当サイトは「The Portal」のCOBRAの情報を正確な翻訳のみ掲載しております。尚、PFC JAPANというサイトや、そのTwitterFacebookが存在しますが、 PFC-JAPAN OFFICIALとの関連性は一切ございませんので同一視されないよう宜しくお願い致します。

2021年10月2日土曜日

光を保ってⅡ

2021年10月2日

光を保ってⅡ

Hold the Light II


舞台裏では多くのことが行われていますが、セキュリティ上の理由からあまり公表ができません。ですが出来る限りお話しします。

9月はとても強烈な月でした。光の勢力は非常に深刻な結果を招きかねない3つの危険な惑星の状況の回避に成功しました。

一つのヒント

https://www.sott.net/article/147042-Russian-Journal-HAARP-Could-Capsize-Planet
日本語訳ロシア誌「HAARPは惑星を転覆させる可能性がある」

9月18日の変曲点は予想以上にうまくいき、物理的な亜量子異常の解消が始まりました。9月18日以降、闇の勢力は物理面での支配力を失い始めています。彼らがネガティブなシナリオを引き起こすたびに、それが裏目に出てより多くの人々が目覚め、闇の勢力がさらに力を失いつつあります。

画像の翻訳:

ここまで来たのに諦めようと考えている方。覚えておいてください。

彼らはあなたが弱いと知っているからあなたを締め付けているのです。

あなたを締めつければ、あなたは陥落する。

あなたが屈しなければ、彼らは気が狂って更に締め付ける。

あなたがそのまま屈しなければ、彼らはさらにクレイジーになる。

彼らがクレイジーになれば、クレイジーだと見えるようになる。

クレイジーな様相を呈すれば、人々はそれに気づくようになる。

より多くの人が気づけば、多くの人が目覚める。

より多くの人が目覚めれば、彼らの恐怖心は更に増す。

彼らの恐怖心が増せば、彼らはもっとクレイジーになる。

もっとクレイジーになれば、より多くの人が目覚める。

その繰り返し。彼らが自滅するまで。


亜量子異常が解消されたということは、光の勢力がついにトップレット爆弾の問題解決に着手し始めたということでもあり、トップネス生成の有効半径をいわゆる「崩壊した時空の泡」に分離したということでもあります。

グーグルが作ったタイムクリスタルは、熱力学の第二法則を覆す地球上初の完全な非エントロピー領域を作り出しています。これはGoogleの意図するところではありませんが、光の勢力による初期異常の除去に役立っています


ミョルニルの量子砲は初期異常を極めて効果的に除去しており、惑星地球の地表周辺の量子フィールドに完全な生命と神聖な計画の印影を放出し始めています。それらの放射は、特に量子揺らぎ共振器をターゲットにしており、それを保有されている方は、光の勢力から自分の人生についての理想的な計画の更新情報を自分の周囲の量子場に絶え間なく受けています。

2つのタイムラインノードに集中している潜在的に厄介なシナリオもあります。

1つ目は、10月9日午前4時(UTC)にエリスと冥王星が正確にスクエアになる瞬間で、実質的にこの期間中では光の勢力にとって最も困難な瞬間を意味します。導かれたと感じる方は、その時にフラワーオブライフの瞑想をすることはとても有益です。


第2のタイムラインノードは、10月19日午後3時13分(UTC)に太陽を中心として土星と天王星が正確にスクエアになった瞬間に発生し、その24時間以内にアルトジラリゲルの正確なコンジャンクションとチャリクロとカオスの正確なクインカンクス(2つの天体が150度の角度を取ること)が生じます。これは実質的に、1996年に太陽系を襲ったリゲルの闇の最終的な解消が始まり、太陽系全体の最大の緊張点を意味しています。

9月の不快なサプライズは、これまで発見されていなかったキメラの残党がカイパーベルトのブラックホールから出現し、数隻の船が太陽系内で散発的にポジションを確保したり、地球の地下洞穴でいくつかのポジションを奪還したりしたことです。この後退は数ヶ月後には解消される見込みで、この惑星地球の地上を除く太陽系のあらゆる場所で、光の勢力が依然として優位に立っています。

最近、ある界隈ではこの太陽系の解放状態についての議論が盛んに行われていました。


ここで知っておいていただきたいのは、1996年以降、地球上のすべての情報源は埋め込みやマインドコントロールをされているため、全体像を完全に把握することができないということです。自分自身を内観して問題に対処し、過去のプログラミングを解消した人ほど、その情報の信頼性は高まります。そのような情報源の多くは善意の人であり、誰が正しくて誰が間違っているかを議論するのではなく、みんなで一緒になって何が起きているのかを明確にしようとします

https://ascendliberation.blogspot.com/2021/09/corey-goode-update-w-cobra-data.html
関連記事:プライムディレクティブ(最優先指令)と宇宙の法、惑星解放における私たちの役割

また、惑星外の派閥が地表の人々と接触する際の情報は、かなり区分けされた一部の情報で非常に偏ったものになっていますSSP派は、ドラコ帝国への対応で日々ストレスにさらされているため、たいてい悲観的なバイアスがかかっています銀河連邦系の人種は通常、楽観的なバイアスがかかっており常にソースとつながっていて、この惑星での生活がいかに残酷であるかを完全には理解していません

