2015年5月28日木曜日

コロニーを解放しよう!アップデートと動画

2015年5月28日

コロニーを解放しよう!アップデートと動画

Free the Colonies! Update and Videos
http://2012portal.blogspot.com/2015/05/free-colonies-update-and-videos.html?m=1


コロニーを解放しよう!の活性化の時が迫っています。太陽系の状況について理解を深める為、いくつかの離脱文明や宇宙プログラムについて説明させていただきます。

アトランティス時代、惑星地表には光と闇両方の勢力が公けに姿を現していました。26,000年前、この惑星がキメラとアルコンに支配されると、他の全ての有力な利益集団も地表を離れることを強いられ、文字通り地下に潜っていきました。

そして光の勢力は独自の地下都市ネットワークを作り、過去26,000年に渡り、惑星のための光を保持してきました。このネットワークは「アガルタ・ネットワーク」や、「シャンバラ」、「光の地下王国」など、近代の情報源によって様々な名前で呼ばれていました。

闇の勢力も独自の地下居住地ネットワークを建設していき、地下の一部に既に居を構えていたドラコやレプティリアンと同盟を組んでいきました。26,000年の間、そのネットワークによって闇を保持してきました。このネットワークは、「シャンバラ」、「アガルタ・ネットワーク」、「ナーガ王国」、「パーターラ」などの名前で近代の情報源によって呼ばれています。「アガルタ・ネットワーク」の名前が挙がる時、どちらのネットワークについて話しているのかを見極めるために、識別力を働かせる必要があるのは、このためです。



この26,000年の間、地表で最も進んでいた様々な文明の人々が自分たちの社会から離脱し、地下のポジティブなアガルタ・ネットワークに加わっていきました。旧石器時代のグラヴェッティアン文化のシャーマンや、古代エジプト人の上級司祭、ミノア文明の女神信仰者、古代ギリシャのピタゴラス教団の教徒(後にカリフォルニア州のデスバレーの下にHav-musuv離脱社会を形成します)、古代ローマのアウグル、マヤ人、インカ族やホピ族、17世紀ドイツの南米探検隊、20世紀のマルコーニ(別名フルカネリ)グループなど。

ポジティブなアガルタ・ネットワークは独自の宇宙プログラムがあり、宇宙艦隊や空飛ぶ円盤を使って太陽系内外を飛び回り、他のポジティブ宇宙種族とも交流していました。しかしキメラが押し付けた太陽系、特に地球の隔離状態のせいで、太陽系内の彼らの移動の自由はひどく制限されています。

20世紀初頭、アルデバラン星系からのポジティブなプレアデス人が、人類をキメラとカバールの支配から自由にするために、人類が宇宙船とオーバーユニティーを得ることができるように支援することを決めました。有名なブリル協会のマリア・オルシックを通してテレパシーで接触し、実際に稼働する宇宙船の作り方の指示を与えました。残念なことに、ブリル協会はまずロスチャイルドのエージェントであるアドルフ・シックルグルーバー(ヒトラー)に乗っ取られ、キメラのエージェントのカール・ハウスホーファーによってキメラ直轄の組織になってしまいました。元々のポジティブなブリル協会がエステルハージ家から資金提供を受けていたというのは注目すべき点です。エステルハージ家はハンガリーのポジティブな白いテンプル記事団の一族であり、シリウス恒星系の起源を主張しています。光の勢力の元々のブリル・プロジェクトは短期間で失敗に終わりましたが、長期的に見れば人類に十分な技術的知識を与えることはできました。キメラを打ち負かすには十分な知識です。

キメラが支配していたナチスの秘密宇宙プログラムは、二つの方向へ発展を遂げました。

より秘密が徹底していたドイツ宇宙プログラムは、ハンス・カムラーに率いられていました。カムラーはグリーン・メン(地下のドラコ離脱文明)と協力していました。カムラーの指導の下、ナチスはグリーンランド、アルゼンチン、南極に地下基地やトンネルのネットワークを建設しました。月や火星、小惑星群にも植民地の建設を勧めていき、テリトリーを拡大していきました。ナチス至上主義に刺激され、彼らは愚かにもダーク・フリート(オリオン、ドラコ、レプティリアンの星間複合体)に勝てると思っていたのです。1950年代半ばの凄まじい戦闘で、ドラコ・レプティリアン艦隊によってナチスの地球外植民地は全て跡形もなく消し去られました。

ナチスの公式宇宙プログラムはヴェルナー・フォン・ブラウンによって開発されました。彼は他の科学者達と共に、後にペーパークリップ作戦でアメリカに渡り、アメリカの軍産複合体に吸収されました。彼らはNASAの公式宇宙プログラム窓口を開発した一方、更なる秘密プログラムである(軍事派閥寄りのカバール)ソーラーウォーデンや、法人宇宙プログラム(企業派閥寄りのカバール)も開発していきました。両方のプログラムとも、地下軍事基地に開発されました。ソーラーウォーデンと法人宇宙プログラムは相互連結していましたが、きっちりと区分されていました。どちらとも支配し、指導していたのは邪悪な四人組(キッシンジャー、ブッシュ、チェイニー、ラムズフェルド)です。


2012年、これら全ての秘密宇宙プログラムは光の勢力によって掃討されました。ドルセ、エリア51、パインギャップなどの地下深部軍事基地は全て破壊されました。これらの宇宙プログラムのトップ将校たちは重度の罪を犯しながらも、光を受け入れる意志を見せなかったため、ほとんどは銀河のセントラルサンに連行されました。プログラムに参加していたほとんどのスーパー兵士たちは善人であり、本当に悪い宇宙人の脅威から地球を守っているのだと信じ込まされていました。スーパー兵士の大多数は、太陽系のポジティブなアライアンス(連合)艦隊に加入し、現在はMOSSの支援をしています。

そして今、太陽系をキメラ基地やインプラント局などの残存した闇から解放するための、最終作戦を支援してくれます。

これらの作戦を完遂することで、地政学的な状況に非常に良い影響を与えることでしょう。是非とも5月30日の瞑想にご参加いただき、これらの作戦全体の行程が平和に完了するよう、できる限りの支援をお願いします。

http://2012portal.blogspot.com/2015/05/make-this-viral-free-colonies_27.html

活性化のための動画は24の言語に翻訳されました。

英語:

https://www.youtube.com/watch?v=L8WOTqeJcC8

https://www.youtube.com/watch?v=fgQl7FRJkdQ

ドイツ語:

https://www.youtube.com/watch?v=ggGEXLz0r10

オランダの:

https://www.youtube.com/watch?v=z5t_Gf0J_T4

デンマーク語

https://www.youtube.com/watch?v=m1TFRPt9iwE

スウェーデン語:

https  : //www.youtube.com/watch?v=S3wDF_gVvXY

フランス語:

https://www.youtube.com/watch?v=mzYZkmewhGc

イタリアの:

https://www.youtube.com/watch?v=1oDPJgLRM9w

スペイン語

https://www.youtube.com/watch?v=j7zMYYxQzB8

ポルトガル語:

https://www.youtube.com/watch?v=AoW0IJ2oEpQ

ルーマニア語:

https://www.youtube.com/watch?v=5Q2l0EEk1Zk

ハンガリー語:

https://www.youtube.com/watch?v=TCvgSG6_Et0

ラトビア語:

https : //www.youtube.com/watch?v=_Z5aNJrS5rY

ロシア語:

https  : //www.youtube.com/watch?v=j7ZVuxEfnVs

チェコ語:

https://www.youtube.com/watch?v= jWMdIgoDbqw

ポーランド語:

https://www.youtube.com/watch?v=QzLPHUDyuWY

クロアチア語:

https://www.youtube.com/watch?v=UQ6Ros4ge-Q

スロベニア語:

https://www.youtube.com/watch?v=10rFTtzLg2A

ヘブライ語:

https  : //www.youtube.com/watch?v=_iuc1rIaPU8

トルコ語:

https : //www.youtube.com/watch?v= muLkxtO7kLI

ペルシア語:

https://www.youtube.com/watch?v=qxyFBScEgcg

アラビア語:

https://www.youtube.com/watch?v=uvdtM_7TxM8

日本語:

https://www.youtube.com/watch?v=1yIN2H9Mdms

中国の伝統的な):

https://www.youtube.com/watch?v=eDxRag-abNU

中国語(簡体字):

https://www.youtube.com/watch?v=VMRN5WV3O6Y

ヒンドゥー後、ベンガル語、パンジャーブ語などの動画も必要ですので、翻訳いただける方はテキストをparlagisas777@gmail.comまでお送りください。

太陽系と地球のブレイクスルーが訪れる!

翻訳:NOGI

転載元:https://note.mu/nogi1111/n/n6d43388f59fa

2015年5月21日木曜日

拡散希望! コロニーを解放しよう!

2015年5月21日付

拡散希望! コロニーを解放しよう!

MAKE THIS VIRAL! FREE THE COLONIES!
http://2012portal.blogspot.jp/2015/05/make-this-viral-free-colonies_27.html

再び行動を起こすときです! 私たちの世界と太陽系の運命を自分たちの手に取り戻すときです! そのために、今年の5月30日、私たちは個人やカップルで集まり、大小のグループをつくります。私たち大勢がMOSS (Multidimensional Operations Solar System) のブレイクスルーに加勢し、光の勢力――彼らは今、最後の闇の残滓から私たちの太陽系を解放しているところです――を支援します。

過去に多くの人間が、太陽系中のたくさんのコロニーで奴隷状態の人質として暮らしていました。太陽系は様々な秘密の宇宙プログラムのもとにあったのです。それらのプログラムに関する、比較的正確な概要をこちらで読むことができます。

http://exopolitics.org/corporate-bases-on-mars-and-nazi-infiltration-of-us-secret-space-program/

http://exopolitics.org/multiple-moon-bases-u-s-military-space-shuttles-as-cover-programs/

2012年、光の勢力は、私たちの太陽系からすべての秘密の宇宙プログラムを一掃し、キメラグループが直に守っていなかったコロニーを解放しました。

残念なことに、太陽系中の少数のコロニーとインプラント局が、キメラのストレンジレット爆弾のせいで解放されておらず、人々は、まだそこで奴隷状態で生きています。そしてコロニーでの儀礼虐待は、地上を上回る程のものなのです。

MOSS の現在の局面において、光の勢力はこれらのコロニーを掃討している最中です。そこで保護された人々は、解放されて癒やしを施されています。


2015年5月16日土曜日

ディスクロージャー

2015年5月16日付

ディスクロージャー

Disclosure
http://2012portal.blogspot.jp/2015/05/disclosure.html

ディスクロージャーのプロセスを開始するときになりましたので、比較的最近の本物の画像を二つリリースします。ディスクロージャーのプロセスに関与している、ドラゴン筋からのものです。私は光の勢力から、この二つの画像が何であるかを、まだ明かさないようにと指示されました。なぜなら、そうしてしまうと人間のマインドは、憶測や知的な思考に走るからです。人々がエネルギー的に画像を直接体験する方が、ずっと大事なのです。



今後、私が本物の画像をリリースするときには、いつでもそのように明示します。

ブレイクスルーは近い!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

訳者より:前回の記事欧州ブレイクスルー会議の報告/ジェイドヘルムのヴィーナストランジットについて。

「ヴィーナストランジット」は、金星のプレアデス星団通過を指しているようです。

訳者は「ヴィーナストランジット」を(金星の日面通過)と解釈しましたが、合理的ではないので、すぐにその注釈を削除しました。

イーストボーンのブレイクスルー会議をまとめた記事の中に ”Venus transit over the Pleiades” という表現がありました。

転載元
Now Creation
http://nowcreation.jimdo.com/2015/05/17/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC/

2015年5月7日木曜日

欧州ブレイクスルー会議の報告/ジェイドヘルム

2015年5月7日付

欧州ブレイクスルー会議の報告/ジェイドヘルム

European Breakthrough Conferences Report
http://2012portal.blogspot.jp/2015/05/european-breakthrough-conferences-report.html

ヨーロッパでの一連の会議は、ドイツ、コンスタンツの会議から始まりました。コンスタンツ会議の報告はこちらで読むことができます。

http://2012portal.blogspot.com/2015/03/march-monthly-update-another-interview.html (日本語:お知らせとブレイクスルー会議の報告)

さらに詳しい会議ノートはこちらで読むことができます。

http://recreatingbalance1.blogspot.com/2015/03/notes-from-cobra-konstanz-conference.html

http://recreatingbalance1.blogspot.com/2015/04/notes-from-cobra-and-isis-conference-in.html

http://recreatingbalance1.blogspot.com/2015/04/notes-from-cobra-and-isis-conference-in_16.html

http://recreatingbalance1.blogspot.com/2015/04/notes-from-cobra-and-isis-conference-in_23.html 

(日本語:コンスタンツの会議ノート Part 1〜part4)

次の会議が英国、イーストボーンのそばで催されました。その週末の間、とても重要な、ヴィーナストランジットが、プレアデス星団のそばで起こりました。

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP