当サイトは「The Portal」のCOBRAの情報を正確な翻訳のみ掲載しております。尚、PFC JAPANというサイトや、そのTwitterFacebookが存在しますが、 PFC-JAPAN OFFICIALとの関連性は一切ございませんので同一視されないよう宜しくお願い致します。

2013年3月10日日曜日

インプラント半球と銀河セントラルサンの活動

2013年3月10日

インプラント半球と銀河セントラルサンの活動

Implant Hemispheres and Galactic Central Sun Activity

http://2012portal.blogspot.com/2013/03/implanthemispheres-and-galactic-central.html


非物質界では、光の勢力の大きな進展がありました。光の勢力は非物質のネガティブエンティティーの掃討を更に進め、惑星地表からその全てを追い出そうとしています。しかし、インプラント半球と呼ばれる部分だけは別の話です。

インプラント半球とは、エーテルインプラント周辺にある歪められた時空連続体の空間です。人間は生まれ変わる直前にアルコンによってエーテルインプラントを埋め込まれます。–それは忘却のベールと呼ばれています。これらのエーテルインプラントは多次元のブラックホールであり、異常な事柄や歪められた量子的ゆらぎを含んでいます。全ての人間は3つのインプラントを持っています。インプラントはマトリックス内での人間の意識を保ち続けるように、極めて安定した干渉パターンを発します。この干渉パターンはインプラント周囲半径100フィート(約30m)に異常な歪められた時空構造のエネルギー場を作り出します。このエネルギー場は、つい最近まで球形でした。先月、光の勢力は何とかこの球形フィールドの下半分を地表に向かって押し上げていってくれたため、今では地表に上半分の半球のみ残っています。人がお互いに接近する際に、お互いのインプラント半球が結合して、統一の歪められた場を作り始めます。大都市のエネルギーは普通あまり良くないのは、このことが主な理由です。

インプラント半球はこのような見た目です:


先週、光の勢力によって、多くの非物質ネガティブエンティティーが排除されていき、インプラント半球に追い込まれていきました。インプラント半球は現在、排除が及びにくい唯一の場所となっています。光の存在感の大きさは増していき、残った闇を圧縮していっています。この圧縮によって、物理体が異常に疲れを感じることがあるかもしれません。それはこの激しい転換が起きていることが原因です。また、多くの人がネガティブエンティティーからのエネルギー的攻撃や、インプラントが働きを増していることによって頭痛を経験しています。しかしその全ても、今日からは和らいでいくことでしょう。

インプラント半球はネガティブな非物質エンティティーにとっての最高の隠れ場所になっており、その理由は、その場所が私達のトラウマ的経験に対応しているためです。トラウマ的な体験を持った時、私達はよく肉体から離れてしまい、その隙にネガティブな非物質エンティティーが私達のエネルギー場にくっつきます。トラウマというのは通常抑圧されているため、これらのエンティティーに通常気づくことなく、エンティティーは邪魔されずに計画を実行できるというわけです。アルコンがトラウマを基にしたマインドプログラミングを設計したのも、そのことが主な理由です。

現在まで、インプラント(半)球の存在はアルコンにとっての大きな秘密であり、過去25,000年の間の彼らの自信の一つでした。この情報が今公表されたのも、銀河セントラルサンの活動が活発になり始め、インプラントを分解していくからです。それらが消え去る時が、過去25,000年の中での光の勢力の大いなる勝利の一つとなることでしょう。

銀河のセントラルサンは3月の間に、活動の度合いをゆっくりと強め始めています。パンスター彗星は、地表の人々の意識とセントラルサンの活発になっている活動を結びつけるための、宇宙の引き金です。この数日の間、この彗星は夜空で壮観なショーを繰り広げることでしょう:

http://beforeitsnews.com/space/2013/02/the-year-of-the-comets-three-reasons-why-2013-could-be-the-best-ever-2454732.html

5月25日のポータルの活性化後には、銀河セントラルサンの活動は劇的に活発化していき、6月、7月、8月とその勢いを増していくことでしょう。その期間には光の勢力がインプラント半球の破壊することの、大きな進展があることでしょう。インプラントの排除の進展は完全に予測できるものではありません。なぜなら、そのインプラント構造内の異常についてはまだ完全には理解されていないからです。

活発になっていく銀河セントラルサンの活動は、今年の夏にG2と名付けられた星間雲が銀河の中心を通過するという結果を生みだすことでしょう:

http://starburstfound.org/superwaveblog/?p=246


銀河の中心近くをG2が通過することは、多くの人が心配しているような銀河津波を引き起こしたり、海岸での事象の原因となることはありません。その雲の中には「ホット・ジュピター」のような星はありませんし、ギャラクティックスーパーウェーブが引き起こされることもありません。とにかく、銀河連合は惑星地表の生態系を保護できる防壁技術を保持しており、地殻プレートを安定させることもできます。よって、壊滅的な出来事は起こりえません。しかし、強力なエネルギーは確実に発生し、レプティリアン一人も残さず、闇の勢力を容赦なく排除することでしょう。

翻訳: NOGI

0 コメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

【サイト内記事検索】
【キーワードで検索】
※入力後enterキーを押して下さい

 
PAGE TOP