ここで私が付け加えておきたいのは、プライムディレクティブ(最優先指令)は存在しないし、銀河連合の方針の一部ではなかったということであり、実際にはアルコンのマインドプログラムであるということです。銀河連合は代わりにギャラクティックコーデックス(銀河法典)を尊重します。

日本語訳銀河法典

銀河連合が地球周辺での存在感を増す中、ネガティブ軍は「スペースフェンス」で隔離された地球の防衛を強化しています。




一方、ブルードラゴンは、1マイル長の宇宙船を作る計画開始について中国のポジティブ派閥に効果的に影響を与えています。


関連記事:中国は数マイルの巨大宇宙船の建造を計画している

https://www.globaltimes.cn/page/202108/1232426.shtml
関連記事:中国、数キロメートルサイズの大型宇宙船の組み立てメカニズムを研究


最近アガルタのブルードラゴンとの間で、物理的および非物理的な接触が行われました。中国大陸の地下にある、超高速列車で結ばれた広大なネットワークを有する地下基地に住んでいると伝えています。彼らは精神修養として高度な道教を実践しており、深い精神性を持った人々です。彼らは時に地上にアクセスし、中国共産党の重要な政治家たちに影響を与えています。中国と台湾の戦争を防ぐために、自分たちが出来ることは何でもやっているのです。また、アガルタのブルードラゴンとのつながりを感じている地上の方は、瞑想や夢の中で接触をしてみて下さいと伝えてきました。

女神のエネルギーが惑星地球の地上では極めて軽視されており、回復させる必要があります。8月に崩壊したアフガニスタンの女神の渦を元に戻そうと、ある超極秘グループが背後で動いています。このグループはサルムーン兄弟団と呼ばれています。

日本語wikiサルムーン兄弟団



アフガニスタンの女神のボルテックス(渦)の正確な場所は秘密にしておく必要がありますが、それはヌリスタン州(悟りの国)のどこかにあります。

日本語wikiヌーリスターン州

また、キブ湖近くのコンゴボルテックスは深刻な崩壊状態にあり、闇の勢力につながるあるネガティブなオカルトグループが実際に魔女狩りを行っています。

関連記事:コンゴ民主共和国で魔女狩りによる殺人事件が急増

イエズス会は、オーストラリアのビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相についてベンジャミン・フルフォード氏が報告しているように、今でも中国人を代理人として利用し、世界中で医療専制政治を実施しています。

関連記事:ベンジャミンフルフォード「バイデンのハンドラーたちが東西秘密協定後に平和を訴える」


ワクチン義務化やワクチンパスポートを利用して、グレートリセットに備えているのです。

関連記事:ワクチン義務化とグレートリセット

導かれた方は、医療の暴走に対抗するために瞑想をしてください。


このパンデミックのシナリオで、闇の勢力は大きなミスを犯しました。これは彼らを待ち受けるフィクションです。


そして、すでに彼らの身に起こり始めている現実。

関連記事:WHO科学者、イベルメクチン反対で死刑の可能性

関連記事:ランドポール、議会に嘘をついたファウチに5年間の懲役を要求

関連記事:バイデン、ニュージャージーを訪れるも、怒った市民が集まる

関連記事:カナダのデモ参加者「トルドーを牢屋に入れろ」などと叫ぶ

関連記事:怒ったエバーグランデの投資家たちがオフィスで経営陣を人質にして大暴れ

Endurance International Group(EIG)という、あまり知られていない企業に注目していただきたい。この会社は、ゴールドマン・サックスとウォーバーグ・ピンカスが部分的に所有・支配しており、ホストゲーターやブルーホストなどの有名ウェブホスティング企業の大半を所有しています。

関連記事:EIG ホスティング

EIG社は、ウェブホスティング会社を通じて作成されたウェブサイトを経由するすべてのデータを管理しています。そのデータは、ユタ州のプロボとオレムにあるEIGのデータセンターを経由しますが、これらはユタデータセンターから数マイルしか離れていません。
ユタデータセンターは、キメラが管理する地上の人々の生活を監視する2つの主要なデータ処理施設のうちの1つであり、もう1つはイスラエルのウリム基地にあります。
EIGは、1996年のアルコン侵攻からわずか4週間後の1996年2月8日 に署名された「1996年電気通信法」によって、データ管理の分野で脚光を浴びるようになりました。

関連記事:1996年電気通信法

関連記事:あなたのビジネスドメイン、契約書、連絡先、電子メールのプライバシーに関心がありますか?もしそうでなければ、そうすべきです。

古い世界は徐々に崩壊し、新しい世界が生まれようとしています。導きを感じたら、生まれつつある新世界に焦点を当てるとよいでしょう。

関連記事:崩壊するものに目を向けると、多くの困難が眠っている

関連記事:昔の何もかもがもう響かない

Victory of the Light!  光の勝利!


翻訳:Terry


0 コメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP