続けることです。もしそのようなコンタクトがあった時には、NROはネガティブミリタリーに知らせて、ポジティブなETコンタクトを手段を問わず排除してきます。それも、イエズス会への脅威となると考えられているからです。

NGAの主な目的は、惑星の地表をできるだけ詳細までマッピングし、支配を完全なものへとするためです。

アメリカ合衆国のイエズス会の権力構造はこちらのように見えます:

http://www.godlikeproductions.com/forum1/message1800251/pg1

上に挙げてきた人の他に、国防長官とCIA長官どちらも歴任し、サンタクララ(イエズス会)大学でプログラムされた、レオン・パネッタという人物についても述べさせていただきます。

最近までDHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)長官だったジャネット・ナポリターノも、同じイエズス会大学を卒業しました。

アメリカ合衆国にある10のFEMA(緊急事態管理庁)の位置をご覧ください:



そして、10のイエズス会管轄区域の位置と比べてみてください:


はっきりとさせていただきたいのは、私は恐怖を植え付けるつもりでイエズス会の計略を明かしたのではありません。しかし、状況の認識をもたらすためにお知らせしました。光の勢力が対策をとっており、イエズス会の計略の成功を許さないでしょう。

光の勝利は近い!

翻訳: NOGI

0 コメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP